« 秋の味覚を収穫 | トップページ | 伊賀牛奥田焼肉レストラン »

主塔からの眺め最高~

煙とナンチャラは高いところが好き・・・・とは、良く聞くことばですが、怖がりなクセして高い所に登るツアーに参加してきました
そのツアーとは、

  明石海峡大橋ブリッジワールド

でございます。
ひょんなことから、このツアーの存在を知り、

「明石海峡大橋ブリッジワールド」は、午前又は午後、ツアー・リーダーが2時間半に渡って世界最長の吊橋・明石海峡大橋の塔頂までご案内する感動のツアーです。明石海峡大橋を知り尽くしたツアー・リーダーがグループをエスコートし、隠された橋の技術や歴史についてご紹介します。
参加者は「アンカレイジ」と呼ばれる巨大なコンクリート構造物の中に入り、今まで目にしたことのない吊橋の世界を間近に見ながらスリルいっぱいの空中散歩を楽しみます。
そこからいよいよエレベーターに乗り込み海面上高さ約300mの主塔をのぼると、そこには下界を見下ろすすばらしい眺望がアナタを待っています。
参加者には氏名・参加日・参加順位を記入した「ブリッジワールド認定証」と塔頂での記念写真をプレゼントします。
まだ見ぬ究極の世界をお楽しみ下さい!
 

との説明に、是が非とも行きたくなってしまい、たまたま空席を発見して即申込。
なんと言っても、普通だったら見ることができない景色を、このツアーに参加することで見ることができるというトコロが素敵です。

さて。
青空のもと、明石海峡大橋へ。

Photo

吊橋のメインケーブルを支えているアノ一番高い場所が、今回の目的地です。
まずは、明石海峡大橋の成り立ちをビデオや展示物で教えて頂いてから、

Photo_2(ヘルメット) 

 

 

 

 

 

 
皆でおそろいの青いヘルメットをかぶって、現場へ向います。

Photo_3 (橋を下から見上げた photo)

 

 

 

 

 

 

  
ほぼ1km先に見える主塔基礎(↑)まで、 てくてくと歩きましたが、なんとその足場は、こんな感じ(↓)。

Photo_4

 (通路)

 

 

 

 

 

 
これが延々と1km先までずっと続いています。
海面からの高さは、53m。
たとえ足場がしっかりしていようと、こんなスケスケでは、やっぱり怖くて、かなりへっぴり腰で歩いていました。
が、

Photo_5 (標識) 

 

 

 

 

 

 
さすがに、ここくらいまで歩いてくる頃には、すっかり慣れてしまいました。
人間の慣れって凄いです。
ちなみに、「アンカレイジ」とは、橋のメインケーブルの両端を固定しているコンクリートの重しのことで、「1A」は神戸側にあります。

Photo_6 (通路) 

 

 

 

 

 

  
とにかく、果てしなく長く感じられる通路を歩いて歩いて、主塔エレベータに乗って98階まで。
ついた目的地は、思った以上にすごい景色でした。

Photo_7
絶景~!
滞在時間は、15分ほどでしたが、風も気持ち良く吹いていているし、眺めは最高だし、本当に、

「ツアーに参加できて良かった~

と、空席の出た幸運を、しみじみとかみしめました。
   

House Tour Information

  明石海峡大橋ブリッジワールドツアー   2100円

  《周辺地図案内》
  

House_5 attention

  • 記載のツアーは、2008年10月9日時点の情報です。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

      

|

« 秋の味覚を収穫 | トップページ | 伊賀牛奥田焼肉レストラン »

旅のしおり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の味覚を収穫 | トップページ | 伊賀牛奥田焼肉レストラン »