« 紅茶のケーキ | トップページ | クルっとひと回り »

夢のはなし 『弟・中居くんの恋』の巻

相変わらず、夢ってヘンです。
今日見た夢は、何故か私に弟がいて、しかも、その弟が、SMAPの中居くんというものでした・・・・。

 

「姉ちゃん、あのさぁ」と、なんだか決まり悪そうに、弟が声をかけてきたのは、Baden-Badenで、平泳ぎをしているときだった。
立ち止まり、弟を見ると、
「実は、カナさんと付き合ってるんだ・・・・」
と言う。
”カナさん”とは、大学の時の友人の名前だ。ただ卒業後、カナさんは地元へ戻ってしまったので、ここ数年は、メールや年賀状のやり取りしかしていない。
(と言うことは、弟よ。私の知らんうちに遠距離恋愛?カナさんも水臭い)
などと、頭の隅で考えていると、
「今度、カナさんこっちにくるんだけど・・・・」
と、言って、口ごもる。
言いたいことは判る。多分、年の差を気にしているのだ。
「何、親に紹介?いいんじゃない?」
私は、そう言って、再び泳ぎだした。
カナさんが私の妹になるかもしれないという想像で、ちょっとだけ、くすぐったい気持ちになった。
別に良いと思う。
ただ、両親は反対しそうだなぁ・・・・・。
なにしろカナさんは、今年41歳のキャリアウーマン。弟とは、18歳の年の差。ウチの母親とは、たった4歳の年の差になる。
その話を聞いた両親が、どんな顔するのか想像すると、ちょっと気の毒だと思いつつも、見てみたいと意地悪く考えた。
立ち止まって振り返り、
「ねぇ。援護射撃してあげるから、私がいるときに言ってよ」
試しに提案してみると、
「よろしく」
案外、真摯な返事。
それから、テレ隠しだろうか、いきなりバタフライをしつつ向こうへ行ってしまった。

 

そんな弟を「かわいい」と、思っているところで、目が覚めました。

しかし、相変わらず妙な設定・・・・。
中居くんが弟って、目が覚めているときには絶対に想定外。きっと、思いつきもしないと思います。
いやいや、誰であろうと、弟ってピンときませんね・・・・。どちらかというと、弟よりお兄さんが欲しい派です。しかも歳の離れたお兄さんが欲しいかも。
それにしても、義理の妹になるかもしれない人が、夢の中の母親と同じくらいの歳だというのに、夢の中の私はまったく動じていません。カナさんがどんな人かは、夢の中では全然でてきていなかったのですが、「きっとステキな人なのでしょう」と、勝手に解釈です。

あと、Baden-Badenは地名です。ドイツにある、温泉で有名な観光地です。
そこの温泉は、水着を着て入るそうですが、いくら水着だとしても、平泳ぎやバタフライはヒンシュクでしょう。
一度は、行ってみたいところです。

それにしても、この後、弟の恋がうまくいって華燭の典をあげることができるのか、おおいに気になるところです。
きっと、ものすごーく、すったもんだな展開になりそうですね(笑)。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 紅茶のケーキ | トップページ | クルっとひと回り »

夢のはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅茶のケーキ | トップページ | クルっとひと回り »