アリスのキッチン

肉じゃが三段活用 その1

今日の晩ご飯は、肉じゃがです。

しかも、とっても簡単な、肉じゃがの作り方を紹介します。

作り方は、切って材料を鍋に入れて、煮込むだけ。炒めたりしなくても良いので、楽々デス。

ね、簡単でしょう?

さらに、明日は、今日作った肉じゃがを再利用して、別の料理を作ります。少し多めに作って、次の日楽をする!家事を手抜きする場合の鉄則ですね(笑)。

 

Note_3 材料(2人分)

  ひきにく    100g
  じゃがいも   3個   
  人参       2本        
  こんにゃく   1/2個
  玉ねぎ     2個

  しょうゆ     大さじ1.5
  砂糖       大さじ1
  みりん      大さじ1
  酒        大さじ1

Note_3作り方

  1. まず、下ごしらえです。
    こんにゃくは、下ゆでして水気をきり、一口大に切ります。じゃがいもは、4等分にして水にさらします。玉ねぎはくし型に切ります。人参は小さめの乱切りにします。  
     Photo_16
      
      
      
      
      
      
      
      
     
     
     
  2. 切った材料と調味料、水を鍋に入れます。その時、人参、こんにゃく、ひき肉、じゃがいも、たまねぎの順で入れます。水は、材料がひたひたになるくらい、入れます。 
     
     
  3. 落し蓋をして、最初は強火で、煮立ってきたら、弱火にして煮込みます。途中、アクを取り除きます。 煮汁が、半分以下になった時に、味見をします。もしも、味が薄いと感じたら、ここで調節しましょう。
     
     
  4. 材料が煮えたら、出来上がり! 

Photo_17  (出来上がり photo)  

 

 

 

 

  

というわけで、『にくじゃが三段活用 その2』へ、続く・・・。

 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 グルメブログへ  

   

| | コメント (0)

肉じゃが三段活用 その2

さて、昨日作り置きしていた肉じゃがですが、予告通り、これをベースに別のおかずをつくります。

まず、今日のおかずの「オムレツ」。

これも、とっても簡単です。なんといっても、具があるし、その具を温めて、上に卵を乗せるだけで、オムレツになってしまいます。

では、以下に材料と作り方です。

  

Note_3 材料(2人分)

  昨日の残りのにくじゃが  お玉に2つ分くらい(全部の具は使わないこと)
  たまご             3個  
  牛乳              大さじ2          

Note_3作り方

  1. 昨日のにくじゃがを、具だけ取り出して、フライパンでさっと炒めて水分を飛ばします。ほどよく、炒められたら、お皿にとります。   
     
  2. 熱したフライパンに、バターを落とし、溶いた卵に牛乳を加えたものを入れます。フライパンをゆすりながら、卵を半熟状態にして、火を止めます。 
     
  3. お皿に盛った具の上に、卵を乗せて、お好みでケチャップをかけてできあがり! 
     

 

というわけで、『にくじゃが三段活用 その3』へ、続く・・・。

ただし、今日のオムレツで、具がすべてなくなった方は、残念ながら、ここで終了です。それでも、もし、「次に興味があるわ」という方は、ご一緒にどうぞ。

 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 グルメブログへ  

| | コメント (0)

肉じゃが三段活用 その3

さらに、もう一品。これは、明日用です。私が、明日から1泊2日の旅に出てしまうので、残された可哀相な夫の晩ご飯用です。

なんと「カレーライス」です。

肉じゃがでカレーですよ?意外に思いませんか。でも、これが、なかなかイケるのです。

 

Note_3 材料(2人分)

  さらに残った肉じゃが全部
  カレールー(お好みのルーをお使いください)
  

    ※玉ねぎ・人参がたりないと思ったら用意します。      

Note_3作り方

  1. 残りの肉じゃがに水を加えて煮込みます。その時、こんにゃくが残っていたら、取り出して、それをおかずの一品にします。玉ねぎ・人参が足りないと思ったら、適当に切って入れて、一緒に煮込みます。
      
     
  2. 煮立ったら、カレールーを入れて、さらに煮込んで、ルーがなじんだら、出来上がり!


    P1000467










     
     
     

明日用なので、一晩寝かせて、明日さらに煮込んで食べると、いっそう美味しくなります。

さて、「肉じゃが三段活用」・・・いかがですか?ぜひぜひ、一度お試しあれ!

