« 夢のはなし 『図書館で宴会』の巻 | トップページ | 長月まで その7 »

『陽気なギャングの日常と襲撃』

先日借りてきた本6冊の中のうち3冊は、伊坂幸太郎さんの本でしたが、この伊坂幸太郎さんとの出会いは、本ではなく映画からでした。
去年公開された『陽気なギャングが地球を回す』です。
佐藤浩市さん、大沢たかおさん、鈴木京香さん、松田翔太さんたち4人のギャングが銀行強盗をするお話は、ちょっと現実にはありえないけど、とっても楽しいものでした。

さて、今回読んだ本はその続編で、タイトルは『陽気なギャングの日常と襲撃』です。

 (『陽気なギャングの日常と襲撃』表紙)

前作を知らなくても、全然問題なく読めます。
ただ、私は映画を見てしまった後での読書なので、登場人物はすべて映画のキャストでイメージが固定されてしまいました(笑)。

この本、4章だての長編になっていますが、第1章は、『小説NON』に掲載された4つの短編に手を加えて、長編の一部に組み込んでいるそうです。
なので、第1章がギャングたちの日常編。その後の第2章以降が、襲撃編という感じになっています。
そして前作同様、ありえないストーリーですが、微妙に絡み合っている伏線と、とてもテンポの良い展開と、「ソレがしたかったのね!」というようなラストとか、読んでいて本当に楽しめる1冊でした。

ちなみに、残る2冊のうち『アヒルと鴨のコインロッカー』は、読んだ後に、とっても悲しくやるせない気持ちになった本だったし、『グラスホッパー』はあまりにも人死にが多く、かなり気が滅入ったので、紹介は割愛です。
  

Note book information

文中の本の詳細については、本のタイトルをクリックして下さい。
「紀伊國屋書店」サイトへご案内します。 
 
  『陽気なギャングの日常と襲撃』 
  『陽気なギャングが地球を回す
  『アヒルと鴨のコインロッカー
  『グラスホッパー

Note outline

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活(『陽気なギャングの日常と襲撃』の背表紙より)。

Note please click it   

     ポチっと1回ずつクリックしてくれると、すっごくウレシイです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

|

« 夢のはなし 『図書館で宴会』の巻 | トップページ | 長月まで その7 »

アリスの本だな」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢のはなし 『図書館で宴会』の巻 | トップページ | 長月まで その7 »