« あけましておめでとうございます | トップページ | 空の旅の楽しみ »

『ただいま』

昨年は、

目標200冊を読む! 

を無事達成できてホクホク。
今年もそれくらい読めたらよいなって、思いつつ、今年最初に読んだ本は、コレ(↓)。

 (『ただいま』表紙)

ある読書サイトで、オススメに挙がっていた本です。
その内容は、

  • 全盲の彫刻家が頭を打って記憶喪失になった間のお話「あなたに会いたくて」。
  • 妻子を失った男性が灯す不思議なろうそくのお話「蛍」。
  • いつか現れる王子様を信じる娘のお話「バッハさん」。
  • 離れた途端に人の記憶からきれいに消えてしまう女性のお話「ただいま」。
  • 再婚に少し躊躇している女性の冒険旅行「夢の中へ」。
  • 通りすがりの、なんとなく見覚えのある男性に恋をした女性のお話「いけずな距離」。

と、人と人の絆や縁の、ちょっと摩訶不思議なお話が6編。

最初の「あなたに会いたくて」のお話のみ、ついつい世界に入っていけずに、常識的に考えてしまって

「頭を打って昏倒したら、まず救急車を呼ぶでしょう、普通?いや。呼ばないとダメじゃないっ!」

なーんて、思いつつ憤慨していましたが、そこ以外は、ちょっと摩訶不思議なことが、何故かストンと心に入ってきて、ふんわりと温かい気持ちになります。

ちなみに一番気に入ったお話は「バッハさん」。
ただ単に、王子様の存在を信じているだけの、夢のようなお話で終わっていないところがGOOD!
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『ただいま』

Note outline

とても美しく聡明で、出会った人々の心を掴んでしまうのに、別れた途端、周囲の人間の記憶からこぼれおちてしまう不思議な少女。ぼくは彼女に三度出会って、三度の“初恋”をした…。表題作『ただいま』ほか、「記憶」をテーマに綴られたハートフルな六作の短編を収録(サイト詳細より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪   

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 空の旅の楽しみ »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 空の旅の楽しみ »