 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 グルメブログへ    

| | コメント (0)

超手抜き・キムチ鍋の作り方

ものすごい手を抜いていて、でも、おいしい「キムチ鍋」の作り方をご紹介します。

P1000816  

 

 

 

 

ちなみに、下記の分量は、本日のものです。

Note 材 料(二人分)

  • 白菜キムチ             200g
  • 長ねぎ                1本
  • えのき                1袋
  • マロニー               25g
  • 絹ごし豆腐             1丁 
  • 牡蠣貝(生食用)          1パック
  • ぶた肉(薄切りロース)              100g
  • 粉末出汁              1袋
  • 水                  500cc
  • 冷ご飯                1膳
  • 薬味葱                適量
  • 卵                   1個
  • のり                  1枚

 

Note 作り方

  1. 土鍋に水と粉末出汁を入れて、煮立たせる
  2. 材料をすべて、食べやすい大きさに切っておく。
  3. 牡蠣貝は、片栗粉をまぶし、よく水洗いする。
  4. 出汁が煮立ったら、キムチ、切った材料、マロニー、牡蠣貝を入れる。
  5. 煮えたら、卓上コンロに土鍋を移す。
  6. 豚肉は、しゃぶしゃぶの要領で、食べる分だけを入れる。
  7. 食べ終わったら、冷ご飯を入れて、煮詰める。
  8. ほど良く煮詰まったら、溶き卵、薬味葱、のりを入れる。

 

Note ポイント

  • キムチの汁も全部入れます。
  • すっごく辛いものが好きな人は、キムチの量を多くすると良いです。
  • 豚肉は、熱を通すとすぐに硬くなるので、食べる時に、食べる分だけを鍋に入れると良いです。
  • 鍋のあとは、ご飯ではなく、ラーメンやうどんでもOKです。
  • 好みによって、白菜やニラ、青葱、しめじ、舞茸などを追加で入れると、さらにおいしくなります。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ    

| | コメント (0)

酢ジュース

近所で、梅の花が咲いていました。
そういえば、数年前のこの時期に、長浜の盆梅展と南部の梅林を見に行きました。今、車がないので、気軽に行くというわけには行かないことが、ちょっと残念です。

さて、去年の梅の実が取れる時期に、梅酢ジュースを作ってからというもの、夫は、自家製の酢ジュースがお気に入りです。
今の時期は、梅がないので、当然、違う果物を使って、酢ジュースを作ります。
ぶどうや、オレンジ、リンゴなどです。

昨年の暮れに、りんごを使って、酢ジュースを作りましたが、つい最近、飲むのを解禁にしたとたん、みるみる減っていく、ビンの中身・・・・。1リットル作りましたが、すでに残り4分の1状態です。

いくらお酢が身体に良くても、ジュースだから砂糖がイッパイです。
ちょっと、心配になって、

「あんまり飲むと、今度作らないからね!」

と、脅しをかけてみましたが、あまり効果がない模様・・・・。ウレシそうに、いつも飲んでいます。

大酒のみの夫だったりしたら、それはそれで苦労したと思いますが、甘いモノ好きの夫というのも、ちょっぴり困ったものかもしれない・・・・と、思う今日この頃です。

 

Note 材 料

お好みの果物   1kg
お酢         1ℓ
氷砂糖        1㎏ 

Note 作り方

  1. 用意した果物を良く洗い、水気をふき取る。
  2. 広口のビンに、氷砂糖、果物、氷砂糖と重ねるように入れていく。
  3. 入れ終わったら、お酢を振り掛ける。
  4. ふたをして、暗い場所に安置する。
  5. 氷砂糖が溶けたら、出来上がり。

 

P1000812_1  (去年漬けたリンゴ酢) 

 

 

 

 

 

 

Note memo

  • 上の写真は、漬けてから、約3日目です。
  • 今回リンゴは、イチョウ切りして、果肉が空気に触れないように、クッキングペーパーをかけてみました。リンゴを漬けるのは、初めてだったので、気分は、まるで実験しているかのようです。
  • ちなみに、梅やぶどうの場合は、皮ごとです。
  • 出来上がり後は、ジュースを濾して、別のビンに保存する方が良いです。
  • 飲むときは、冷水で割って飲みます。
     
     

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0)

ほっこほこ

最近、駅前に焼き芋屋さんが出没しています。
小さいのだと、100円。私は、買ったことがありませんが、たまに列ができていたりします。

さて、夫が、会社の先輩に聞いた方法で焼くと、お芋が、すっごく甘くてほこほこになります。
本当は、ストーブの上で焼くことが一番なのですが、残念なことにウチは、ガスファンヒーターです。だから、この方法が結構お気に入り。
ただ、ものすごく時間がかかるので、すぐに食べたい時は、おすすめできません(笑)。

