« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

『ゲド戦記』を読んだケド

いつの間にやら夏休みも終わって、9月に入りました。
時間たつのって、本当に早いです。

さて、夏に公開された映画の宣伝のせいで、

「ぽーにょ ぽにょ ぽにょ♪」

と、アノ部分の歌詞だけが、グルグル回って止まらず、結構困っていますが、今回はその映画の話ではなく、先日(といっても、7月の話)、テレビで放映された『ゲド戦記』のことを少しばかり・・・・・。

何故かと言うと、あの時、なんとなくボーッと見ていましたが、その後、

あの映画は、本の内容とかなり違う

という話を小耳に挟んだからです。
今まで、読むきっかけをつかめず手付かずになっていましたが、

と、図書館から6冊一気に借りてきて、読んでみました。
それにしても、さすが図書館の本。1冊目から6冊目までの年月が、くっきり本に刻まれていて、並べて立てて上から見ると、濃い茶色から白へと、紙の変色グラデーションが見事でした。

で。
読み終わった感想はと言うと・・・・・・・

あー。ウワサは本当。だいぶ違う

でした。

アニメでは、第3巻の『さいはての島へ』を基本としているそうですが、アレンが父親を刺して出奔し、ゲドと出会うというシナリオになっています。そして、旅が終わった後、自ら帰る決意をしますが、原作では、そのような経緯はまったくなし。
アレンは、礼儀正しく使者として、ゲドを訪れ、そして一緒に旅に出ます。
もちろん、辛いその旅の途中色々なことがありますが、アースシーという世界を統べる王となるべく無事に帰還します。
それと、人物設定の根底が違うと、それ以外も異なるためか、映画でアレンにくっついてくる影も、原作にはなく、1巻のゲドの話がアレンジされているような形になっています。

なので、読了後、

「原作の話を、こんなに色々変えてて良いのかなぁ」

と、ふと思いつつ、いろいろなサイトを見ると、やっぱりと言うか、かなり酷評が目立っていました。
ううむ。
幸い私は、アニメを見てから本を読んだので、「イメージが崩れたっ!」とかいう問題はなかったのですが、もし逆に本を読んでからアニメを見ていたら、きっとガッカリしていたということは間違いないかも。

原作者から指名されて、作った映画だそうですが、なんか、「もったいないなぁ」と思った次第デス。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『ゲド戦記

Note outline

アースシーのゴント島に生まれた少年ゲドは、自分に不思議な力がそなわっているのを知り、真の魔法を学ぶためローク学院に入る。進歩は早かった。得意になったゲドは、禁じられた呪文を唱えてしまう(1巻のサイト説明文より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
       

| | コメント (0)

タ行がない!

読書の秋というには、まだまだ早い季節ですが、今年目標に定めた

100冊読むぞ~ 

をクリアしてから、さらに冊数を重ねるべく、本を読み漁る毎日です。

さて。
たくさんの本を読んでいると、印象の強いものは、もちろんタイトルも作者も頭の中に残りますが、そうでもなかったものだと、ついつい忘却の彼方ということがあります。
なので、図書館で再び借りてしまったり、酷い時は読み始めてから、

「むむ。なんか読んだことあるかも?」

と、思い出し、ものすごく損した気分になります。
というわけで、その記憶力を補うべく、読書サイトを利用して、読んだ本の記録を取るようにしたのですが、ある日ソレを見ていて、ハタと気づく・・・・・。
なんと、

タ行の作家がいない

というか、タ行の作家の作品を今年は1冊も読んでいないのです。
ちょっと、思いついただけでも

  • 藤堂志津子さん
  • 田口ランディさん
  • 豊島ミホさん
  • 田辺聖子さん
  • 辻仁成さん

などなど、思いつくのに、何故か借りて読んでいない・・・・。
しかも、次回の図書館の日に借りる本は、すでに決定していて、そこにもやっぱりタ行の作家の作品はナシ。

う~む
特別避けているワケではないのに、なんとも不思議な話デス。
  

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

| | コメント (2)

西国三十三ヵ所巡礼の旅

第2番札所 紀三井寺

さて、お天気の良かった先日、

  • 関西空港へ行って、のんびり・ぼーっと飛行機を見たいオット
  • お寺へ行きたい私 

という、両者の思惑の一致から、南下して和歌山・関西空港への旅へと出かけてきました。
お寺は、第2番札所の紀三井寺・金剛宝寺護国院です。桜の季節が有名なお寺だそうですが、完璧時期を外してのお参りです。 

Photo_2

 (お寺の外観 photo)

 

 

 

 

 

 

 
さて、結構急な階段を登りに登って、

Photo  

 

 

 

 

 

 
普段の運動不足を実感・・・・。
それでも、

Photo_3 (眺望) 

 

 

 

 
 

 

頑張って上に辿り着いてみれば、そこからの眺めは最高で、通り過ぎる風もすっごく気持ち良かったです。

Photo_4 (御朱印) 

 

 

 

 

 

  
御朱印を頂いて、しばらく境内でまったりしましたが、風が爽やかに通り抜けていく時期のお出かけは良いものです♪
 

House_4 information

第2番札所 紀三井山 金剛宝寺護国院・紀三井寺

■住    所 和歌山県和歌山市紀三井寺1201
■納経受付 8:00~17:00
■拝観料金 拝観料100円
■最寄り駅 JR紀三井寺駅
■宿泊施設 和歌浦などにあり

■周辺地図
  
  

House_4 memo  

    ・御朱印帳などの巡礼グッズの一例はこちら ⇒ 楽天市場

House_5 attention

  • 記載の施設は、2008年9月11日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。  

House_4 please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

| | コメント (0)

