« ちょっぴり情けないサングラス | トップページ | 1万分の2人です♪ »

『強運の持ち主』

本日、朝からなんだか調子が悪くて、イマイチまったく何にもやる気がわいてきません。
なのに、そんな時でも  

~ 何もやりたくなーい。何もやりたくなーぁぁ・い ♪

なんて、矢井田瞳さんの歌で、「何もやりたくない」という、そのものズバリなタイトルな歌を歌ってしまう私って一体・・・・・って、自分でも思います。 

さて、そんなやる気のない時に、ちょっと自分を元気付けようと考えて、午後から静かに本を読むことにしました。 
先日、グッと私の心をトリコにした瀬尾まいこさんの本です。

 (『強運の持ち主』の表紙)

この本、実は、先日の移動図書館の日に借りてきたものですが、瀬尾まいこさんの本だからと言うよりも、タイトルに惹かれて手に取った本です。
タイトルから、面白そうかどうかの判断をするということを考えると、本当にタイトルって大事ですね。
たった6文字の『強運の持ち主』というタイトルに、

いったいどんな物語が詰まっているのだろう?

と思うと、本を開くときに、ものすごくドキドキしてしまいます。

さて、ドキドキしながら読んだこの本は、やっぱり期待を裏切られることなく、読んだ後にはほっこり心が温かくなるお話でした。

さて、その本の内容はというと。
元OLの占い師ルイーズ吉田が、ちょっと変わった占いの依頼を受ける

  • 「ニベア」
  • 「ファミリーセンター」

押しかけの弟子がやって来る

  • 「おしまい予言」

そして表題の

  • 「強運の持ち主」 

と、4つの短編から成り立っています。

飽き性で一つのことにひっかかるとそれ以上進めず、すぐに切ってしまい、わずらわしい人間関係を嫌うルイーズ吉田。
その性格が元で、占い師になることになりますが、結構いい加減な占いをしているのに、当たると評判になって人気が出てきます。
私は、そんな彼女が変わるきっかけとなるできごとのお話、「おしまい予言」が結構お気に入り。
そこに出てくる武田くんがとっても良いのです。

それにしても、瀬尾さんの本は、まだ2冊しか読んでいないけれど、とっても良いです。
読んだら、きっと、

「たいていのことは、なんとかなる」

と、前向きに頑張れて、元気になれる本です。
心がちょっと疲れたときに読む、オススメの1冊です。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『強運の持ち主

Note outline

ルイーズ吉田は売れっ子占い師。いろんな悩みを抱えた人々が相談に来る。ある日訪れた学生の武田君は物事の終末が見えるという・・・(サイトより)。

Note please click it 

  • ポチっと1日1回ずつクリックしてくれると、すっごくウレシイです。
  • 元のラインキングサイトへ戻られる方もこちらをご利用下さいませませ♪

     ブログランキング・にほんブログ村へ  

|

« ちょっぴり情けないサングラス | トップページ | 1万分の2人です♪ »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっぴり情けないサングラス | トップページ | 1万分の2人です♪ »