道の駅めぐり 2006

《道の駅めぐり 目次》

タイトルをクリックすると、そのページになります。
《目次》に戻る時は、ブラウザの<もどる>をご利用下さい。

また、古い記事から順に読む場合は、そのままページダウンして下さい。 
     

Icon_44_111月3日編

① いってきます  / ② ルートの案内 / ③ 奈良から三重へ
④ 岐阜を北上  / ⑤ 福井完全制覇

Icon_44_111月26日編

①デジカメ片手に出発!  / ② ルートの案内 
③京都府北部6駅編    / ④兵庫県北東部5駅編   

Icon_44_112月20日編

①予定ルートの案内  / ②大阪近郊編   

Icon_44_1ケーキ作りと道の駅より道編

①力作クリスマスケーキ!  / ②滋賀県南部  

Icon_44_12月25日編

ルートの案内  /  京都中部メイン 

Icon_44_13月18日編

ルートの案内  / 兵庫県7ヶ所めぐり  /  近いのに・・・。

Icon_44_13月25日編

ルートの案内  / 大阪近場めぐり

Icon_44_1

3月31日編 

ルートの案内  / 兵庫県西部 

Icon_44_1 その他

 

Icon_44_1 Please click it   

    ランキングに参加しています。クリックしてくれたら、とってもうれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月3日編①

さてさて、今から1泊2日の道の駅めぐりに行ってきます。携帯から初投稿しようかと、ちょっとだけ迷いましたが、結局やめました。とにかく数をこなすつもりなので、余裕なさそうです(笑)。

だから、帰ってきてから、じっくりと記事を書こうと思います。

さてさて、どんな道中になることやら・・・。

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月3日編②

ようやく、2日間の道の駅めぐりから、戻ってまいりました。スタンプを15個(近畿10個、中部5個)ゲットできて、ホクホクです。

でも、本当は、もっと回りたかったのですが、連休で結構道が混んでいたりして、予定が大幅に狂ったりしてしまい、行きたかったところに行けない・・・なんてことになったりしました。

とりあえず、今日は巡った道のルートのみご紹介します。詳細は、明日ということで、おやすみなさい・・・zzz

 

House 今回巡ったルート

1日目:

9時に<針TRS>を出発。

その後は、
<あやま> → <いが> → <あいの土山> →<関宿> 
→ <菰野> → <白鳥>

2日目:

9時に<九頭竜>を出発。

その後は、
<さかい> → <みくに> → <パークイン丹生ケ丘>→
<河野> → <若狭熊川宿> → <名田庄> → 
<シーサイド高浜>

 

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月3日編③

奈良から三重へ

1日目の目的地は、九頭竜です。

今回のそこまでのルートは、奈良、三重、名古屋、岐阜を通り抜けて、たどりつくコースを設定しました。当初の予定では、ものすごくたくさんの道の駅を巡るつもりでしたが、ふたを開ければ、回れた駅は、7駅でした・・・。

かなり、計画がずさんだったことが判明。でも、それも旅の醍醐味ですね(笑)。

P1000469 (<針T・R・S>の看板 photo)

   8時20分くらいに到着。
   ここでスタンプブックを購入。

 

  

 
営業開始時間が9時からなのに、とても親切な店員さんが、レジを開けてくれました。おかけで、無事スタンプもゲット!

