« ラ フォッリア デルソーレ | トップページ | ブルーベリーの本 »

『ハルさん』

久々に大泣きしてしまった本です。

 (『ハルさん』表紙)

タイトルのハルさんは、一人娘・ふうちゃんのお父さん。
人形作家という職業で、ちょっと普通のお父さんとは違います。

さて、物語は、ハルちゃんの娘・ふうちゃんの結婚式当日の朝、他界した奥さんの墓前へ「行って来ます」の挨拶をするところから始ります。
そして、会場に着くまでのタクシーの中で、ふと、幼いころの娘のことを思い出すハルさん。
その後も次から次へと尽きない思い出があふれてきます。
そして、その思い出は、ふうちゃんの周りで起こるちょっとした事件の記憶でもあります。

  • 幼稚園のふうちゃんが探偵になる「消えた卵焼き事件」
  • 小学校のふうちゃんが行方不明になる「夏休みの失踪」
  • 多感なお年頃。中学生のふうちゃん「涙の理由」
  • ちょっとロマンチックなクリスマスのお話「サンタが指輪を持ってくる」
  • すりかえられた人形の謎「人形の家」

幼稚園、小学校、中学校、高校生、大学生と年を追い、そして今、ふうちゃんはハルさんの手を離れて、愛する人と新しい一歩を踏み出そうとしています。
でも、仕事の都合で、結婚式の当日まで会うことができなかった、ふうちゃんの結婚相手に対してハルさんは、

「ふうちゃんは何故この人を選んだのか?」

とグルグル考えてしまいます。
そして、式の最後に、その理由を知るハルさん。
ここで、おもわず自分の結婚式の時のことや、昨年結婚した妹のこと、それから自分が小さかった頃や自分を育ててくれた親のことなど、とにかく色々なことを思い、涙が止まらなくなってしまいました。

小さな謎が5つ。
そして、男手ひとつで娘を育ててきたお父さんにとっての大きな謎がひとつ。 
心がふんわり温まる物語です。
 

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  ハルさん

Note outline

(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。幼稚園児のふうちゃんが遭遇した卵焼き消失事件、小学生のふうちゃんが起こした意外な騒動…。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった。
児童文学の新鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。(カバー折り返し部分より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
       

|

« ラ フォッリア デルソーレ | トップページ | ブルーベリーの本 »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

あっ、面白そう♪♪
φ(..)メモメモ

私、血なまぐさいミステリーやサスペンスはもう読みたくなくて、
こういう日常を切り取ったようなミステリーが好きなんです。
泣ける本も最近読んでないしなー。
さっそく探してみますね☆

投稿: ともみ | 2008年2月13日 08時40分

ともみさんへ 
 
とってもほのぼので良いですよ~♪
ハルさんの職業が、人形作家というのも変わっていて面白い
デス。
 
それにしても、最近、こういう短編のほのぼのミステリーを
見つけるたびに「よしっ!」とガッツポーツ。
本を読むのって、絶対にやめられませんね!

投稿: ありす・ゆらら | 2008年2月13日 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ フォッリア デルソーレ | トップページ | ブルーベリーの本 »