« 作業は簡単が一番 | トップページ | ブルディガラ »

『終末のフール』

先日は、人類が滅亡して世界が終わるかもしれないお話の塩の街』を読みましたが、今回は、小惑星のせいで世界が刻一刻と終わりに近づくお話を読みました。

以前コメントでともみさんがご推薦下さった『終末のフール』です。

 『終末のフール』表紙)

こちらは、世界が終わるまでにあと8年という発表後、嵐のように荒れた人々の心が落ち着き小康状態を保つ、5年後のお話です。
連作短編集ですが、

  • 終末のフール
  • 太陽のシール
  • 篭城のビール
  • 冬眠のガール
  • 鋼鉄のウール
  • 天体のヨール
  • 演劇のオール
  • 深海のポール

と、8つの物語からなります。
舞台は仙台市北部の団地で、主人公はそこに住む人々。
それぞれが、それぞれの想いを胸に残りの時間を過ごしています。
達観している人アリ、遣り残したことをする人アリ、日常と変わらず過ごす人アリ、その時の準備をする人アリ、と色々です。

それにしても、「あと3年もある」と考えるか、「あと3年しかない」と考えるか、それは人それぞれだと思いますが、この本を読んでいて思ったのが、どんな時も前向きに捉えて生きたいということです。
「あと3年しかない」ってパニックになって、時間を損するなんてもったいない。
なのできっと、私は、4つめのお話「冬眠のガール」の主人公のごとく、とにかく本屋さんや図書館にある本を読みます。
とにかく片っ端から読んで読んで読みまくって、さらに読みつくして過ごすことでしょう。そして、それ以外何もしない(笑)。
ちなみに夫は、私の隣で、同じく本を読んでいそうです。
時間が限られてしまうなら、やっぱり好きなことをして過ごしたいものです。

この本では、小惑星が落ちる時のことは書かれていません。
あと2年ほどの猶予がある時点で終わっています。
なので、もしかしたら、軌道が変わって落ちないかもしれない。落ちなければ良いなって、思いつつ本を閉じました。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。
  
  『終末のフール』

Note outline

あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集(出版社の説明より)。

Note please click it 

  • ポチっと1回ずつクリックしてくれると、すっごくウレシイです♪

     ブログランキング・にほんブログ村へ  

   

|

« 作業は簡単が一番 | トップページ | ブルディガラ »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作業は簡単が一番 | トップページ | ブルディガラ »