作り方は、まず、アルミホイルとクッキングペーパーと、サツマイモを準備します。
そして、クッキングペーパーを水で濡らして、アルミホイルの上に置き、サツマイモをくるむようにして、包みます。

準備ができたら、トースターの温度を最大にして、約1時間加熱して、できあがりです。

P1010089

 

 

 

 

 

中まで、黄金色で、ものすごーく甘いです。

ちなみに、時間がないときは、お手軽に電子レンジで、チン・・・・です。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

紅茶のケーキ

お昼に、珍しくも夫から電話がありました。

  「今日送別会・・・」

そういえば、以前そのような予定を聞いていたような気もしますが、すっかり忘れていました。
夫も忘れていたようです。

とりあえず、自分の分だけの夕食なら手抜きもできるし、というわけで、久々にケーキを焼いてみることにしました。

Photo_106 Photo_107  

 

 
 

 

上の写真は、できたてホヤホヤです。ちょっとてっぺんが焦げてしまったのは、ご愛嬌です。

とっても簡単なので、お試しあれ~。 

 

Note 材 料

  • 小麦粉     110g
  • 砂糖        90g
  • 卵          2個
  • バター       60g
  • ティーバック    2袋
  • 水         30㏄ 

Note 作り方

  1. まずは下準備です。
    小麦粉をふるいます。バターをレンジで溶かします。
    ティーバックのうち1つは、水出ししておきます。
    クッキングペーパーをケーキ型に切っておきます。
  2. 卵、砂糖をよーく泡立てます。
  3. 小麦粉、溶かしバター、水出しした紅茶、袋から出した紅茶を[2]に入れます。
    その時、小麦粉がダマにならないように気をつけて混ぜます。
  4. 生地を型に入れて、150度のオーブンで30分焼きます。

Notememo

  • 一般に普及しているティーバックではなく、ダージリンなどお好みの紅茶のティーバックを使うと、味と香りが違いを楽しめます。
  • ベーキングパウダーを少し入れると、ふんわりと膨らみます。
  • 焼き時間と温度設定は、ウチのオーブンを使用した場合のものです。
  • 紅茶でなく、レーズンやナッツなどを入れて焼くとバリエーションが広がります。

Noteレシピの印刷

<クックパッド>にも掲載しています。印刷専用フレームがありますので、
 
    こちらからどうぞ ⇒  レシピ 紅茶のケーキ

Note

please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ 

  

| | コメント (0)

なんとなくラザニア

つい最近、NHKの番組内で、ラザニアを作っているのを見ました。料理番組というわけではなかったと思うのですが、何気なく見ていて、とても美味しそうでした。

で、ラザニアが食べたくなったので、昨日作ってみました。
もちろん、メモを取っていなかったので、材料や分量は適当。作り方もなんとなくです。

それでも美味しくできたので、ご紹介します。

P1010223  

 

 

 

 

Note 材 料 (2人分)

  • シメジ ・・・・・・・・・・・ 1袋
  • 舞茸 ・・・・・・・・・・・・ 1袋
  • エリンギ ・・・・・・・・・ 2本
  • 人参 ・・・・・・・・・・・・ 1本
  • 玉ねぎ ・・・・・・・・・・ 1個
  • ひき肉 ・・・・・・・・・・ 200g
  • カットトマト缶 ・・・・・ 1個
  • ラザニア ・・・・・・・・・ 5枚
  • とろけるチーズ ・・・・ 適量
  • 赤ワイン ・・・・・・・・・ 100cc
  • 生クリーム ・・・・・・・ 適量
  • 固形コンソメ ・・・・・・ 1個
  • ローリエ ・・・・・・・・・・ 3枚
  • オリーブオイル ・・・・ 適量
  • 塩、胡椒 ・・・・・・・・・ 適量

Note 作り方

  1. まずは下準備です。
    シメジ、舞茸、エリンギ、人参、玉ねぎを、とにかく細かく切る。
  2. 鍋にオリーブオイルを適量ひいて熱し、お塩を適量入れた後、玉ねぎを入れて、透明になるまで炒める。
  3. 玉ねぎが炒まったら、人参を入れてさらに炒める。
  4. 人参にしっかり火が通ったら、次にお肉を入れて、お肉に火が通ったら、塩コショウで味を調え、赤ワイン、固形コンソメ、ローリエを入れて、10分くらい煮込む。
  5. 耐熱のお皿に、オリーブオイルを塗り、ラザニア、煮込んだ④、チーズと順に重ねていく。
    一番上は、ソースの上にお好みでたっぷりチーズを乗せる。
  6. お皿とラザニアの隙間に生クリームを入れる。
  7. 180度のオーブンで20分焼く。

