« ふたりでヘロヘロ~ | トップページ | 春のポタリング計画に暗雲 »

『夜は短し歩けよ乙女』

移動図書館を知ってから、いの一番に予約を入れていた本。
それがコレ(↓)。

 (『夜は短し歩けよ乙女』表紙)

ようやく手元に届きました。
さて、読んだ感想はといいますと・・・・・・。 

なんというか、

すっごく摩訶不思議な感覚の世界

でございました。
それしか感想がでてこない・・・・・・・
あと、

こんな男性につきまとわれたくない・・・・・

という感想もアリ。
「一歩間違えば」どころではなく、「完全なストーカー小説かも」って、思ったのは私だけでしょうか。

とはいえ、このストーカー「先輩」の行動力があってこそ、楽しくも摩訶不思議な京都の街を満喫できるのです。
もちろん、「先輩」が恋する相手「黒髪の乙女」の強烈なキャラクターが、さらに輪をかけて、このお話を摩訶不思議にしているのは言うまでもナシ。

でも、タイトルのように、夜の京都の街を歩き倒すのかと思いつつ読みましたが、そうではなかった点が、ちょっぴり拍子抜けしてしまいました。
「夜」と「歩け」というタイトルから『夜のピクニック』のように夜中歩いて、いろいろなことがあると思っていたので、

「思い込みってコワイ」

と再認識した本でもアリ。

とにかく。
この本を読むときは、細かいことを何も考えず、いちいちツッコミを入れず、サラーッと読むことをオススメします 
 

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
   『夜は短し歩けよ乙女』

Note outline

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。たま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都(帯より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
       

|

« ふたりでヘロヘロ~ | トップページ | 春のポタリング計画に暗雲 »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたりでヘロヘロ~ | トップページ | 春のポタリング計画に暗雲 »