次は、<あやま>です。近畿エリアを出て、中部エリアに入ります。名阪国道をひたすら北上。1時間15分くらいで到着です。

ここで、中部のスタンプラリーのスタンプブックを購入しようとしたら、なんと!スタンプラリーの時期が10月末で終了している上に、本型ではなくハガキ形式だったことが判明(ハガキだと、スタンプの種類が違うんですよね)。とても、親切な事務員さんが、終了しているハガキを記念にくれましたが、なんだかショックが大きくて気が抜けてしまいました。

でも、気を取り直して、次の<いが>へ向かいます。

約30分で到着したと思ったら、そこはただのサービスエリアでした。場所が判らず電話すると、「サービスエリアから大阪方面に1kmのところにあります」とのこと。すぐに移動しました。でも、ここのスタッフのおばさんが最悪に感じが悪く、もー印象が最悪でした。

気を取り直してばかりのような気がしつつ、<あいの土山>へ。

約1時間かけて移動します。ここは、近畿エリアです。滋賀県でも三重に近い場所にあります。近畿エリア2つめのスタンプをゲットして気分は上向き。悪いことはすっぱりと忘れるに限ります。

気分良く、<関宿>へ。

約30分。再び中部エリアに戻ります。ここで昼食。妹が豪勢な二段重ねのお弁当を作って持ってきてくれていたので、おいしく頂きました。持つべきものは、料理好きな妹ですね

お腹一杯、順調に<菰野>へ行きます。

しかし、これが計画が大きく狂う原因の第一歩でした・・・。
下道で1時間かかるよりも、高速道路を使って30分の方が良いと、判断して亀山I.Cから四日市I.Cへ向けて快適に走りました。・・・が、その出口から一般道へ出るのに約20分。さらに一般道の渋滞がひどく、<菰野>に着くまでに、迂回してもすごく時間がかかりました。しかも、車も人も多い道の駅に、うんざりして、スタンプを押して早々退散。

だけど、この時点で2時を過ぎているのです。

ここから目的地九頭竜まで、高速道路を使っても3時間かかるのです。<菰野>からいろいろと回る場所を考えて、リストアップしていたところをひとつも寄ることなく、先へ急がないと、たどり着きそうもありません。

断腸の思いで、すべてきっぱりと諦めて、それでも往生際悪く、ひとつだけ、目的地付近の<白鳥>にだけは寄ると決めて、出発です。

・・・『道の駅めぐり 11月3日編④』へ続く。 

  

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅は、2006年11月4日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (2)

道の駅めぐり 11月3日編④

岐阜を北上

さて、かなりがっかりしながら、高速道路を使って、三重から愛知を通り抜けて、岐阜に入ります。

岐阜に入ってからすぐ、前方に大きな観覧車発見。

Imgp1804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら<川島PA>のそばの施設のようです。

「観覧車いーねー」

なんて言いつつ、休憩に入りました。

そこは、<河川環境楽園>という環境共生型の公園で、水族館やバーベキュー広場など、一日遊べるような施設を併設していました。もちろん、観覧車もここの施設のひとつでした。

で、なんと。すばらしいことに、ここで取ったこの休憩が、さっきまでがっかりしていた雰囲気を一変してくれたのです。

それは、ここのインフォメーションカンウンターで、

『ひだみの道の駅&サービスエリアガイドブックスタンプラリー2006』

のスタンプブックを発見したからです。しかも、スタンプブックは無料(なんて太っ腹)。スタンプは2cm角のものですが、各道の駅の詳細などが記載されていて、優れものです。スタンプの種類が異なるとはいえ、スタンプ帳があると、なんとなくうれしくなってきます。

同時に、『美濃ミュージアムパスポート』のスタンプラリーも開催されていて、ここ<河川環境楽園>内の施設で、3つのスタンプを押せることが判明しました。もちろん、施設内をめぐるに決まっています。途中、マンゴーのソフトクリーム(400円)を買って食べつつ、園内をウロウロしました。
 

P1000485 (園内の噴水 photo)

 

 

 

 

 

 

     

           P1000487     

(「これも噴水!?」 photo)
   妙にウケて一枚撮ってしまいました。

 

 

 

 

そして、適度な休憩に元気一杯になって、再び旅を続けます。ここで、のんびりリフレッシュできたのは、ずっとハンドルを握っている妹には良かったのですが、夕暮れが迫ってきます。早く行程を進めないと、九頭竜に着く前に真っ暗になりそうです。なのに、<長良川SA>に寄って、スタンプを押してしまう私たち・・・。

でも、そこからは、東海北陸自動車道をひたすら北へ、一時間。どうにか、目標にしていた<白鳥>には、営業時間ぎりぎりセーフで滑り込み、スタンプをゲットしました。

そして後は、九頭竜のホテルまで、真っ暗な山道を約1時間、走りに走って、無事にたどりつきました。

こうして、1日目はなんとか終了です。

 

・・・『道の駅めぐり11月3日編⑤』へつづく。 

 

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2006年11月4日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

 

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月3日編⑤ 完結編

福井完全制覇

さて、道の駅めぐり2日目は、<九頭竜>を皮切りに、福井県を南下していきます。目標は、福井の道の駅をすべて回った上で、京都も回れれば・・・と、欲張りです。

まず、ホテルを9時前に出て、<九頭竜>へ行きます。 

P1000489   

  

  

  

  

ここで、今日1件目のスタンプをゲットです。それから、昨夜は、真っ暗闇で見ることができなかった、九頭竜湖ダムを見に行きました。

P1000492 (九頭竜湖の朝の景色) 

  

  

  

  

今日も、昨日に続き、秋晴れで景色がとてもきれいです。たっぷりと景色を堪能してから、次の目的地<さかい>へ行きます。

でも、その途中で、ちょっと寄り道して、永平寺に行きました。

P1000495 (廊下からの景色 photo)  

 

 

 

 

 

 

 

朝が早かったおかげで、人が少ない廊下をゆっくり歩くことができました。心が洗われて美しい気持ちで、永平寺を後にします。

次の目的地は、<さかい>です。

余談ですが、永平寺から<さかい>へ行く道すがらのT字路で、私たちが進む道とは反対側に、なんと「国道2号 池田」の文字を発見。<池田>って、大阪府池田市の<池田>?「ええ~っ!こんなところから標示でてるの?」思わず叫んでしまったできごとでした(笑)。

そんなこんなで、約1時間で到着。大きくてきれいな道の駅です。連休中だからでしょうか。地元の子どもたちが和太鼓を披露していました。聞いていたいのは、やまやまですが、サクサクと次の<みくに>へ向かいます。

<みくに>は、海のそばなので、

  「海鮮のお弁当などを売っているかもしれない」

という期待いっぱいで、車を走らせます。ちょうどお腹も空いてきました。約30分後、到着してみると、すごい車の数です。道にまであふれていて停車している車もあります。でも、なんとか駐車場に入り込み、空いた場所に車をすかさず停めました。降りてからも、すごい人・人・人です。ざっと見ても、海鮮弁当を探すどころか、人しか見えません。

仕方がないので、スタンプを押して、次の、<パークイン丹生ケ丘>へ移動です。

グウグウ鳴っているお腹を気にしつつ、1時間半かかって到着。ここは、海が近くないせいで、やはり海鮮弁当など、おいていません。でも、なんとしても、海鮮系の御飯が食べたかった私たちは、カボチャコロッケをひとつ買って、空腹をごまかしました。

次は、海のそばの<河野>です。

思いっきり期待して1時間。到着した場所は、日本海が眼下に広がる高台に建つ道の駅です。

P1000507 (駐車場からの景色)

 

 

 

 

さて、はやる気持ちを抑えつつ、こじんまりした売店へ行くと、燦然と輝く、

  「カニ丼(1000円)味噌汁付」

の文字と写真!

