« アツアツのチーズフォンデュ | トップページ | 洗剤の代わりに意外とイケる »

『シンデレラ・ティース』

最近、ミステリーの連作短編集で当たりが多くて、かなりご機嫌です!
今回の大当たりは、コレ(↓)。

 (『シンデレラ・ティース』表紙)

大学生のサキが、お母さんの策略で大嫌いな歯医者の受付でバイトをするハメになることから物語がスタート。
そのバイトは期間限定で夏休みだけですが、叔父・唯史さんが勤めているところでもあるということで、断るきっかけを逃して働き始めます。
そして、そこで歯医者嫌いの認識が変わっていくようなできごとが起こります。
その内容は、

  • 苦悩が深くて歯医者さんをダシにする「シンデレラ・ティース」
  • 悪気ない一言がきっかけでマイナス思考「ファントムVS.ファントム」
  • ナンパにご用心「オランダ人のお買い物」
  • 恋する乙女心が揺れに揺れる「遊園地のお姫様」
  • 心配ご無用「フレッチャーさんからの伝言」

の5つ。
一人称での物語りなので、読み始めはちょっとキツイと感じましたが、主人公サキがバイトを始めてからは、ぐぐっと物語に引き込まれていきます。

歯医者さんって、あの独特の音と治療中の痛みから嫌いな人って大多数だと思うけど、この本を読むと、ちょっと認識が変わるかも・・・・・。
そんな気がするくらい良い歯医者のスタッフたちと、素直で前向きで一所懸命なサキちゃんが素敵です。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『シンデレラ・ティース』

Note outline

サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。都心のオフィス・ビルの一室で、サキの忘れられない夏がはじまる(帯より)。

Note please click it 

  • ランキング参加中 →  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    あなたの1ポチっとをヨロシクお願いします♪
     

|

« アツアツのチーズフォンデュ | トップページ | 洗剤の代わりに意外とイケる »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アツアツのチーズフォンデュ | トップページ | 洗剤の代わりに意外とイケる »