« 広がるレパートリー | トップページ | 4cm分の旅の記念品 »

声も出ない恐怖を思い出す本

思い返せば昨年の一月は、オットにとっては最悪の一月でした。
普通は、とっても楽しいと思える「東京ディズニーリゾートへの旅」が、タワー・オブ・テラーというアトラクションのひとつのせいで、恐怖のテーマパークへと早変わり。
一番最初に選んだアトラクションの選択ミスが、思わぬトラウマを作ってしまったようです。

さて本日。
オットの恐怖体験を思い出させるような本を発見。

 (『マダム小林の優雅な生活』表紙)

タイトルだけ聞いていると、とてもではないけれど、そんな恐怖体験が甦る気配など、まったくナシ!
でも、エッセイの内容、

  • 真実のお気楽ライフ
  • 流行遅れ
  • 夜のお供
  • 指まで接着地獄
  • サザエさんとオザケンはえらい
  • オトサン
  • 汚い話
  • 趣味の園芸
  • 函館の女
  • かぞえの三十三
  • 怒りの餃子
  • 長編読み物・心のアウトドア派(1・2)
  • とりあえずネイティブへの道

の中の、最後から2つめ。
「長編読み物・心のアウトドア派(1・2)」が、問題のお話でした。
小林夫妻がカナダへと旅行に行った時の話ですが、自称アウトドア派という夫のことばに疑惑を抱いた、マダム小林が夫に「ラフティングをしよう!」と提案したことから、夫が大変な目に合うというものです。

カナダの大自然の中、激流を下りつつ「ギャー!」だの「アレー!」だの「オー!」と、皆で絶叫しつつの右往左往の大騒ぎをしている中、なんと夫の声だけが聴こえない

という下りを読んで、ハッと記憶がプレイバック。
続く、

固まったまま夫は声さえ出していなかった。いや、出せなかったのかもしれない。あまりの恐怖で。

と読み進め、

「そうそう!私もあの日、人が怖いときって、声が出ないってコト初めてしったわ~」

と、のんきに思い出す私に、オットが横で

「あの時は、本当に死ぬかと思った」

とボソリと呟いています。

優雅なタイトルの本で、よもやそんなオットにとっては忘れたくても、忘れられないような恐怖体験を思い出すことになろうとは・・・・・・・。
しかも、本の内容は、優雅というよりもマダム小林の面白い体験談満載だったので、ちょっぴり意外な感じの読了でございました。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『マダム小林の優雅な生活』
 

Note outline

結婚生活も三年目に突入したマダム小林。家事全般をひきうけながらも、一歩外に出れば女優という職業婦人である。そんなマダム小林、ある時はロケ先であわや突然死事件を起こし、ある時はストーカー銀行員と対決し、またある時は、愛するオットとカナダで激流に呑み込まれる…。慎ましやかだけど、なぜだか笑える事件続出のマダム人生(帯より)。

Note please click it 

ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
 
   

|

« 広がるレパートリー | トップページ | 4cm分の旅の記念品 »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広がるレパートリー | トップページ | 4cm分の旅の記念品 »