« 恋愛中だからこそ | トップページ | 知識は意外なところから »

ノドから手が出るほど欲しい?

「注目抗アレルギー成分」

               ~『毎日新聞』 2007.1.27 朝刊より~

 

夫は、アレルギー体質です。いわゆる、花粉症です。
そのきっかけは、去年の春、会社での大掃除で、それ以来、くしゃみ・鼻水が止まらず、お医者さんへ行って、アレルギー検査をしてもらいました。
1年の中で、何に反応するか、図入りの表をもらっていましたが、もうそろそろ、キビシイ時期がやってきます。

さて、昨日の新聞記事の中ですが、「べにふうき」という紅茶の一品種の紹介がされていました。

1965年に、日本独自の紅茶を作り出すために開発されたもので、一時期は、鹿児島を中心に栽培されていたものの、輸入紅茶に勝てず結局、壊滅的な打撃を受け、しばらくは、ひっそりと、栽培されていたそうです。
抗アレルギー性の研究者によって、約40年ぶりに一躍注目を浴びることになったこの紅茶ですが、飲むときは緑茶として飲むそうです。
さらに、ショウガのエキスを混ぜ合わせて飲むと、目の痛みや鼻づまり、くしゃみの回数など、スギ花粉症の患者の症状が、より改善されるとのことです。

この話を夫にすると、

「買ってっ!」

と、即座におねだりの声があがりました。
花粉症用の薬は、結構キツイらしく、飲むとつらいそうです。だから、「お茶なので副作用を心配せずに飲めるという最大の利点」に惹かれるのも、道理です。
ですが、このお茶、静岡県などのお店での販売価格が、100g2000円以上もするとのことで、思わず、

「却下!」

と、条件反射で答えてしまいました。

でも、どんなお茶か興味があるし、どこかで見かけたら、「買ってみようかな」って、考え中です。

 

Note memo

<べにふうき>
アッサム系とダージリン系の交配で生まれた。収量性にすぐれ、病害への抵抗力が強く、農薬の使用が少なくて済む利点がある。鹿児島県では、03年から本格的な栽培が始まり、今年から供給量は増える。いまでは静岡、埼玉、福岡など全国で栽培されている(新聞の「ことば」欄より)。 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

|

« 恋愛中だからこそ | トップページ | 知識は意外なところから »

今日の新聞記事」カテゴリの記事

コメント

くろぱんだも花粉症で悩んでいます。
今年はおもいきってレーザー治療に挑戦してみました。
保険がつかえる公的に認められた病院を選び実施。
実際の手術のすすめ方などMyブログに体験談をのせたました。

http://kuropanda2006.jugem.jp/?eid=95

はやく完全な治療法を誰か発見して確立してほしいですね。
春はつらい・・・。

投稿: 悩む、くろぱんだ | 2007年1月28日 23時10分

コメントをありがとうございます。
 
さっそく記事を読みました。
夫を見ていると、本当に辛そうなので、くろぱんださんの治療の効果が有効であることを心からお祈りしています。
 
また遊びによってくださいね☆

投稿: ありす・ゆらら | 2007年1月29日 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋愛中だからこそ | トップページ | 知識は意外なところから »