P1000506   

  

  

  

  

求めていたのは、これだったのです。「ああ、空腹に耐えた甲斐があったよ~」と、言い合い、ペロリと完食。身もたっぷりで、カニ味噌も甘く、大満足でした。

空腹で朦朧としていた頭もすっきり。次の<若狭熊川宿>へ向かいます。

敦賀、若狭を通り抜けて、約2時間。滋賀県が近くなっているので、道路標識に馴染みの地名が見られます。到着した、<若狭熊川宿>には、鯖街道に関する歴史館などがあるようですが、先を急ぐ旅なので、スタンプを押して、そそくさと車に乗り込みます。

次は、<名田庄>です。

1時間半かけて、到着する頃には、だいぶ暗くなってきました。残り1箇所。とにかく先へ急ぎます。

とにかく、次の<シーサイド高浜>へ。

1時間の山道のクネクネ。いつの間にか、あたりは真っ暗です。18時すぎに、ようやく到着。ここは、飲食施設が大きく、また温泉施設があります。温泉施設の入館料が600円だったので、疲れを取るためにも、入ることにしました。入って良かったです。最高に気持ち良く、極楽でした。

さて、あたりは真っ暗。大阪まで2時間半かかることを考えると、タイムアップ。だいぶ疲れていましたし、無理をせずに、舞鶴若狭自動車道を使って帰ることになりました。

そして、途中休憩を何度か入れつつ、無事家に到着。こうして、1泊2日の道の駅めぐりの旅は終了しました。いろいろありましたが、天気も良く、楽しい2日間でした次回は、和歌山方面へ、旅立つ予定です。 

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2006年11月4日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

デジカメ片手に出発!

今日は、今から「道の駅めぐり 第2弾」へ行ってきます。今回は日帰りです。方面は、京都北部の6駅を回る予定です。
当然、デジカメ持参で行きます。 

さて、このデジカメを購入したのは、去年の6月です。沖縄旅行に行くときに買いました。でも、せっかくのデジカメをあまり活用していなくて、ずーっと、ほったらかし。最近、blogを始めてから、ようやく活用しだしたような状況です。
今では、お料理、ケーキ、風景と、いろいろ撮ることも多くなったので、購入当初よりも、使い方をマスターしましたが、まだまだ全機能を使いこなすことができていません。

でも、最近思うのは、

「もっと良いデジカメが欲しいなぁ・・・」

です。

今のデジカメでも、全然問題はないのですが、やはり風景写真を撮るには、物足りない感じがするのです。
例えば、空の写真なんかは、絶対に良いカメラの方がキレイに撮れるはずですし、実際、キレイな写真を載せているblogを見ると、いずれも良いカメラを使って撮影されているようです。

あー。やっぱり、良いカメラ欲しいっ。ちなみに、今持っているカメラは、

PANASONIC DMC-FX8-P LUMIX ミスティーピンク

欲しいカメラは、

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss デジタル X ダブルズームキット ブラック

です。

     
欲を言えばきりないし、とりあえず、LUMIX片手に、行ってきま~す。

 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ      

 

| | コメント (0)

無事帰ってきました~

ただいま、22時40分。つい先ほど、道の駅めぐりから戻ってまいりました。

今回スタンプは、京都県北部6個と兵庫県北東部5個、合計11個をゲットできました。予想外です。兵庫県まで回ることができるとは、出発前には思いもしませんでした。

で、今日は巡った道のルートのみご紹介して、詳しくは明日・・・。

おやすみなさい・・・zzz

 

House 今回巡ったルート

9時に<舞鶴港とれとれセンター>を出発。

その後は、<舟屋の里 伊根> → <てんきてんき丹後> →
<丹後あじわいの郷> → <シルクのまち かや> → 
<農匠の郷やくの> → <あさご> → <フレッシュあさご> → 
<やぶ> → <但馬楽座> → <但馬のまほろば>

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ   

  

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月26日編①

京都府北部6駅 

昨日行った「道の駅スタンプラリーの旅」のご報告です。

今回の目的は、京都府北部の6駅。前回の失敗を教訓に、今回は、ちゃーんと移動時間を調べて行きました。だから、前回のように、回れずに飛ばして行くような破目には、ならないはずです。
車内には、前回と同じCD、レミオロメンの『HORIZON』がかかっていて、どうやら、道の駅めぐりの定番BGMになってしまったようです。おかげで、また頭の中に歌がまわりそう・・・。

さて、今回のスタート地点は、<舞鶴とれとれセンター>です。

Photo_13 (道の駅看板 photo)  

 

 

 

 

舞鶴若狭自動車道を使って、いっきに北上したので、9時に到着。
「イカが美味しい」と聞いていたので、ここで、遅い朝食にしようと思っていましたが、・・・・・・・・お店が開店前で食べられませんでした。がっかり。
それでも、いろいろある海産のお店を見て、美味しそうだった、サバの焼き物をひとつお土産に買いました。

次は、<舟屋の里 伊根>です。

右手に天橋立をチラリと見ながら、ひたすら走って、約2時間。途中、舟屋で有名な場所を通り抜けて行きました。
ここの道の駅は、高台にあるため、海に隣接して立ち並ぶ、舟屋の家々が見渡せます。車中、雨がふっていましたが、このときばかりは、シャッターチャンスという感じで、雨がやみました。

Photo_18 (舟屋の風景 photo) 

 

  

  

 

さて次は、<てんきてんき丹後>です。

本当なら、海沿いの178号線を走っていくと着くのですが、道路決壊のため山道を迂回して行きます。
約1時間。紅葉にそまる山並みを横目にみつつ、走ります。
そして、到着。ここで昼食にします。

Photo_20 Photo_21   

 

 

 

 

海に近いおかげで、ばっちり海鮮丼を食べることができました。
もー最高です。エビもお刺身も新鮮でとてもおいしかったです。大満足!

お腹いっぱいになって、次の<丹後あじわいの郷>へ向かいます。

約30分でついたのですが、ここについてびっくり。
広い駐車場の向こうに、京都で有名なお漬物のお店の工場が建っているではありませんか。思わず、「場所を間違えてしまったのか」と思いましたが、駐車場の左手、階段を上がったところに、ちゃんとありました。
ここの道の駅は、京都府農業公園「丹後あじわいの郷」に隣接するように建てられています。でも、日曜日なのに、雨のせいかあまりお客さんはいず、なんだか淋しい雰囲気でした。

ここまで行程を進めて、残り2駅。なんだか、結構ハイペースできています。

でも、気を抜くことなく、次の<シルクのまち かや>へ。

約1時間かけて到着。
ここで、自分用のお土産、丹後ちりめんの巾着袋を買いました。

Photo_44   (巾着袋 photo)  

 

 

 

 

妹と色違いのおそろいです。これにスタンプ帳や朱印帳を入れることにします。
そういえば、ここには、<加悦SL広場>なるものがありましたが、雨が降っていましたしパスです。

そして、今日の目的地最後の<農匠の郷やくの>へ向かいます。

約1時間20分かけて到着。
ここは、十割蕎麦が有名だったので、食べたかったのですが、売り切れ・・・・。今日は、「予め予定していた食」については、あまりツイていないようです。

さて、ここで15時。本当なら1時間遅くついているはずでした。なのに、どこで計算が違ったのでしょうか、余裕の時間で、今回の目的地を全部回ってしまいました。
そうすると、欲が出てくるのが、人間というもの。
本来なら、ここの温泉に入って帰ってくるはずだったのに、近くの道の駅へ行くことにしました。
こんなときに便利なナビゲーションシステム。地図を見ながら、一番近そうで、なおかつ効率良く回れそうな駅を見て、その行程時間を割り出しました。

そして、なんとも欲張りにも、兵庫県を4駅回るために、さくさくと走り出します。 

・・・『道の駅めぐり11月26日編②』へつづく。  

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

     にほんブログ村 旅行ブログへ   

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2006年11月26日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

 

| | コメント (0)

