« 夫 おもわぬ幸運に喜ぶ | トップページ | モンプリュ ペイザンヌ »

『配達あかずきん』

先日、読んだ『配達あかずきん』は、本屋さんを舞台としたミステリィ小説でした。

 (『配達あかずきん』表紙)

で、主人公は、その本屋さん・成風堂書店に勤める杏子さんと、アルバイト店員の多絵ちゃんです。
本屋さんで起こる事件を、この二人が解決するのですが、この女の子コンビの息がピッタリ合っていて、読んでいてとっても面白いかったです。
特に、多絵ちゃんは、勘が鋭くズバリと謎を解くのですが、頭が良いのとは反対に、プレゼント包装をたくさんダメにしてしまうくらい、とても要領が悪いところがあって、そんな愛嬌のあるところも、「良し!」です。

それと、本屋さんという、出かければ必ず立ち寄る身近な場所が、舞台になっているのが良いです。
本屋さんには意外な謎が隠れていていると思うと、いつも立ち寄る本屋さんも、違った視線で見ることができるので楽しいし、本の中で明かされている本屋さんの仕事内容という裏舞台を知ることができるのも面白いです。

そういえば、北村薫さんの『夜の蝉』の「朧夜の月」というお話の中でも、本屋さんの中でちょっとした謎が出てくることを思い出しました。
謎のネタって、本屋さんの中だけでも、たくさん落ちているってことですね。自分でネタ考えてみるのも面白そうです。

さて、この本は短編集で、

  • パンダは囁く
  • 標野にて 君が袖振る
  • 配達あかずきん
  • 六冊目のメッセージ
  • ディスプレイ・リプレイ 

と、5つの物語が語られます。
私の一番のお気に入りは、「六冊目のメッセージ」。
入院中に差し入れられた5冊の本にまつわる話で、チョイスされた本の絶妙さが伝わってくるような話のやり取りと、本に対する人それぞれの思いを垣間見ることができて、本好きとしてはたまらないお話になっています。
それから、タイトルになっている6冊目の本が、素敵な意味を持っていて、読んだ後、

「素敵!く~。うらやましいっ!」

って、ロマンスが始まる予感にドキドキしてしまいました。

人に勧めする本や贈る本って、自分の趣味もあるし、もちろん贈る相手の趣味もあるので、とっても難しいと思うのですが、この本『配達あかずきん』は、本屋さんが好きで、さらにミステリィが好きな人には、絶対にハズレなしのオススメです。 
 

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
 『配達あかずきん』

Note outline

「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ、第一弾(カバー折り返し部分より)。

Note please click it 

  • ポチっと1回ずつクリックしてくれると、すっごくウレシイです♪

     ブログランキング・にほんブログ村へ

   

|

« 夫 おもわぬ幸運に喜ぶ | トップページ | モンプリュ ペイザンヌ »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫 おもわぬ幸運に喜ぶ | トップページ | モンプリュ ペイザンヌ »