Notememo

  • 作った後に、ホームページを見ることを思いつき、「ラザニア・指揮者・NHK」で検索すると出てきました・・・・・。「食彩浪漫 ラザニア」でも検索をかけると出てきます。
    とりあえず、材料も作り方も、そんなにかけ離れていなくてホッとしました。
  • ラザニアは、茹でずにすむものを使用しています。
  • 多めに作って、残りをミートソーススパゲティのソースに使い回しするのも良し、です。
  • オーブンの設定はウチのものです。

Note

レシピの印刷

<クックパッド>にも掲載しています。印刷専用フレームがありますので、
 
     こちらからどうぞ ⇒ レシピ なんとなくラザニア
 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

ずんだ餅

ウチの母は、山形県の出身です。
だから、私がまだ実家にいた頃、たまーに、

  「ずんだ餅が食べたい!」

と言っては、枝豆で作ってくれました。当然、作り方をマスターしている私も、たまに食べたくなって作ります。
でも、作り方はものすごく簡単なのですが、ちょっとだけ手間がかかるので、面倒くさいと思ったら、食べるのを断念。次回気が向くまでおあずけデス(笑)。

Photo_6

(ずんだ餅 photo)

  

 

 

Note 材 料 (2人分)

枝豆      200g
砂糖     大さじ2
お餅        2個
 

Note 作り方

  1. 冷凍の枝豆を使う場合は解凍します。
  2. 枝豆の薄皮と芽を取り除きます。
  3. すりこぎとすり鉢を使って、豆をつぶします。
  4. カケラがなくなるまでつぶせたら、砂糖を入れます。
  5. さらにすりつぶすように混ぜてできあがり!

Notememo

  • お餅は焼くよりも、お湯で茹でて柔らかくしたほうが良いです。
  • お餅の代わりに、白玉団子でも代用できます。
  • お砂糖は少しずつ入れて、甘さを調節したほうが良いと思います。

Noteレシピの印刷

<クックパッド>にも掲載しています。印刷専用フレームがありますので、
 
     こちらからどうぞ ⇒ レシピ ウチのずんだ餅

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ 

| | コメント (0)

簡単じゃがいものスープ

夫の実家から大量のじゃがいもと玉ねぎが届きました。
新じゃがに新玉ねぎ・・・・おとうさん農園の野菜は、甘くて美味しいから最高です。
産地直送の恩恵のおかげで、これらの野菜はめったに買うことがなく、家計がグッと助かっています。

さて、その野菜たちを使って、簡単じゃがいものスープを作りました。
土鍋があれば、あまり時間をかけずに簡単に作れます。

Photo_52  

 

  

  

  

  

  
 
Note 材 料(2人分)

  • じゃがいも     中2個
  • たまねぎ     1/2個
  • 水          300cc
  • 牛乳        200cc
  • 固形コンソメの素  1個
  • 塩コショウ      適量

Note 作り方

  1. まず、じゃがいも、たまねぎを薄くスライスします。
    で、コンソメの素と一緒に土鍋で煮込みます。

  2. 水気を飛ばす勢いでグツグツ煮ます

  3. ほとんど水がなくなったらお玉の底でつぶすようにかき混ぜます。
    すると自然に滑らかになるので、後は牛乳を入れてひと煮立ちさせて、
    塩コショウで味を調えてたら出来上がり!

Notememo

  • とにかくグツグツ煮込むことがポイントです。
    そうすると、だいたいじゃがいもがホコホコになってつぶれます。
  • 口当たりを滑らかにしたいときは、煮込んだ後に荒熱を取ってミキサーを
    使うと良いです。
  • 土鍋がない時は、お鍋でもOKです。
  • 冷やして飲むと、ヴィシソワーズ風になります。

Noteレシピの印刷

<クックパッド>にも掲載しています。印刷専用フレームがありますので、
 
    こちらから ⇒  レシピ 簡単じゃがいものスープ

Noteattention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。無断転用はご遠慮ください。       

Note please click it   

     ポチっと1回ずつクリックしてくれると、すっごくウレシイです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

| | コメント (0)