道の駅めぐり 11月26日編②

兵庫県北東部5駅

さて、京都府から兵庫県へ入って、ひたすら次の駅へ向かいます。

でも、その車中、<シルクのさと かや>でお土産を買わなかったことを後悔していました。そのお土産とはコレ ↓

Photo_2  

 

 

 

 

『トトあわせ』というカルタです。このカルタ、神経衰弱としても使うことができるという優れもの。しばらく悩んでいたのですが、結局、買わずに来てしまったのです。あ~。こういうのって、買わずに後から悔やむんですねぇ・・・。

でも、気持ちを切り替えて、<あさご>です。

1時間もかからずについてしまいました。この後は、ひたすらスタンプをゲットするために休憩も入れずに走ります。

次は、ここからすぐの<フレッシュあさご>へ。

「なんでこんなに近くにふたつも道の駅あるんやろ?」

移動中、疑問に思った妹。
その答えは、現地について判明しました。山の中腹に、ものすごくキラキラした大きな建物がありました。位置関係を想像すると、どう考えても、その建物が、<フレッシュあさご>のようです。しかも、播但連絡有料道路のサービスエリアとしてあったのです。
国道312号からも行けると書いてありましたが、判りにくい道に、思わずサービスエリアの外側をぐるぐると回ってしまいました。
でも、なんとか裏側の駐車場に到着しましたが、そこで傘を忘れてきたことが判明。
しかも、私は<農匠の郷やくの>で、妹は<あさご>で・・・。

うーむ。ツイてることもあれば、ツイていないこともある・・・という見本市みたいな日です。幸い、妹の傘は、次の目的地の移動中に、取りに戻ることができましたが、私の傘はどう考えても無理でした(泣)。

さて、次は<やぶ>です。

大阪方面に帰る自動車が渋滞する上り車線を尻目に、国道312号を北上します。
このあたりで、辺りは真っ暗です。道の駅の看板を発見して入ったら、なんと真っ暗なコンビニで、

「道の駅はどこ・・・?」

と、呆然とする姉妹。でも、ただたんに入り口を間違えて、道の駅の裏側に入り込んでしまっただけでした。
やはり、暗くなってからの移動はするものではありません。スタンプを押して、次へ行きます。

予定していた最終地点は、<但馬楽座>です。

ここでは、スタンプを押した後に、疲れを取るため温泉に入りました。
とてもラッキーだったのが、26日って「温泉の日」らしく、入場料が半額になったことです。ゆっくりつかって18時。お腹がすいたので、ここで夕食です。
但馬といえば、やはり但馬牛。焼肉(2100円のコース)を食べました。

Photo_24   

  

  

  

 

帰りは、安くて早いルート、和田山I.C.から北近畿豊岡自動車道を通り、舞鶴若狭自動道・春日ICを経由して帰ることにしました。
この北近畿豊岡自動車道は、途中のトンネルのみ有料(200円)で、その他の区間は無料。和田山から播但道を通帰るよりも、断然お得です。しかも、通行車両が少ないので、スイスイでした。
ただし、ほとんどの区間が、片側一車線なので、後ろから飛ばし屋で煽り屋さんが来ると、恐怖のひとことです。

そして、ちゃっかりと、北近畿豊岡自動車道のサービスエリアである<但馬のまほろば>へ立ち寄ったわたしたち。最後の最後まで、スタンプを押すことに執念を燃やしてしまいました。

Photo_25 (ソフトクリームphoto)

 

 

 

 

ちなみに上の写真は、<但馬のまほろば>で食べたソフトクリーム(300円)です。

こうして、京都府北部6個+兵庫県5個=計11個のスタンプを集めることができましたが、今回も、いろいろとハプニングがありつつも、とても楽しく巡ることができました。

次回は未定ですが、多分日帰りで、大阪周辺か、淡路島あたりになると思います。 

それと、『道の駅スタンプ 近畿編』のスタンプが増えたので、よろしければご覧くださいませ。

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2006年11月26日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)