念願のFLYパンダとご対面

さて先日、紀三井寺の帰り道、オットご希望の関西空港へと遊びに行ってきましたが、そういえば、関西空港へ今まで何度も行っているにもかかわらず、関空自体を観光しに行くのは初めてです。
なので、イマイチ展望台の場所を把握していなかった我々は、初インフォメーション利用で、ようやく展望台へとたどりつきました。

展望台は、関空連絡橋に近い建物の4階に1ヵ所と5階に2ヵ所あります。
まず、4階に行くと、

Photo_5  

 

 

 

 

 

 
連絡橋をバックに海上保安庁の建物発見。

「あっ。海猿

なんて、オットは反応していましたが、この建物を見た人の大半が同じことを言っていました。
映画とかの影響ってスゴイです。

さて、すごい望遠レンズ装着のカメラを持った人がたくさんいた展望台。
初めは、のんびり・まったりしようと思っていたオットも、カメラを出した途端に豹変して、離陸待機中の飛行機から離陸する飛行機、着陸する飛行機と、バシバシ撮る撮る。
その横で、

「あ~。ANA

とか、

「アシアナとコリアンは韓国、エミレーツは中東」 

と、翼のマーク見ながら、航空会社の説明をする私。
オタクというわけではありませんが、そこそこ詳しいです。

そんなこんなで、ただ飛行機の離発着を見ているだけで、なんと2時間近くも、その展望台にいたりして。

Photo_7 (日没と飛行機 photo) 

 

 

 

 

 

 

で。
結構風が強かったので、体も冷えてきたし、「さぁ、もうそろそろ帰ろうか」という話をしていると、もう1機降りてくるのを発見。
それを最後にしようと思ったその時!
なんと!
ペイント機だということに気が付いて、しかもソレが、あの全日空の「FLYパンダ機」だったのです!

Photo_6  

 

 

 

 

 
 

思い返せば、ほぼ1年前。
中国へ行くときに、憧れたあの飛行機を偶然にも目にすることができるとは・・・・・・、ちょっぴり驚きデス。
 

Note

attention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。無断転用はご遠慮ください。       

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

| | コメント (0)

シエスタ

食べ歩き ~おすすめのお店・和歌山県編~

今日は、先日行ったイタリアンのお店で、和歌山県和歌山市にあるシエスタご紹介です。
駅からも大きな通りから外れているのに、結構な人気で、11時半くらいに行きましたが、すでに満席でした。
お店は、間口は狭いのですが奥に長く、ゆったりとしていて落ち着きます。

さて、ランチメニューは4セット。
日替わりの4種のパスタと1種のピッツァからメインを1つ選択し、それにサラダやデザート、ドリンクを組み合わせる形式になります。
なので料金は、お手軽945円から、ちょっとリッチに1410円です。

今回は、楽天市場のランキングで1位を取るくらいに有名なケーキのデザートがついた1417円のセットを注文しました。

まず、前菜のサーモン。

Photo

 

 

 

 

 

 
 
 

ちなみに、前菜は3種類の中からお好みで選べます。
そして、パスタは、

Photo_2  

 

 

 

 

 

 
<豚挽き肉と白ネギのトマトソース>と、

Photo_3  

 

 

 

 

 

 
<ベーコンとブロッコリーのクリームソース>をチョイス。

で。
楽しみにしていたデザートは、

Photo_4  

 

 

 

 

 

カシスのアイスとロールケーキチーズケーキの3種盛り。

お料理もデザートもしっかりボリュームあるので、ものすごくお腹一杯の大満足です。
それと、スタッフの応対がとっても気持ち良かったのもポイント高し。
   

House_4 information

シエスタ
 
和歌山県和歌山市田中町2丁目18-1
073-402-0886
 
《周辺地図案内》

 ※地図を印刷する場合、「シエスタ」で検索してご利用下さい。 
    
      こちらをクリック ⇒ 
hotpepper

House_4 menu

シエスタセット           1417円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★★
    お料理           
★★★★
    トータル          
★★★★

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。    

House_5please click it 

  • ランキング参加中 →  にほんブログ村 グルメブログへ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

| | コメント (0)

もしも○○に換算すると?

母の荷物持ちで、大阪市内の某書道道具店へ行ってきましたが、そこで驚くモノを発見。
それがコレ(↓)

 (硯一例) 

です。
この写真のモノと同じものではありませんでしたが、どちらにしろ、ぱっと見た感じは普通のモノ。
なのに、そこについていたお値段は、なんと!

約200,000円ナリ~

思わず、ゼロの数え間違いかと思い、2回も「いち、じゅう、ひゃく・・・・・」なんて、マヌケなことをしていまいました
それ以外にも、5万円くらいから50万円まで、いろいろなモノが置いてありましたが、あまりの値段にビックリです。
たかが硯。されど硯。どの世界の道具でも良いモノの値段はすごいのだと、改めて実感。

さて。
自分には全然関係ない・興味のないモノで、こんなに高いモノを見た時って、ついつい自分の買いたいモノや欲しいモノに値段の換算をしてしまうクセがあります。
以前なら、

という感じでしたが、最近は、

 (BD-1)

とか、

 TREK

が、ふと頭に浮かびます。
カタログ好きなオットの影響大です。 

それでも、上を見ればキリがないとはよく言うことばですが、やっぱり硯でも同じらしく300万円もするもあって、「誰が買うんだろ?」と思いつつ、とっさに自転車の値段では換算できず、この時ばかりは、旅行費用が頭をよぎる。

二人でリッチなスペイン旅行に行けるし、それ以外でも選り取りみどり!

やっぱり、一番慣れ親しんだ換算法が、一番のようです。ハイ。 
       

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »