« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

アンジェラ・アキさんのコンサート情報

昨年の夏、妹が東京タワー観光へ行った時、たまたまアンジェラ・アキさんのライブをやっていたそうです。
その一件で、妹は、一気にファンになり即CDを購入して、私にもダビングしてくれました。
もちろん、私もお気に入りです。

そのアンジェラ・アキさんのコンサートが5月にあります。
気が付くのが遅くて、チケットぴあのプレリザーブ受付期間は終了していましたが、まだ一般発売があります。

フェスティバルホールなので、取れにくいかもしれませんが、「ちょっと頑張ってみようかな」と、考え中です。

 

Noteattention

Note CD information

文中のCDについて詳細をお知りになりたい方は、CDタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

Home (通常盤)

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

不吉な予感

3、4年くらい前に買ったラジカセのCD部分がご臨終になりました。
たまに音飛びしたりしていて、あまり調子がよくなかったのですが、ウンともスンとも言わなくなってしまいました・・・・。
幸いMDは聴けるのですが、音楽を聴くときは、圧倒的にCDで聴くことが多かったので、結構困ります。
でも、なければないで、なんとかなるタイプのものなので、新しいものを購入するか検討中です。

そんな時に、ものすごーく不吉な予感がしてきました。
なにやら、洗濯機の具合もよくないのです。時々ですが、洗濯機を回した時に、カラカラと音がしているような気が・・・・。

こうなってくると、洗濯機の寿命も近いと覚悟しておくに限ります。それから、ここ1年の間に、連鎖的に他のものの寿命がくる可能性もあるので、その辺も同様に覚悟が必要かもしれません。
一番危ないのは、大型家電だとパソコンとエアコンです。小さいものでは、 ホームベーカリー とプリンタでしょう。

それにしても、最近の電化製品って、絶対に寿命が短いような気がします。
小さい頃に買ったオーブンなんて、実家に置いてきてしまいましたが、未だに使えるようですし、昔は、他のものでも、10年くらいは余裕で使っていたような記憶があります。やっぱり、精密になればなるほど、耐久性に問題があるということでしょうか。

まだ、壊れていないモノの心配をするのも、どうかと思うのですが、いざというときのために、心積もりをしていないといけいないとも思うので、ちょっとだけ頭の痛い話です。
 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

今年は辛さがUP

今日は <ひな祭り> ですね。
自分のお雛様は実家に置いてきてしまいましたが、持っていたモノは、7段飾りとはいえ、ガラスのショーケースに収まるくらいにコンパクトでかわいいお雛様でした。
箱から、ヨイショと出して飾ればOK!というくらいに小さいものです。だから、大きいお雛様で、ひな祭り前に箱から出す作業をするお宅を、うらやましく思った覚えがあります。

さて、今年あまり運が良くない夫は、花粉症の症状の悪化に苦しんでいます。
去年は、とりあえず家の中は安心して過ごせていたのに、今年は、家の中にいても、くしゃみ・鼻水が止まらない状況です。
ちなみに、外で干していた洗濯物が原因のようです。
去年は干したものを中に入れるときに、叩いてから入れるだけで大丈夫でした。なのに、今年はダメということは、確実に症状が悪化しているということでしょうか。薬を飲んでも効くときと効かない時があるようです。

なので、空気清浄機を購入することにしました。

昨日、唐突な生活家電の出費がイタイと思っていましたが、思わぬところで、さらなる出費・・・・・・。
とはいえ、家の中ですら、くしゃみ・鼻水の症状が出ては、夫の休まる場所がないので、ケチくさいことを言っている場合ではありません。
とりあえず、夫の希望は松下製品。チラシを見ながら、「これが良い」なんて言っているので、さっそく明日見に行く予定です。

 

Note memo  

文中の空気清浄機の詳細はこちら ⇒ Nationalのサイト

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

空気清浄機で快適

今日の天気はポッカポカで春の陽気。あまり風もかなったので、夫の花粉症の症状も少しは楽だったようです。
道端に咲く花に目が止まるくらいの余裕アリでした。

P1010225 (良い香りの沈丁花 photo) 
 
 
 
 
 
 

P1010232

 (可憐なゆきやなぎ photo) 

 

 

 

 

さてさて本日は、昨日の計画通り、空気清浄機を購入するためにヨドバシカメラまで行って来ました。
ちなみに、ヨドバシカメラで商品を見る場合は、皆がお昼を食べる時間帯か、閉店時間間際が良いです。人が少ないし、店員さんを捕まえやすいです。ただし、閉店時間間際の場合は、商品が決まっていないと、時間が足りなくなるというリスクがあるので注意が必要です。

今日は、お昼時に行って来ました。
売り場で、しばらくウロウロと見てから、係りの人を捕まえて、商品の説明を聞きくと、

  • ダイキン  ⇒ タバコを吸う家にオススメ
  • 三菱     ⇒ 掃除が楽
  • ナショナル ⇒ 広範囲に清浄

などなど、それぞれの良いポイントを挙げてくれました。で、結局ウチは、ナショナルを買いました。
機能はもちろんですが、最後の決め手は、デザインのシンプルさです。
ちょっと惹かれた三菱もダイキンも、いかにも「ドーンと置いてます!」的な感じがするのですが、ナショナルはスッキリしたデザインなのです。やっぱり、デザインという要素も購入するときに重要なポイントですね。

ちなみに、機能はというと・・・・。

集塵フィルターは交換不要という点が高得点です。あと、花粉などをナノイーイオンというナショナル独自の技術で徹底撃退は言うまでもナシ。ただ、パワーに関しては、8畳を約11分で清浄ということですが、これは三菱に負けていました。

さて、使ってみての感想ですが、なかなか良いようです。
くしゃみ・鼻水が止まっている夫の姿を見ると一目瞭然。とっても判りやすいです。

買って良かった良かった
 

Note memo   

文中の商品の詳細はこちら ⇒ Nationalの商品

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

グリル ロン

食べ歩き  ~おすすめランチ・大阪市内編~

今日は、梅田にある洋食屋さん、「グリル ロン」 ご紹介します。昨日、買物へ行った時に、ランチをしに行きました。

お店は、阪急三番街内にあって、4人用テーブルが3席、2人用テーブルが3席、カウンター席が3席と、小さなお店です。
そのメニューは、ハンバーグやエビフライ、コロッケ、オムライスと洋食屋さんの定番メニューが満載です。
真っ白なお皿に、キャベツやマカロニサラダ、おかずが乗っていて、ボリューム満点です。単品でも、ご飯とお味噌汁を付けたセットでも注文できますが、セットの場合は920円からあります。
ちなみに特に、ランチタイムなどはないので、いつ行ってもメニューは同じです。

P1010230  (ミックスセットAセット) 

 

 

 
  

今回は、私は、ミックスセットのAセットを。夫は、照り焼きチキンとコロッケのセットを頼みました。
ちなみに、私のミックスセットの内容は、エビフライ、コロッケ、ハンバーグです。
エビフライは、衣でごまかしたものではなく、ちゃんと大きくてプリップリのエビ。コロッケは、じゃがいもがホクホク。ハンバーグは柔らかくてデミグラスソースがとってもおいしいです。

夫の照り焼きチキンもおいしかったのですが、私の好みは、ソースがもう少し甘い方が良かったかな・・・という感じです。

P1010229  (照り焼きチキンとコロッケ) 

 

 

 

 

以前、友人が、

「真っ白いお皿に乗ったハンバーグが食べたい!」

と言い出したときに、ここを案内して、いたく満足していましたが、本当にその通り。とってもアットホームで、満足できる洋食屋さんです。

  

House_4 information

グリル ロン
 

大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
06-6372-8858
(定休日は、阪急三番街に準じる)

House_4 menu

ミックスセット Aセット    920円
照り焼きチキンとコロッケ   880円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★
    お料理           
★★★
    トータル          
★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

       にほんブログ村 グルメブログへ        

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

シーズンオフ

今日の晩ご飯は、キムチ鍋でした。

さて、最近のキムチ鍋に入れる具は、ダントツトップで牡蠣でした。
私は牡蠣がニガテですが、夫が好きなのと、牡蠣を入れると、とっても良いお出汁が出るので、ウチでは、

キムチ鍋の具=牡蠣

になっていました。

でも、やはり春が近いせいか、売り場にドーンと置かれていた牡蠣も、ずいぶんとスペースが縮小されています。
英語の<月>を表す単語のつづりで、”ber” が付く月が、牡蠣の美味しい時期だと言うことを考えると、3月初めでは、すっかり時期ハズレです。
だからということもあって、今日のキムチ鍋には、牡蠣入れませんでしたが、やはり入っていないと、最後に雑炊をした時、味が少し物足りないような気がしました。

そのことにプラスして、昨日までの、すっかり春のような暖かな気温に、

「お鍋も、もうそろそろ終わりかなぁ・・・・」

という感じです。

天気予報だと、今日から少しの間、また寒さが戻ってくるとのことですが、本日これにて鍋のシーズン終了~!
  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

初めて携帯から

初めて携帯から

今度のカニ旅行で、携帯から記事をUPしてみようかと思いたちました。
なので、今日の記事は、キチンと送れるかどうかのテストです。
ちなみに、写真は通りすがりに見つけたカフェです。パッと見た感じが素敵だったので撮ってみました。この時は、まだOPENしてなくて、お茶することはできませんでしたが、後日雑誌に掲載されていました。
今度、近くに行く時は、ぜひ立ち寄りたいと考えています♪ 
 

| | コメント (0)

春のおでかけ計画

今日は、なかもずの駅付近に行く用事があったので、<なちゅらぶ>のケーキを買おうと思いお店に行きました。

ですが、なんと。通常は、日曜日と月曜日がお休みなのに、ホワイトデーが近いためか、本日定休日・・・・・。ゆばプリンを買おうとウキウキして行ったのですが、おあずけになりました。
やっぱり、めったに行けないお店は、きちんと定休日を調べてから行かないとダメですね。ちなみに、来週の木曜日も定休日になるそうです。

さて、話は変わって、夫の両親が、去年から四国八十八ヵ所めぐりを始めています。旅行会社のバスツアーを利用してめぐっているのですが、話を聞いているとなかなか興味深いです。

そこで、お試し価格を提供している第1回目のツアーに参加してみることにしました。
第1回目は、徳島県の1番~6番をめぐる日帰りでお一人様3000円ナリ~。
とりあえず、全部を一気に回るのは大変なので、まずは第1回目のみ。

最近、なんだか縁があるのか、巡礼の旅づいていますが、春に行ってきます

  

Noteinformation   

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

わたしだけ?

夫が、宇多田ヒカルさんのコンサートDVDを購入しました。
で、それを見ていた時の話です。

たまたま画面を見ずに、歌だけ聴いていた私は、あることに気が付きました。
なんと、歌の合間に舞台の上で話している、宇多田ヒカルさんの声が、あのお笑い芸人の<まちゃまちゃ>の声に聞こえるではありませんか!
今まで、宇多田ヒカルさんが、テレビでしゃべっているところを聞いても、そんな風に聞こえたことがなかったのに、このDVDに限って完全に<まちゃまちゃ>の声みたい・・・。

夫に、

「まちゃまちゃの声だ~」

って、言ってら、全然気づいていなかった夫も驚き、即同意。
それ以降、どうしてもまちゃまちゃの声にしか聞こえず、二人して余計なことに気がついてしまったという感じです。

でも、DVD見ながら、

「コノヤロ~とか言って、マイク投げてみて欲しいね」

って思うのは、やっぱり当然かも(笑)。

 

Note book information

DVDについて詳細をお知りになりたい方は、DVDタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。

 宇多田ヒカル UTADA UNITED 2006

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

城崎のカニ

城崎のカニ

ただ今、城崎にて散策中。まぁまぁのお天気です。
城崎といえば、やっぱり蟹!というわけで、撮ってみました。
あとは、お土産モノ探索。お酒好きの妹に地酒を買う予定です♪

| | コメント (0)

SOLD OUT

先日、アンジェラ・アキさんがご結婚されたという話を聞いて、突然で驚きました。さらに、アメリカに住んでいた時に、結婚されていた話に、二重の驚き・・・・・。
ちなみに、今回発売のCDは、そのアメリカに住んでいたときの想い出を書いたものだそうです。

この人となら・・・・と思っての結婚だそうなので、今度こそ幸せ一杯らぶらぶ生活であることを、心からお祈りしたいです。

さて、本日は、その新婚ホヤホヤのアンジェラさんのコンサートの発売日でしたが、電話をかけて、約10分。繋がったときには、<SOLD OUT>でした。

がっかり。
 

Noteattention

Note CD information

文中のCDについて詳細をお知りになりたい方は、CDタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

サクラ色 (初回限定盤)(DVD付)

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

  

| | コメント (0)

カニを食べに竹野海岸へ①

城崎でより道

さてさて、竹野海岸・1泊2日のカニ旅行。
少し寒かったですが、心配していた雨にも降られず、帰ってくることができました。

途中、城崎でのより道では、ふと目についた「街角カフェ&レストラン フォルノ」で、お茶をしたり、とくに当てもなくふらふらと散策しました。
ちなみに、「フォルノ」では、自家製パンのフレンチトーストを食べましたが、これがなかなかGOODでした。胡桃入りのパンはほど良い甘さで、ちょっと食べるのにちょうどよい量です。

Photo_115 (パン2枚分のフレンチトースト)

  

  

  
 
Photo_116(一緒に頼んだカフェオレ)  

 

 

 

  
散策は、JR城崎駅からお土産物屋さんが並ぶメイン通り、柳の新芽が芽吹きだした大谿川沿いとプラプラとお土産モノを物色しつつ歩き、それなりに街の雰囲気を味わうことができました。
ただ、城崎に泊まるわけではなかったし、行った時間帯が中途半端だったため、外湯めぐりをすることはできませんでした。それと、ホテルにタオルが備え付けられていることを知っていたことが裏目に出てしまい、うかつにもタオルを持参していなかったため、ところどころにある足湯すら体験することができなかったのは、残念でした。
城崎だけではなく、温泉地に立ち寄る場合は、ハンドタオルでも良いので、持参しないとダメですね。
 

                        『カニを食べに竹野海岸へ②』へ続く・・・・。

 
House_4nformation

 街角カフェ&レストラン フォルノ
 兵庫県豊岡市城崎町湯島403
 0796-32-2200
 (木曜日 定休日)
 
 《周辺地図案内》
 街角カフェ&レストラン フォルノ

  • 地図を印刷する場合、「フォルノ」で検索してご利用下さい 

       ⇒ Hot Pepper

House_4 menu

  • 自家製フレンチトースト    350円
  • カフェオレ             400円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

  • お店の居心地のよさ   ★★★
  • お料理           ★★★
  • トータル           ★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

       にほんブログ村 グルメブログへ        

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

カニを食べに竹野海岸へ②

お宿は<休暇村竹野海岸>

今回、宿泊したホテルは、竹野海岸の近くにある<休暇村竹野海岸>です。
春から夏にかけてのイカも有名のようで、どーんと大きなイカのディスプレィが出迎えてくれます。 

Photo_117 (ホテルの玄関横 photo)

 

 

 

 

ホテルについてすぐにチェックインですが、甘酒のサービスがあり、また女性のみのサービスとして、かわいらしい浴衣を選ぶことができました。

今回のお部屋は3階で、和室10畳のお部屋を用意してくれていました。ちなみに、予約時に、禁煙室を希望することもできます。

Photo_119  (室内 photo) 

 

 

 

 

部屋に入って、まずは一服。
お部屋に用意されているお茶とお茶菓子を頂きます。あと、ちょっとウレシイのが、氷入りの冷水がポットで用意されている点です。これがあると、湯上りや乾燥しがちな室内で、喉が渇いたときに気軽に飲むことができるので、このポットサービスはとてもありがたいです。

Photo_120 (お茶請けのお菓子)

 

  

 

 

ちなみに、窓からの景色は、山の上に建物が建っているとはいえ、海まで少し距離があるのせいか、眼下にドーンと海が広がっているというような絶景ではありませんでした。

P1010280

Photo_118

 

 

 

 

 

お腹が空いていたので、18時15分からの夕食を予約しましたが、その時間がくるまでの間が待ち遠しかったです。

さて、夕食はレストランでのテーブル席を選びましたが、宿泊予約をする際に、座敷を選ぶこともできます。
料理内容は、「但馬発祥蟹すきコース」での予約です。もっとリッチなカニを食べたい場合は、「かに極みコース」というプランもあります。

料理は、まず、カニ味噌からスタート。

Photo_121 (かに味噌) 

 

 

 

  

あまり飲めない二人ですが、瓶ビールを1本だけ頼んで、ちびちび飲みながら、カニ味噌の旨みをじっくりと味わいました。

次は、一番期待していたかに刺しです。

Photo_123 (かに刺身) 

 

 

 

 

ものすごーく甘くてとろりと口の中でとろけて、もー幸せ一杯です。一緒についている甘エビの刺身の甘さなんて、比べ物にならないくらい美味しかったです。
そんな幸せをかみ締めつつ、煮立ってきた出汁に、かにすきの材料を入れていきます。

Photo_122 (かにすきの材料)

 

 

 

 

まずは、甲の部分を全部入れて、それから野菜とお豆腐を入れます。カニのお出汁が出る頃に、一番美味しい足の部分を入れて、煮すぎないよう注意しながら食べます。
かにすき用のカニは、ぎっしりと身が詰まっているのに、身離れも良く、かに刺しとは違った甘みがあります。
で、カニ足をたっぷり堪能しつつ、一番食べにくい甲の部分を鍋から全部上げて、脇において置きます。
そうこうしている間に、カニ味噌の入った茶碗蒸し、焼がに、かに天麩羅が次々にきます。

Photo_124 (かに味噌茶碗蒸し) 

 

 

 

 
Photo_125 (焼かに)

 

 

  

  
Photo_126 (かに天麩羅)

 

 

 

 

きれいにかにすきの鍋の底をさらう頃には、もう満腹になっていますが、まだ最後の楽しみであるかに雑炊が残っています。
このあたりで、最初に横によけていたカニの甲の部分の身を、頑張ってほぐしていき、お鍋の準備に入ります。 

Photo_128 (雑炊の順番待ちの旗)  

 

 

 

そして、雑炊を作ってもらうときに、準備していたカニの身も一緒に入れてもらいました。
これがもう絶品です。せっせとほぐす手間をかけただけのものはありました。

Photo_129 (かに雑炊) 

 

 

 

 

そして、デザートはバニラアイスクリームで、コースは終了です。

Photo_130 (食後のデザート) 

 

 

 

 

すぐに席を立つことができないくらい満腹で大満足です。

その後、お腹が落ち着くまで時間がかかり、なかなかお風呂に行くことができませんでした・・・・・。
ようやく、動けるようになったのは、9時をすぎてから。そのおかげで、人がいなくて、ゆったり入ることができました。ちなみに、お風呂の湯船は、10人で一杯になるような小さなものですが、ちゃんと露天風呂とサウナもついています。

この日は、ほこほこでお肌ツルツルになって、気持ち良く、ゆっくり眠ることができました。

次の日は、いつもと同じくらいの時間に起きて、朝食前に優雅に朝風呂。それから、朝食会場であるレストランへ向かいました。
朝食はバイキング形式です。

Photo_131 (品数豊富な朝食) 

 

 

 

 

和食も洋食もどちらでも品数豊富で美味しそうな料理が、台の上に並んでいました。まずは、一周して品定めしてから、イカの刺身が美味しそうだったので、和食中心にチョイスしました。

Photo_132 (和食中心のご飯) 

 

 

  

 

ちなみに、私は、今回普通のご飯にしましたが、お粥や茶粥もあったし、お魚の一夜干しをその場で焼いてくれるサービスもありました。

今回の旅行では、かにの夕食も、バイキングの朝食もどちらも大満足で、お宿を後にしましたが、夫は、「イカを食べに来たい」と言っています。
さてさて、春から夏にかけて行くことができれば良いですが、「白浜にパンダを見に行きたい」とも言っているので、どうなることやら・・・・と言う感じです。
 

House_4 Hotel information  

  • 『休暇村竹野海岸』で検索すると、ホテル詳細を見ることができます。  

    こちらをクリック ⇒ 楽天トラベル

House_4Tour information 

House_4 please click it   

    この記事を気にいってクリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 記載の情報は、2007年3月11日時点の情報です。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       
     

| | コメント (0)

桜咲く

ここ2、3日は急に寒くなりましたが、それまでのポカポカ陽気のおかげか、近所で桜が咲いていました。

P1010292  

 

 

 

 

  

 

 

 

パチリと一枚、シャッターを押しながら、頭の中には、

さくら さくら さくら 咲くよ 僕の心に ~ ♪ 

と、グルグルと歌が回りだしてしまいました。

桜の花のイメージって、別れの方が強いような気がしますが、この歌は、前向きでラブラブな歌だから、お気に入りデス。

桜を見に行く旅にでも出たいな~。

  

Note CD information

文中の歌について詳細をお知りになりたい方は、CDタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 
 
Lovin’Life

Note memo

桜を見に行くツアーの一例はこちら ⇒  桜の旅

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

Noteattention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       
     

| | コメント (0)

イチゴの花

昨日も今日も、すっごく寒くて、またまた冬に逆戻り・・・・。
昨日咲いているのを見た桜の木も、寒そうに枝を揺らしていました。

さて、そんな寒さの中、ずっと前にもらってきたイチゴの苗に、可憐な花の蕾がついているのを発見しました。

P1010286  

 

 

 

 

 

 

収穫に期待が持てる真っ白な花ですが、ものすごく冷たい風に、急ごしらえで自家製ビニールハウスを作りました。もちろん、ビニールハウスなんて言っても、使えなくなった布団圧縮パックをかぶせただけのものです(笑)。それでも、風をさえぎることができるので、ちょっとは役に立っていると思います。

早く暖かくなって、もっと一杯のかわいらしい花を見ることができれば、うれしいですね~。もちろん、花が咲いた後の収穫もすっごく楽しみデス 

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

Noteattention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

友人オススメの本

夏に出産予定の友人と久々に電話で話をしていて、最近読んだ本について盛り上がりました。
ちょっと前まで、ツワリで苦しんでいて、本を読むどころではなかったようですが、今はすっかり日常に戻り、急に大きくなったお腹に驚きつつ、読書の日々をおくっているようです。

さて、そんな友人が、薦めてくれた本が、米澤穂信氏の『春期限定いちごタルト事件』。

(『春期限定いちごタルト事件』表紙 

 
タイトルを聞いた時は、

「えぇ !? なにソレ?確かに今イチゴは旬だけど・・・・」

なんて口走ってしまうくらい、ヘンなタイトルです。
でも、

「高校生が事件を解決する話で、北村薫さん的なの~」

ということばに、<Amazon>で本の検索をしたならば、なんと和書のカテゴリーで「タルト」としかキーワードを入れなかったにもかかわらず、一番上にヒットしました。
恐るべし『春季限定いちごタルト事件』。かなり驚きです。

ちなみに、人死にがでない連作短編集だそうですが、本の紹介文などを見る限り、確かに友人が言うようにおもしろそうです。
明日本屋さんに行く予定があるし、ついでにチェックしてきます 
  

Note book information

文中の本について詳細をお知りになりたい方は、本のタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

  春期限定いちごタルト事件   
 

Note outline

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし(「Amazon.co.jp」商品説明より)。  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

インドネシアの音楽・ガムラン

<マルガ・サリ>新作披露」

               ~『毎日新聞』 2007.3.15 夕刊より~

 

大学の一般教養の講義の中で、結構お気に入りだった民族学のテーマは、<バリ島>でした。
たまたま、講義の先生が、バリ島の研究をしている人で、生活習慣や祭りの話を嬉々として語ってくれたので、90分の授業がとても楽しかったです。
毎日どこかで祭りをやっているとか、バリ式の家屋の話や葬送の話、バリの舞踏の話・・・・・・興味を持って授業を聞いていただけあって、未だに色々な話を覚えています。
で、元々一度行ってみたいとは思っていましたが、その先生の話を聞いて、さらに行きたくなったのは言うまでもありません。
しかーし、相性が悪いせいか、計画が持ち上がるも数々の妨害が働き、未だに行くチャンスなしのバリ島です(泣)。

さて、今日の新聞に載っていたのは、そのバリ島の伝統音楽・ガムランのことです。興味があったことに連なる話題だったので、目につきました。
その内容は、関西で最も有名なガムランの演奏団体「マルガ・サリ」の公演が25日に大阪・ザ・フェニックスホールであるというものです。

「マルガ・サリ」のメンバーで、大阪市立大学大学院の中川真教授が、

  「音が生み出す響きの可能性を追求したい」

と、新曲を20曲以上委嘱し、そのうちの3作が、この25日に初演されるとのことです。

作曲者や指揮者が時間の流れをコントロールする西洋音楽とは対照的に、奏者が互いの呼吸や間合いを尊重し合って合奏するのが、東洋音楽の面白さで、そのなかでも、ガムランは「究極かもしれない」そうです。

生では聞いたことがありませんが、確かにガムランには独特な響きがあります。

だから、ナマで聞いてみたいと思ったのですが、縁がなくて今回は、残念ながらパスになってしまいました・・・・・・・。
せっかく新聞で情報を見つけたのですが、仕方がないので、次回のチャンスにかけます。

  

Notememo

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

こぼれたミルク

3月に入ってからも、あんまりツイているとは言えない夫は、今朝もツイていなかった・・・・。
とゆーより、結果を見ると、今日のことは、ツイていない夫のとばっちりを受けた私が一番ツイていないような気がします。とほほ・・・・。

何があったのか、その瞬間を見ていなかったけど、カーペットに広がった真っ白いシミを見て、一目瞭然。なんと、夫がコップに入ったミルクを盛大にぶちまけていたのです。
とっさに、ありったけのタオルを放り投げて、仕事に行く夫のかわりに、即効ミルクをふき取りにかかりました。
でも、それくらいの作業では、おさまらなかったから、さー大変。
何度も何度も、雑巾を洗って絞って拭いて、洗って絞って拭いて・・・・・。牛乳臭が、そこはかとなく漂う中、その臭いに気持ち悪くなりながら、拭いて拭いて拭きまくり、絞った雑巾の水が白くならなくなるまで、約2時間。いやはや大変でした。

雑巾を絞るのって、結構力がいるので、普段使わない両腕がちょっぴり筋肉痛。屈んでいた腰も痛いし、雑巾を絞り続けた両手もイタイ。

覆水盆に返らず

なんて、そんな取り返しがつかないほど、大変なことではないけれど、こぼれたのが牛乳ではなくて、水くらいなら、こんなに大変なことにはなりませんでした。水分拭き取って、乾けばOK!だったんですけどねぇ・・・・。

ちなみに、カーペットに、水以外のものをこぼしたときは、とにかくシミが広がる前にふき取ることです。これに失敗すると、色シミがついてしまうので、妥協せずに頑張りましょう。
で、今回のような場合は、しっかり水拭きして、臭いを残さないようにしないと、後日、悪臭が漂う原因になるので要注意です。
ちなみに、ヘタに洗剤なんかを使うと、色落ちしたり、シミの輪ができたりするので、ヤメましょう。

なんにしろ、まずは、やっぱり、何もこぼさないように注意することが、一番です・・・・ね?  

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

なつかしの味

先日、夫が、

「食べたかったから・・・」

と言って、フルーチェを買ってきました。
ミルクと混ぜるだけでできる、あのデザートです。

買ってきてから、タイミングが合わなくて、なかなか作る機会がありませんでしたが、本日の昼食後、ようやく作ってみました。

P1010331  

 

 

 

 

大きめの器にフルーチェの元と冷たい牛乳を入れて、混ぜてできあがり!ガラスの器に入れて揺らすと、中でふるふるとしています。

本当に久々に食べましたが、たまには、こういった子どもの頃に食べたものを食べるのも良いものですね。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

思い立ったら吉日

本日、道の駅めぐり日帰りの旅へ行ってまいりました。兵庫県中部編というような感じです。

今回は、結果7個のスタンプをゲットです。

で、いつものごとく、今日は巡った道の駅のルートのみご紹介して、詳しくは明日UPいたします。

おやすみなさい・・・・zzz

  

House 今回巡ったルート

今回は、<丹波おばあちゃんの里>から出発。

その後は、<あおがき> → <R427かみ> →
<北はりまエコミュージアム> → <みき> →<淡河>
→ <とうじょう>
 
です。

 

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ   

  

| | コメント (0)

道の駅めぐり 3月18日編

兵庫県7ヶ所めぐり

さて、本日の道の駅めぐりは、いつものパートナーではなく、夫を助手席に乗せて、私が運転する旅でした。

まずは、目指す目的地は、<丹波おばあちゃんの里>です。

Photo_133 (道路標識 photo) 

 

 

 

 

ここは、中国自動車道から舞鶴若狭自動車道をひたすら走って約1時間。春日 I.C.を降りてすぐのところにあります。
それにしても、ここに着くまでに、高速道路を走っていて、すごくヒヤッとしたことがありました。
なんと、隣の車線を走っていた車が石を跳ねて、運転席の目の高さのフロントガラスにビシッと当たったのです。幸い、小さな傷がついたくらいでしたが、はっきり言って、ものすごく怖かったです。
何故にあんな大きな石が落ちてるかな(怒)。
何事もなかったとはいえ、万が一を考えると恐ろしい話です。

でも、無事についたし、良しとしましょう。

Photo_134 (丹波の外観) 

 

 

 

 

ちなみに、初めてスタンプを目にした夫は、とても、もの珍しそうでしたが、そんなに興味はひかれなかったようです。普通はそんなものかな?

次は、<あおがき>です。
<丹波おばあちゃんの里>のすぐそばから、豊岡自動車道に乗って約30分。青垣 I.C.を降りてすぐのところにあります。
ここに着いた頃に、道中チラホラ降っていたみぞれ交じりの雨が激しくなってきました。
なので、のんびりせずに、さっさとスタンプを押して次へ向かいます。

Photo_135 (一瞬真っ白になった風景)

 

 

  

 

さて、ひたすら道を南下して約40分。<R427かみ>へ行く着いたときには、あたりは真っ白。時間的にも丁度お昼時だったので、ここで少しゆっくりすることにしました。
ここの道の駅には、車留満というレストランがあり、地鶏が有名らしく、地鶏の釜飯と地鶏のグリルを頼みました。

Photo_136 Photo_137

 

 

 

 

 

地鶏は、すっごく弾力があって、味もしっかりしていて美味しかったです。
食べている間に、すっかり晴れたので、次へ向かいます。

次は、<北はりまエコミュージアム>です。さらに南下して約1時間。加古川沿いにある道の駅ですが、付近が、「東経135°北緯35°の経緯度の交点」ということで、<日本へそ公園>がありました。さらに、「地域全体がまるごと博物館」を目指したらしく、色々な見所満載のようです。でも、スタンプを押すことが目的な私たち。どこへもよらずに道の駅にのみ直行です。

Photo_138 (外観 photo) 

 

 

 

 

さて、4つ目の道の駅ともなると、夫も楽しくなってきたようで、私より早くスタンプ台を見つけたり、物産を見たりしています。
ここで、大好きなイチゴ大福を見つけた夫は、それを手に「買って買って」とおねだり。さりげなく聞こえないフリをしていましたが、店内を回っている時に、パックを手に、私の後ろをついてきます。
結局、美味しそうだったし、1パック買いました。

Photo_140  

 

 

 

 

 

このいちご大福は、白餡と小豆の粒餡の2種類入っていて、すっごく美味しかったです。で、全部食べずに残していたら、車中がいちごの甘い香りで一杯。外はすっごく寒いのに、中は春のような雰囲気でした。

さらに国道175号南下して、<みき>へ向かいます。
ここは、山陽自動車道のすぐそばにあって、また道の駅自体が大きかったので、結構大勢の人で賑わっていました。
さくっと、スタンプを押して次へ向かいます。

次は<淡河>です。

Photo_141  

 

 

 

 

結構、小さな道の駅ですが、ここは、スタンプを、入口の側、しかも外に置いてあるので、24時間押すことができるそうです。

次は、本日ラストの<とうじょう>です。
しかーし、ここへ向かうのに、カーナビがわざわざ高速道路を案内。別ルートを探索しても、かたくなに高速道路。仕方ないので、使わないだろうと思っていた地図で道を見るというハメになりました。

Photo_142 (外観 photo) 

 

 

 

 

幸い、下道は高速道路沿いにあったので、そこをひたすら走って無事到着。最後のスタンプを押すことができました。

こうして7つのスタンプをゲット。本日はこれにておしまい。
残すは、ラスト1回です

  

House 今回巡ったルート

今回は、<丹波おばあちゃんの里>から出発。

その後は、<あおがき> → <R427かみ> →
<北はりまエコミュージアム> → <みき> →<淡河>
→ <とうじょう>
 
です。 

House_4 memo  

サイドバーのスタンプもUPスミです。

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2007年3月18日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

近いのに・・・・。

スタンプラリー帳の表紙をペラリとめくると、近畿道の駅の地図と一覧表。

P1010362  

 

 

 

  

 

 

 

 

訪れた道の駅に、今の時期に合わせて、桜のシールを貼ってみました

で、気が付いたのが、

近くにあるのにまだ行っていない駅がある

という事実。
というわけで、急遽今週末に大阪にある、2つの道の駅に行くことになりました。

それにしても、この地図を見る限り、滋賀県、奈良県、和歌山県、兵庫県と、ほぼ行けていないような気がしてきました・・・・・。
全部回れた県は、福井県と京都府だけ。
それで、現時点43駅です。
改めて数えて愕然。まだ半分も回れていない!

やっぱり、95駅を巡ろうと思うと、もっと積極的に行かないとダメですね。その点は、次回の教訓にするとして、残り2回。回れるだけ行きます。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

国際電話にドキリとする

私の携帯電話の着信音は、オルゴールの音です。
一応、グループ分けをしているので、着信音で大まかに誰からかかってきているかが、判るようになっています。
ちなみに、アドレス帳に登録していない人からの電話の場合、「明日は、どこへ行こう」です。
この曲は、小野伸二さんが出演した「TOYOTAカローラ」のCMの中で、流れていた曲で、CM自体も音楽も大好きだったので、ダウンロードして設定しています。

で、この曲が流れると、

「誰からかな~?」

と、首を傾げつつ、着信の電話番号を見ます。

最近は、ワン切りみたいな電話はかかってきませんが、今日の電話番号の表示は、見たことがないような番号でした。

なんと、

+63 ・・・・・・

から始まる番号で13桁。
結構長く鳴っているし、恐る恐る電話を取ってみましたが、「もしもし」と言うと、しばらくしてから、プチっと切れてしまいました。
電話の着信履歴を見ると [ INT’L ] と表示されています。

もしも、この電話が、国際電話だとして、かかってくる心当たりといえば、イギリスに行っている友人ひとりだけ。
もしや、その友人に何かあったのか???
って、一瞬慌てましたが、その時間だと向こうは夜中の3時。しかも、最初の番号が国番号だとすると、フィリピンの番号でした。

きっと、間違い電話だったのでしょう。で、知らない人がでたので、慌てて切ってしまった・・・・・というところかなぁ。

ちょっとドキリとしたできごとでした。

 

Note memo

着信音の曲一例

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

かっこイイなぁ

「となりの達人・自分も<商品>カリスマ添乗員」

               ~『毎日新聞』 2007.3.22 朝刊より~

 

旅行をする場合は、基本的に添乗員付のツアーには参加せず、自由に組むタイプの旅行をしています。
何故なら、添乗員付のツアーの場合は、とっても楽々なのですが、その反面、すぐそばにある自分の行きたいところへ行けなくてクヤシイとか、自分のペースで見たいものを見ることができないなどなど、デメリットが多いように感じるからです。
だからというわけではありませんが、方面だけを決めて出発して、たどり着いた場所で宿を探すというような旅でも、問題ナシです。

でも、これが、日帰り旅行の場合は、話は別になります。
4月に行く「四国八十八ヶ所巡礼」のように、一人の旅行代金が3000円だと、絶対にツアーで行った方が安くすみますし、効率良く行程を組んでくれているので、使わなきゃソンです。

ただし、これもひとつだけ問題があって、当日の添乗員によります。というか、同じ内容のツアーであっても、添乗員さんによって、そのツアーの良し悪しが決まってしまうということもアリです。
その点、今回の「となりの達人」の記事で紹介されていた、日本旅行の平田進也さんは、絶対に文句ナシなんだろうな、って感じました。

かなり前から、カリスマ添乗員として有名な方ですが、旅行の企画をする際の姿勢が、とても真摯です。
例えば、

  親をこの宿に泊めてもいいか、この食事を食べさせたいと思うか

と、自問し、常にお客さんに、払った料金以上の満足感を味わってもらおうと考えているそうです。
そして、

「トコロテン式で、決まった型にお客さんを流し込むんじゃだめ。自分ひとりでは行けない旅を提供しないと」 

と、値段ではなく、値打ちのあるものを企画しているそうです。

まさにまさしくプロフェッショナル!とてもかっこいいです。
平田さんの企画する旅行なら、きっと楽しいだろうな、って思えます。

ちなみに、この記事は、3月20日から3日間の短期で連載されていましたが、その中で一番心に残ったことばは、

「みなさん、持って死ねるのは幸せな思い出だけです。たくさん持って行ける人が勝利者です」

です。
本当にその通り!だから、旅行だけでなく、日常でも、幸せな思い出をたくさんつくりたいものです。

 

NoteTour information  

  • 平田進也さんについては、「日本旅行」のHP内にて、「進子ちゃん倶楽部」と検索の上、ご参照ください。
     
    日本旅行のHPはこちら ⇒ 【日本旅行】

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

良いかもしれない

「快適研究室・京都ツアー 町家へ桜へスイスイと」

               ~『毎日新聞』 2007.3.23 夕刊より~

 

夫の行きつけ(?)の自転車屋さんでは、自転車の販売はもちろんのこと、レースやイベントの案内などもしています。
この間、一緒にお店に行った時に、京都を巡るツアーの案内ポスターが貼られていて、何気なく見ていましたが、その時は、あまり興味がなかったので、それっきり忘れていました。

で、本日の夕刊の記事で、そのツアーのことが取り上げられていたので、ちょっと興味がわいてきました。

ツアーの主催は、<京都サイクリングツアープロジェクト>が行っていて、ツアーの内容は、自転車で、京都の路地裏や町家を巡ったり、桜の名所を回ったりしています。
そして、ツアー代金の中には、自転車のレンタル料も含まれているので、身ひとつで京都まで行って、自転車で京都の街を楽しんで、帰ってくることができます。
さらに、半日ツアーの場合だと、ツアー終了後に、そのままレンタルして、自分の好きなところに行くこともできるそうです。

京都の街って、車で行くには、渋滞や駐車場の問題で不便。でも、歩くには結構大変。それならバスがあるけど、路線を確認しながら乗るのって慣れていないと難しい。
そんなことを考えると、確かに自転車で巡るっていうのもひとつの手で、良いかもしれません。
ましてや、ガイド付なら、なお安心です。

もう少し暖かくなって、例えば新緑の季節だったら、自転車で巡る京都の旅も良いですね~。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

心温まる謎をとく物語

今日は、シトシトとした雨が降っていますが、こんな日は読書にかぎります。

で、もしも今日みたいな日に、推理小説を読む場合、できれば人死にがでない連作短編集の方が良いです。
例えば、加納朋子さんの小説はベストです。

ちなみに、私が、加納朋子さんの本で、一番最初に読んだものは、『ななつのこ』という連作短編集でした。すっかりハマってしまって、続きも購入してしまったくらいです。

  (絵本『ななつのこものがたり 』の表紙)

 
この本の主人公は19歳。ある日、本屋さんで、表紙に惹かれて手に取った1冊の本を購入します。その本のタイトルは『ななつのこ』。はやてという少年の身近で起こる小さな謎をあやめさんという女性が解くお話です。
そのお話を読んだ主人公は、作者にファンレターを出すのですが、この主人公、一風変わっていて、ただのファンレターではなく、自分の身近なところで起こった謎を書き送ったのです。
そして、それがきっかけで、作者と文通のような手紙のやりとりが続くのですが、ただ単にそれだけでは終わらず、7つある物語の最後で、ちょっぴり驚くような種明かしがされます。

物語のひとつひとつのエピソードが、とても温かく、そっと心に残るので、読了後、ほんわかした気持ちになれます。
まさにまさしく、今日みたいな日に読むのに、おすすめな本です。

  

Note book information

文中の本について詳細をお知りになりたい方は、本のタイトルをクリックして下さい。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

  『ななつのこ   
 

Note outline

表紙に惹かれて手にした『ななつのこ』にぞっこん惚れ込んだ駒子は、ファンレターを書こうと思い立つ。わが町のトピック「スイカジュース事件」をそこはかとなく綴ったところ、意外にも作家本人から返事が。しかも、例の事件に客観的な光を当て、ものの見事に実像を浮かび上がらせる内容だった―。こうして始まった手紙の往復が、駒子の賑わしい毎日に新たな彩りを添えていく(背表紙より)。  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

道の駅・近場をめぐる

さて今回は、雨が降る中、近場4ヶ所を巡ってきました。

その詳細は、明日UPです。

おやすみなさい・・・・zzz

  

House 今回巡ったルート

今回は、<大和路へぐり>から出発。

その後は、<ふたかみパーク當麻> → <ちはやあかさか> → <かなん>  

です。 

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ   

  

| | コメント (0)

道の駅めぐり 3月25日編

大阪近場めぐり

さてさて、昨日は、雨の中、「道の駅めぐり 大阪近場編」と題しまして、行ってまいりました。
基本的に、妹と私は晴れ女。しかも、結構強力なのですが、昨日に限ってはあまり、効力が発揮できていませんでした。その効力とは、旅行の日は、天気予報が例え雨だったとしても晴れるとか、例え雨が降っていても、目的地についた時だけ晴れるというものです。
なのに今回は、4駅中1駅だけ、土砂降りの中カサを広げるハメになりました。
ちなみに、妹と私の最強の伝説は、「ひと月に35日の雨が降る」と表現されるほど、雨の日が多い屋久島で、5日間晴天続きだったというものです。
私たちの行く前日まで雨続きで、私たちのいる間の5日間晴天。で、私たちの乗った飛行機が大阪へ向けて離陸した直後、にわかに暗雲たちこめてきて、雨が降ったとさ(本当の話です)。

それはさておき、今回の出発点は、<大和路へぐり>です。

P1010400  (駅の看板 photo)

 

 

 

 

道の駅が開く9時からスタートしました。
日曜日ということもあって、朝市が開催されていて、私たちが来たときは、すでに車で一杯。けっこう有名なのでしょうか。ちょっとビックリしました。
ちょっと、クルリと見て回ると、卯の花が売っていたので、ついつい買ってしまいました。

さて、次は<ふたかみパーク當麻>です。
ここは、「道の駅めぐり 12月20日編」の際、カーナビの案内で飛ばされた、因縁の道の駅。あの時の教訓を生かして、今回は複数のルート設定をせずに、ここだけを目的地に選び車を走らせました。

P1010402 (外観 photo) 

 

 

 

 

今回は、約40分後に無事到着しましたが、相性が悪いのか、ものすごい土砂降りの雨でした。
ここでは特に何も購入することなく、濃い霧と降りしきる雨の中、次へ向かいます。

次は、<ちはやあかさか>です。
約50分の道のりでしたが、到着してちょっと驚き。ものすごくこじんまりした道の駅です。駐車場に1軒の家が建っているような感じでした。多分、今まで行った道の駅の中でもダントツ1位でしょう。外観の写真は撮りませんでしたが、道の駅の入口案内看板がめずらしく変わっていたので、そちらを1枚パチリ。
ちなみに、ここに着いたときには、雨が上がっていたので、助かりました。

P1010405  

 

 

 

 

あと、道の駅のすぐそばに菜の花畑があり、とても綺麗な黄色い絨毯が広がっていました。

P1010404  

 

 

 

 

さて、お次は、本日のラスト<かなん>です。
<ちはやあかさか>からは、約10分の位置にあります。この駅は、国道309号沿いにあり、新しいこともあってか、大きくて綺麗な道の駅でした。
ここでも朝市を開催していましたが、こちらは建物の外でテントを張ってやっていました。

P1010406  

 

 

 

 

こうして、今日の近場4駅をめぐることで48駅。まだまだ行っていない駅が多いですが、今度こそ、本当に残りあと1回。
最後を楽しみにしたいです

  

House 今回巡ったルート

今回は、<大和路へぐり>から出発。

その後は、<ふたかみパーク當麻> → <ちはやあかさか> → <かなん>  
 
です。 

House_4 memo  

サイドバーのスタンプもUPスミです。

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2007年3月25日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

第5番札所 葛井寺

西国三十三ヵ所巡礼の旅

先日の道の駅めぐりの旅の途中で、<第5番札所 葛井寺>が近くにあることに気がついたので、行ってきました。
このお寺は、725年、聖武天皇の勅願により創建されたお寺です。

P1010413 (南大門 photo) 

 

 

 

 

少し離れた場所にある駐車場から、約5分くらい歩いてお寺へ到着。どーんと立派な門をくぐると、正面に本堂があります。
ちなみに、車で来る場合は、お寺の側まで行くと、道が狭いし駐車場はないしで、良いことがありません。今回は、大阪羽曳野線(186号)沿いにある駐車場にとめました

P1010408 (本堂 photo) 

  

 

 

 

南門から本堂までの道にある石灯籠が、ちょっと印象的です。

P1010411 P1010410  

 

 

 

  

水屋で心身を清めてから、本堂へお参りに行きます。

P1010407 (水屋 photo)

 

 

 

 

ちなみに、水屋でのお作法は、 

  1. 杓を右手で持ち左手を洗います。
  2. 杓を左手に持ち替えて右手洗います。
  3. 次に左手に新鮮な水をくみ口をすすぎます。
  4. 最後に杓を立てるように持ち、杓の中に残った水で柄杓と左手を洗います。
  5. 元の位置に戻します。

となるそうです。
口をすすぐ時は、絶対に杓に口をつけてはいけません。他の方も使うので、マナーをまもりましょう。
なーんて、偉そうに言っていますが、教えてもらうまで知らずに、マナー違反をやっていました(反省・・・)。

P1010434  (御朱印) 

 

 

 

 

お参りをした後に御朱印を頂いて、本日のお参りはこれにて終了です。
 

House_4 information

第5番札所 紫雲山 葛井寺

■住    所 大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21
■受付時間 8:00~17:00
■拝観料金 入山は無料
■最寄り駅 近鉄南大阪線・藤井寺駅
■周辺地図
  
  

House_4 memo  

    ・御朱印帳などの巡礼グッズの一例はこちら ⇒ 楽天市場

House_5 attention

  • 記載の施設は、2007年3月27日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。  

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ    

| | コメント (0)

とってもとっても良かった!

今日は、待ちに待った<レ・フレール>のコンサートの日でした。
で、行ってきました。すっごく良かったです!最高でした!CDで聴くより、TVを見るより、断然ナマで見て聴くのが一番です。

会場には、18時15分頃に入りましたが、入口のとろこでCDの販売をしていました。
以前、私が買ったCDではなく、今回のツアーのためのスペシャル・エディション版が販売されていて、それを買うと、なんと本人から限定クリアファイルを手渡ししてもらえるという特典付でした。

 ピアノ・ブレイカー スペシャル・エデイション

しかーし、スペシャル・エデイションで6曲も増えているとはいえ、結局購入しませんでした。欲を言えば、増えた分だけが欲しかったです・・・・。

さて、そんな商売上手な売り手を横目にホール入ると、舞台の上には、スポットライトに当たった Bösendorfer が静かに佇んでいました。
座席は、舞台に向かって右手前方。舞台との距離がものすごく近くて、予想以上にレ・フレールの弾いているところが良く見えそうでした。
座席についてから、始まるまでの15分間、こんなにドキドキしたコンサートは、以前、矢井田瞳さんのアコースティックギターのライブを見に行った時以来のことです。
始まる前の期待感で、もう胸一杯でした。

そして、肝心の演奏は、

Ooh See Boogie
Dos Caballos

と、2曲連続で弾いてから、二人のトーク。まるで、ボケとボケの漫才を見ているかのようなお話の後、

Over & Over
Apple Cake

と続いていきました。
もう、初めの演奏から、会場に手拍子が響き、曲に合わせて自然に体が動き出してしまう楽しさ。
ちなみに、手拍子だと掌が痛くなってしまうので、レ・フレールのコンサートの場合は、まさに足拍子でリズムを取ると、楽しさ倍増だと思います。
それと、うれしかったのが、舞台にスクリーンが設置されていて、演奏中の手元が映っていたことです。私たちの座っていた場所からは、やっぱり手元は見えませんでしたが、そのスクリーンのおかげで、演奏テクニックのすごさがより伝わってきました。
カメラは、二人の正面、左手からの鍵盤の側、上から、足元と計4台設置されていて、その場その場で、場面が切り替わっていました。

さらに、

G sign
Piano Breaker Boogie

と2曲弾いた後、バラードへ。

Cross #2
Eagle
宝石
宝探し

と、4曲連続で弾いた後、デビュー前のエピソードを披露してくれました。
今みたいに有名になる前は、幼稚園や小学校などをめぐり、体育館などでアップライトのピアノを演奏してきたそうです。
その時の思いを曲にした

For Kids’

は、レ・フレールの幼少の頃の写真や幼稚園での演奏風景をスクリーンで流しつつの演奏。
そして、

Boogie Woogie Impro
Flower Dance
Club IKSPIARI

と、順調に曲を弾き、

Happy Song

でラスト。
アンコールは、

Prokorue
Boogie Back to YOKOSUKA
Ou y ve
なんでやねん Boogie

と、4曲も披露してくれました。
最後の「なんでやねん Boogie」は、なんと最初は予定されていなかったようで、即興で弾いた曲のようです。

こうして、約2時間。本当に夢のようなコンサートでしたが、その後、さらにすごい偶然なできごとがありました。
なんと、コンサートのアンケートを入口付近で書いていたとき、レ・フレールの二人がすぐそばを通って行ったのです。
目が合ってしまって、とっさに、

「お疲れ様でした~」

なんて、まるでスタッフかのようなセリフを言ってしまった私・・・・・。何故そこで「すっごく楽しかったです!」のようなことばが出ないかな?って、自分にツッコンでしまいました。
そして、激しく後悔している横で、その時、背を向けて一所懸命にアンケートを書いていた夫は、そんなやり取りに気が付かず、

「なんで教えてくれなかったの~?」

と、後ですねてしまいました。
いやはや、それどころではありませんでした。まったく余裕ナシでした。ハイ。

ちなみに今後の彼らの予定は、

4月28日のNHK「トップランナー」に出演
9月に再び大阪でのコンサート

を予定しているそうです。
9月のコンサートでは、メインホールでの演奏になるそうです。
その詳細が決まれば、案内を送ってくれるといっていたので、今からものすごーく楽しみです。

   

Note CD information

CDの詳細をお知りになりたい方は、CDタイトルをクリックしてください。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     
 

| | コメント (0)

カフェ・ギャラリーゆずりは

食べ歩き  ~おすすめランチ・北摂編~

今日は、大阪府箕面市にあるカフェ、<カフェ・ギャラリーゆずりは>ご紹介します。

箕面市在住の友人とともに行ってきました。阪急・箕面駅から徒歩約10分。箕面の滝に向かう川沿いの道にあります。
そこへ向かうまでに、結構気になるお店があって、まず<橋本亭>。通りすがりにメニューを見ると、カレーやホットサンドなど気軽な食事ができそうです。ちょっと一休みするのによさそうでした。
それから、デコ・モダンな和のオーベルジュ<音羽山荘>。値段をみると、ランチ3800円からで、門構えからして、とっても雰囲気のあるお店です。お財布に余裕がある時に、ぜひ行ってみたいと思ったお店です。
次に、<ゆずりは>の姉妹店になる<一汁二菜  うえの箕面店>ですが、お昼でも6300円から・・・・と超リッチなランチを提供しています。

それら3軒のお店の前を通りすぎると、格子窓の向こうに和食器やガラスのグラスが置かれた棚が見える、おしゃれなお店に到着。

P1010466 (外観 photo) 

 

 

 

 

さっそく、格子戸の引き戸を開けて中に入りました。

ここで、お昼のお食事をする場合ですが、お昼のお食事は数量限定になるので、予めお取り置きをお願いしておくことをオススメします。
ただし、お取り置きというのは、座席の予約ではないので、お店に着いた時に満席の場合、しばらく待たなくてはならないです。
ちなみに、今日はタイミングが悪くて、着いたときには満席で15分ほど待ちました。

店内は、入ってすぐ正面にレジカウンターがあります。で、右手に4人がけの丸テーブルが一つと、外から見えていたギャラリーの棚があります。

P1010467 (店内 photo) 

 

 

  

 

そして、レジカウンターの裏側に、カウンター式で12人くらいが座ることができる長テーブルがありますが、こちらは靴を脱いで上がります。
目の前は、大きなガラス窓なので、外の景色を見ながら食事ができます。

P1010470 (席からの眺め photo) 

 

 

  

 

さて、本日のお品書きですが、

  • 主   菜 ・・・ 玉子あん掛け
               (ホタテおかき揚げ、白才、よもぎ豆腐)
  • 小   鉢 ・・・ 蕨・うるい・椎茸・蒟蒻の白合え
              ホタル烏賊旨煮
              湯葉・葉山葵浸し・白魚唐揚げのポンズかけ
  • 白ごはん ・・・ 新潟栃尾産コシヒカリ (おかわり自由)
     
  • 合せ味噌
  • 香の物
  • 自家製じゃこ山椒
  • ミニデザート

でした。

P1010469 (お食事 photo)

 

 

  

 

どれもこれも、とっても上品な味付けで、すーっごく美味しかったです。
主菜の玉子あん掛けのよもぎ豆腐はプルプルだし、餡が絶妙なお出汁かげん。小鉢の湯葉も美味しかったし、白魚の唐揚げはサクっとした食感がたまりませんでした。
あと、よもぎ豆腐やホタル烏賊、菜の花など、季節感たっぷりの食材もGOODです。
ただ、量も上品なので、たくさん食べたい男の人には、少し物足りないかもしれないです。なので、こちらも文句なしに美味しかった自家製じゃこ山椒や香の物で、おかわり自由なご飯をたっぷり食べてください。

食事に満足した後、せっかく箕面にきたのだからと、箕面の滝を見に行ってきました。
その途中に、<時習堂>という資料館のような文庫のような建物を発見。立ち寄ってみました。

 P1010475 P1010474 

 

 

 

 

昨年11月にできたばかりという建物の中は、1フロアに、松下幸之助さんを筆頭に色々な人のパネルが展示してあったり、伝記や歴史の本が棚に並べてあったり、一番奥には、寺子屋のような畳敷きの部屋があったりしました。
入場は無料。時間のあるときに、ゆっくりと椅子に座って本を読みたくなるようなところです。

さて、当初の目的の箕面の滝まで、ものすごくのんびり歩いて見てきましたが、本日は、美味しいお昼ごはんに森林浴しながらの散歩と、なかなか充実した一日でした。

  

House_4 information

カフェ・ギャラリーゆずりは
 
大阪府箕面市箕面公園2-5
072-745-2020
(月・火曜日は定休日)

《周辺地図案内》

House_4 menu

   お昼のお食事         1600円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★
    お料理           
★★★★
    トータル          
★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

       にほんブログ村 グルメブログへ        

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

バージョンアップなんて良いことナシ!

私のblogは、<ココログ>というブログサービスを利用していますが、ここが先日バージョンアップをしたそうです。
しかーし、このバージョンアップ、私にとっては全然良いことナシ!でした。

何が一番良くないって言うと、表示されるトップ記事のデザインが崩れてしまったことです。

投稿記事を枠線で囲んでいますが、その上部の線がでないとか、タイトルの前につけたアイコンが現れないとか、記事タイトルの色が勝手に変わっているとか・・・・・。
不都合をひとつひとつ解消すべく、やっていますが、なかなか思うようにいきません。
それに、今までの形式が崩れてしまうようなバージョンアップの方法に、ものすごく疑問を感じます。

以前棚上げした<バリューコマース>のバナーのように、別にできなくても問題がないのなら気にもしませんが、今回の件は、一番初めにblogを作った時から、ムキになって頑張ってきたことなので、ちょっと怒りがフツフツわいてきます。
サービス向上するのは良いのですが、利用者のサイトがきちんと表示されないなんて、完全にバージョンアップの手落ちです。

<ココログ>を利用されている他の方も、同じような目に合われている方もいるようで、一部原因解明を急いでいるそうですが、早急に元に戻して欲しいものです。
でないと、せっかく作ったデザイン自体を、大元から変更しなくてはならなくなりそうで、ものすごーく嫌です・・・・・。

 

| | コメント (0)

ラストラン

本日は、2006年スタンプラリーの最終日でした。兵庫県西部の8駅を巡り、合計56駅で時間切れです。

その帰り道、高速道路の突風で怖い目にあうし、事故渋滞に巻き込まれるし、ラストなのに、あまりいい目にあえず・・・・とーっても疲れました。

というわけで、今回も詳細は明日。

おやすみなさい・・・・zzz

  

House 今回巡ったルート

今回は、<山崎>から出発。

その後は、<播磨いちのみや> → <みなみ波賀> → 
<はが> → <ちくさ> → <宿場町ひらふく> → 
<しんぐう> → <あいおい白龍城>

です。 

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ   

  

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »