« 食の好みの不思議 | トップページ | オット、辛い時期到来 »

『ハート・ブレイク・レストラン』

タイトルと中身の一致していない本って、たまにありますが、今回読んだ本もそう。
それがコレ(↓)。

 (『ハートブレイク・レストラン』表紙)

主人公は、フリーライターの真以さん。
で、彼女が良く行くファミリーレストランは、ちょっと不思議。
立地条件はイマイチ。そして、スタッフは礼儀正しくても、物静かな雰囲気の店内は、空気がなんとも微妙。
そんなレストランには、真以さんと同じく常連のおばあちゃまいて、ちょっとした謎をきっかけに仲良くなります。だけど、なんとそのおばあちゃま。ちょっと普通の人ではなかったという・・・・。

さて、真以さんとおばあちゃまコンビのお話の内容は、

  • 消えた指輪が誕生日ケーキから現れた謎「ケーキと指輪の問題」
  • 止めたはずの目覚まし時計が、実は壊れていた。その目覚まし時計は、どうやって鳴っていたのかという謎「走る目覚まし時計の問題」
  • キッチリしているお見合い相手の気になる点の謎「不作法なストラップの問題」
  • 昏倒した男性が意識を失う前に言ったことばの意味は?「靴紐と十五キロの問題」
  • 強盗犯人に別の場所での目撃者が出てきた謎「ベレー帽と花瓶の問題」
  • 俳句に隠されたメッセージの謎「ロボットと俳句の問題」

と、6つ。
物腰丁寧で柔らかな雰囲気のおばあちゃまが、とても可愛いし、事件も日常のちょっとしたことだし、真以さんの片想いが叶うかどうかなんてロマンスも絡んできたりして、ちょっぴりハラハラドキドキ。

失恋のお話でもなければ、悲痛や悲嘆というほどの悲しいお話ではないので、ちょっぴり「タイトルがイマイチ~」という感じですが、読みやすい推理モノだし、ホッコリ温かな気分になりたいときに良いと思います
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
 ハートブレイク・レストラン

Note outline

フリーライターの寺坂真以が仕事場代わりにしているファミリーレストランには、名探偵がいた。店の常連ハルお婆ちゃんは、客たちが話す「不思議な話」を聞くと、真以を呼び寄せ、たちどころに謎を解いて見せるのだ。そんなお婆ちゃんにも、ある秘密があったのだが…。
可愛くって心優しいお婆ちゃん探偵が活躍する、ハートウォーミングな連作ミステリー(サイト説明文より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
     

 

|

« 食の好みの不思議 | トップページ | オット、辛い時期到来 »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食の好みの不思議 | トップページ | オット、辛い時期到来 »