« ラストラン | トップページ | マンジャパスタ・羽曳野店 »

道の駅めぐり 3月31日編

兵庫県西部めぐり

さて、今回の道の駅めぐりの旅は、2006年スタンプラリーの最終を飾る旅となりました。
今回の旅は、兵庫県西部めぐりとして出発しましたが、途中、何故か気を変えて、

「兵庫県北部の<あゆの里矢田川>へ向かおう!」

という話になってしまいました。こうして、旅の初めからルートの設定し直しをした私たち・・・・。あいかわらず、楽しくフラフラしています。
なのに、タイトルにもある通り、元のプランに戻ってしまった理由は、赤松のパーキングを出るときに気が付いた、「北部に行っても海が見えない」という単純な理由でした。
また、赤松パーキングエリアが丁度、分かれ道の分岐点手前だったことも幸いでした。

結局、当初の予定通り中国自動車道を西へ向かって走り、まず最初の目的地である、<山崎>に到着です。

P1010480 (看板 photo) 

 

 

 

 

今日も8駅めぐる予定なので、スタンプを押してそそくさと次の目的地へ向かいます。
次は、<山崎>からは約20分、国道29号を北上して<播磨いちのみや>です。

P1010483 (外観 photo)

 

 

 

 

さて、この道の駅の駐車場に車を入れた瞬間、目の前に「大福のコロッケ」なる旗を発見した妹は、

「大福のコロッケ?え~!絶対買ってみる!」 

と、うれしそうな雄たけびを上げています。自称コロッケ好きの妹は、変り種のコロッケの発見に期待一杯で駅の中へ向かいました。
・・・・が、その結果、「大福」というお店のコロッケであることが判明。がっかりしていました。
大福をコロッケにするアイデアは奇抜すぎてさすがにありえないように思いますが、もしも、どこかにあるなら見てみたいものです。

さて、次は、<みなみ波賀>。
さらに北上して約20分で到着です。

P1010486 (外観 photo) 

 

 

 

 

ここの駅は、パン工房を併設していて、中に入るとパンを焼く良い匂いが漂っていましたが、あまりお腹が空いていなかったので、結局買わずに次へ向かいます。

次は、<はが>です。

P1010487 (外観 photo) 

 

 

 

 

<みなみ波賀>から、さらに北上すること約20分。到着してビックリです。なんとこの駅は、近畿道の駅第1号なのだそうです。駅の屋根には、どーんと主張している看板が飾ってありました。

さて、そんな駅を後に、次の<ちくさ>へ向かいます。

P1010493 P1010490

 

 

 

 

 

ここは、清流のすぐそばに建っている駅で、ここで昼食タイム。

P1010488 (昼食 photo) 

 

 

  

 

季節限定のアナゴ定食ですが、頭からバリバリ食べることができる美味しさ。さらに、今回は、何故か白米がなく、山菜ごはんになるという幸運さでした。
レストランからは、清流の流れを見ることができて、美しい水の流れに心があわられるようです。

満腹になって次の<宿場町ひらふく>へ向かいます。結構山道くねくねでしたが、約40分で到着。

P1010494 (看板 photo) 

 

 

  

 

ここのレストランも内容が充実していて美味しそうでした。山だから山の幸いっぱい。<ちくさ>で食事をしていない場合は、ここでも良かったような感じです。

さくさく次へ進みます。次は、<しんぐう>です。

P1010497 (外観 photo) 

 

 

  

 

結構大きな駅ですが、たまたまこの日は、たな卸しで14時までという張り紙がしてありました。時計を見ると、ぎりぎり10分前です。
鯖すしや大福饅頭などが有名のようですが、残念売り切れていました。

そしてラスト。<あいおい白龍城>へ向かいます。

P1010498 (看板 photo) 

 

 

 

 

ここは、海沿いにあるとはいえ、あまり景色はよくありませんでした。さらに、建物のハデハデにちょっぴり驚きです。
中国風でドーンと建っていて、その2階には温泉施設があります。
疲れを取るために、温泉に入りましたが、露天風呂を含めて5種類の温泉があって、なかなか良い施設でした。

ほっこほこの良い気持ちになって、時計を見ると15時です。
今までなら、こういう場合は、他の道の駅に走っていましたが、今回はそれもせずに帰路へつくことにしました。
なのに、せっかくの気分良い帰り道なのに、高速道路を横切っていくものすごい突風に、ハンドルにしがみつく妹。何度かヒヤリとさせられて、ものすごく怖かったです。全身に力が入ったせいで、肩や腕がガチガチになってしまいました。温泉に入った甲斐なし。
さらに、追い討ちをかけるように、神戸JCT手前から事故渋滞で14km。いやはや抜けるのに苦労しましたが、家には無事到着することができました。

こうして、2006年スタンプラリーの旅は終わりました。
次回、2007年のスタンプラリーは、開催されるとすると7月からだそうです。また開催されたら、今度こそ全駅制覇を目指して頑張りたいです
 

House 今回巡ったルート

今回は、<山崎>から出発。

その後は、<播磨いちのみや> → <みなみ波賀> → 
<はが> → <ちくさ> → <宿場町ひらふく> → 
<しんぐう> → <あいおい白龍城>

です。  

House_4 memo  

今回は、サイドバーのスタンプUPなしです。

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2007年3月31日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

|

« ラストラン | トップページ | マンジャパスタ・羽曳野店 »

道の駅めぐり 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラストラン | トップページ | マンジャパスタ・羽曳野店 »