« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

あけましておめでとうございます

2007年のはじまりです。

今年が素敵な年になりますように・・・。

 

| | コメント (0)

超豪華!三段重ね

本日は、実家に挨拶しに帰ってきました。

基本的におせち料理って苦手ですが、今年はすごく立派なものが用意されていました。

Photo_62 (壱の重) 

  

 

 

Photo_63

 (弐の重)

   

 

  

Photo_64 (参の重) 

  

 

 

 
Photo_65 (手作りローストビーフ) 

 

 

 

 

豪華なおせちもおいしかったですが、なんといっても手作りのローストビーフが最高においしかったです 

 

House_5 attention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

 

| | コメント (0)

なーんにもなし

みなさんは、初夢見ましたか?

私は毎年、そうですが、意味のある初夢を見たことがありません。夢を見ることは見ているのですが、ぐちゃぐちゃとしていて、起きたときには、すっかり忘れています。
だから、初夢は、なーんにもなし、です。
たまには、年初めそうそう、良い夢を見たいものです。

さて、今日は、小雨が降っているし、予定通り家でゴロゴロです。
で、朝から、恒例の「箱根駅伝」を見ました。

順天堂大学の5区を走った、今井さんはかっこよかったですねぇ。
一昨年から、「すごいなぁ」と思って見ていましたが、今年で最後になる箱根で、がっちり区間新記録を残して、往路優勝に貢献して、本当にすごいです。
なんと言っても、結構苦しいはずなのに、時折、笑顔で走っているところが、すごいかも。
私は持久力がなくて、マラソンなどがニガテなので、長距離を走れる人って、尊敬します。

明日は、復路の中継ですが、このまま順天堂大学が首位を守って、総合優勝するか、東海大学の巻き返しがあるか、楽しみです。

 

| | コメント (0)

「いってきまーす」とかけ声かけて

本日、お正月だらだら日和2日目。
午前中は、「箱根駅伝復路」を見て、午後は、さっきまで、『風来シレンDS』で遊んでいました。

「箱根駅伝」は、結局、順天堂大学が、6年ぶりの総合優勝で幕を閉じました。去年のことを考えると、「よかったね!」って、とてもうれしくなったのですが、なんだか独走すぎて、見所がないことに、少しだけ物足りなさを感じてしまいました。
そのかわり、シード権争いで、初シード権のために頑張っていた城西大学の応援に力が入りました。こちらは、良い結果で終わらず残念でしたが、出場ごとに、順位が上がっているので、「来年こそ」という感じです。
頑張りといえば、鶴見中継所で、神奈川大学と関東学連選抜が、繰上げスタートとなってしまったことが、本当に残念でした。
特に、神奈川大学なんて、あと少しで、タスキを渡せるところまできてきたのに、無情にも繰上げスタートした後・・・・・・、見ていて、涙がでそうになりました。
来年の活躍に期待です。

で、『風来シレンDS』はと言うと、最近、コレで遊ぶことを「旅に出る」と言うようになりました。ただ単に、思いつきから言い出したことです。
でも、なんだか気に入ってしまったので、遊ぶときは、

「ちょっと、旅に出てくるわ」

と、言いつつ、ゲームの電源を入れて、

「いってきまーす」

と、夫にかけ声をかけてから、遊ぶようになりました。
そして、遊びに行ったっきり、なかなか帰ってこない私・・・・。

現在は、<フェイの最終問題>という、アイテム持込ができず、また拾ったアイテムが未識別という99階まであるダンジョンに、深~くもぐっています。
ちなみに、『風来シレンDS』には、全部で8つのダンジョンがありますが、この<フェイの最終問題>が、一番お気に入りです。

あらら・・・・なんだか、お正月早々から、ゲームの話題・・・・・。それって、「主婦としてどうなの?」と、思いつつも、きっと、これを書いた後には、再び、

「いってきまーす」

と言いつつ、旅に出ていると思います(笑)。

 

Note

game information

ゲームについての他の情報をお知りになりたい方は、ゲームタイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

      不思議のダンジョン 風来のシレンDS
  

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     

  

| | コメント (0)

シリーズの続き

『詩的私的ジャック』

夫の会社は、今日が仕事始めです。
あっという間に、お正月休みが終わってしまいましたが、寝起きするリズムを狂わせてしまったので、今朝、起きるのが結構辛かったです。
それでも、午前中に、いつものリズムで、掃除や洗濯をすませてしまって、午後からは読書タイム。
昨年、読んでいた森博嗣さんのシリーズの続きを読みました。

今回の事件も密室ですが、事件だけでなく、ヒロイン・萌絵の心の揺れなんかも、描かれていて、興味深いです。
その中でも、萌絵と、犀川先生の助手・国枝桃子とのやりとりが、素敵です。

犀川先生が、中国へ出張している間に悩む萌絵に、

「じゃあ、中国まで行ったら」

と、アドバイスする国枝桃子。自分なら行く、と宣言するところが、カッコイイです。

ちなみに、事件の方は、犀川先生が、あいかわらず鮮やかに解いています。

  

Note book information

文中の本について、詳しい情報をお知りになりたい方は、本のタイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

       詩的私的ジャック
  
        詩的私的ジャック

Note outline

『詩的私的ジャック』
大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する(背表紙より)。

 
Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

     ブログランキング・にほんブログ村へ     

 

| | コメント (0)

夕刊を見る楽しみ

「英雄の書」

               ~『毎日新聞』 2007.1.4 夕刊より~

 

昨日、思わず見ずに、飛ばしていましたが、宮部みゆきさんの連載小説が始まっていました。
『ICOー霧の城』や『ブレイブ・ストーリー』のような、ファンタジーものだそうです。

プロローグを読む限り、メインの登場人物は、2人の子どもと、1人の僧侶と、1人の魂なき流浪者の話らしいですが、どんな物語になるか、ドキドキ、わくわくです。

新聞の連載の場合、普通の小説を読むのと違い、いっきにラストまで読めません。だから、かなりもどかしさを感じますが、少しずつ明らかになっていく全貌に、期待いっぱいです。

 

Note book information

文中の本について、詳しい情報をお知りになりたい方は、本のタイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

雨の合間に

今日は、朝から雨。
買物に行こうと思っていたのに、ちょっと、出たくない気分になってしまいました。
でも、買いだめをしていた食材が、底をついています。さすがに、今日こそ行かなければ、夕飯の材料は何もなしです。

幸い、お昼には晴れたので、チャンスとばかりに、久々に買物へ行きました。

夫が、

「ユニクロと自転車屋さんに行きたい」

と、言ったので、まずはそちらから。

で、家を出て、ふと見ると、

Photo_66  

 

 

 

 

自転車置き場のスクータの上で、猫が日向ぼっこしていました。

昔、猫を飼っていた夫いわく、

「道路や塀よりも暖かいから」

このようなところで、のんびりと休んでいる、とのこと。で、一度自分の体温で、温くなると、どきたくなくなるそうです。
だから、この写真、かなり接近して撮りましたが、まったく逃げる気配なしでした。

で、買物はというと、<夕方の1割引セール>という、ラッキーな時間帯に当たり、どっさり買いだめして帰ってきました。家につく頃に、ふたたび雨が降り出してきましたが、ぎりぎりセーフです。

「晴れ女の威力かな?」

って、少しだけ思います(笑)。

    

House_5 please click it   

この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ        

House_5 attention

掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

夢のはなし 『黒真珠をつかまえろ』の巻

今日は、日曜日だから、当然お昼までダラダラと寝ているはずでした。
なのに、そういうときに限って、電話で起こされます。
一度目は、母からで、

「6チャンネルで、フジコ・ヘミングウェイ、やってるよ」

寝ぼけマナコで、テレビの電源つけると、大好きな『ラ・カンパネラ』を演奏していました。
司会の羽田健太郎さんが、

「彼女の鐘は、燻し銀のような鐘だ」

と、おっしゃっていましたが、本当にそう思います。
温かで、心の奥底に響くような、やわらかな鐘の音だから、いつまでも、何度でも聞きたくなるのかもしれません。

幸せな気持ちで、再び眠りの世界へ・・・・。

なのに、2度目の着信音。犯人は、沖縄に旅行中の妹からで、

「道の駅発見!」

いや、別に報告いらないから、って思いつつ、ようやく、ぬくぬくのお布団から抜け出しました。

さて、その1度目の電話で起こされる前に、とてもきれいな夢を見ました。

 

その世界は、3色でできていた。
混じりけのない、純白の白色をした砂浜。
どこまでも遠浅で、透明で、穏やかで波ひとつない、エメラルドグリーンの海。
海との境界線をきっぱりと引いた、ホライズン・ブルーの空。
その中で、しなければならない仕事は、砂浜に隠れている黒真珠を探すこと。
不自然に少しへこんだ部分があれば、そこに黒真珠は隠れている。
息をひそめて、音をたてないように、ゆっくりと移動しながら、じっと砂を見ていると、ある一点に目がいった。
「見つけた!」
声に出さずに、心の中で呟いて、慎重に移動する。一気に両手を砂の中にもぐりこませて、黒真珠をつかんだ。両手の中に、ピンポン玉くらいの大きさの真珠をにぎり、逃げないようにしっかりと、気をつけながら、ゆっくりと砂から両手を抜いた。
そして、両手の間のすきまから、そっと、中をのぞくと、黒真珠は、観念したのか、おとなしくしている。その色は、ピーコックグリーン系の黒色で、淡く輝いている。かなり上質なモノを捕まえることができたようだ。
専用の小箱に、黒真珠を収めると、丁度昼時だった。
今日の昼食は、どうやら、伊勢海老らしい。
浜辺で、食事班が、約2メートルある特大伊勢海老を、網に乗せて焼いていた。
香ばしい、いい匂いが、砂浜に漂っている。
そちらへ戻り、取り皿を手にした。

 

そこで、1度目の電話の着信音です。
料理を食べ損ねました。切り分けてくれた伊勢海老が、皿に乗る寸前でした。
食べ物の夢は、5000円の中華を食べた夢以来です。前回は、きっちり味わえたから良かったのですが、今回は食べられず、結構くやしいです。

フジコ・ヘミングウェイさんの演奏を聴いた後、再び眠りましたが、続きを見ることはできませんでした。
ちなみに、また海の夢でしたが、こちらの海は、深く、心が凍るくらいの冷たく蒼い色をした海で、しかもサメが出てくる怖い夢でした。

がっかり・・・・。

 

Note CD information

文中のフジコ・ヘミングウェイさんについての情報をお知りになりたい方は、タイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

      奇蹟のカンパネラ
 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ  

     

| | コメント (0)

春に期待!

<お父さん農園>から、イチゴの苗をもらいました。

Photo_68   

  

  

  

 

路地モノなので、寒い外でも育つそうです。

だから、立派に育って、春には大きなイチゴが実れば良いなって、

期待大です

    

House_5 please click it   

この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ        

House_5 attention

掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

友人の恋

夜中に友人から、電話がかかってきた。

半分泣きそうな声で、

「もー、ダメだぁ」

なにがダメなのかをよく聞いてみると、色々なことがあって、やっていく自信がなくなった、と言う。 

恋愛中って、本当に、ちょっとのことで気持ちが揺れる。だから、うれしい時と落ち込んだ時の気持ちの落差に、ヘトヘトになっている。

今回のことは、聞いた限り、素直になれば良いのに・・・・って、思う。

なのに、あまりにも、気持ちが、グチャグチャになっているようで、

「もーいいねん。きっと、あたしと付き合わんほうが、彼も幸せやわ」

なんてことまで、言い出だした。気持ちは、後ろ向き、後ずさり、完全に逃げようとしている。

 

彼が幸せか否かって決めれるのは、彼だけだって、判ってる?

同じように、あなたが幸せかどうかを決めることができるのも、あなただけ。だから、自分が幸せになるためにも、絶対に後ろ向きな考えをしちゃダメだよ。

まずは、ちゃんと、彼と話をしよう。とにかく、とことん話をして、そして、彼に話を聞いてもらった分と同じだけ、彼の話もちゃんと聞いて。

大丈夫。

ちゃんと話すことができれば、大丈夫だから。

 

そう、励まし続けて電話を切った。

それから、そのあとにメールが届いた。

「頑張ってみる」

そのメール見て、ちょっと安心。

前向きに戻って、良かった。

      

| | コメント (0)

どんな時も、

いつだって、話を聞くよ。

だから、けっして後ろ向きにならないで。

幸せになるために頑張れ!

 

| | コメント (0)

操作ラクラク

去年、DVDレコーダを買いましたが、夫は、ご機嫌で、新しくスタートしている連続ドラマの予約を入れています。

私はと言うと、自分が欲しくて買ったものは、色々試したりしますが、それ以外だと、最初は、あまり興味を示しません。
いつも、ある程度時間がたって、興味持ちだしてから、手を出します。
なので、いつも流行から一歩遅れています。

ちなみに、今回も、DVDレコーダがウチにくるのは、楽しみでしたが、まずは、夫が色々とやっていることを、横目に見ているだけでした。
そんな私を見て、夫は、

「猫みたい」

と、言います。
正体が判らないものには、最初は近づかない・・・・と(笑)。

だから、今までは、撮りたい番組は、夫に頼んで予約してもらっていました。
でも、今日は違います。初めて、リモコンと取扱説明書を片手に、自分で予約をしてみました。しかも、ダブル録画の予約です。

購入するときに、ヨドバシカメラの方が、

「予約したりするの、すごく簡単ですよ」

と、言っていましたが、本当に簡単でした。ほとんど、取扱説明書を見なくても大丈夫でした。
しかも、番組表がでるので、新聞もいらないし、撮りたい番組にカーソル合わせて、<決定>ボタンを押すだけです。もしも、他の予約と重なっていたら、ちゃんと教えてくれるし、編集も楽々です。

あとは、ちゃんと録画できていることを確認できたら、バッチリですね。

 

Note information

文中の商品についての詳しい情報をお知りになりたい方は、商品のタイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

SHARP AQUOS 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD500GB DV-ARW25
 

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     

 

| | コメント (0)

救助掲示板を見に行って・・・。

昨日のDVDは、無事撮れていました。もちろん、ちゃんと撮れていて、当たり前でしょう。

さて、またまたゲームの話ですが、『風来シレンDS』の<フェイの最終問題>を無事クリアしたあと、<風来救助>の項目に着目。救助活動をしてみることにしました。

と、言っても、周囲に『風来シレンDS』をしている人はいないし、倒れた自分を助けることができないシステムなので、「風来シレンDS救助掲示板」を見に行くことから始めました。

色々なサイトがある中で、

  「やっぱり管理人さんがしっかりしているところが良いな~」

なんて、思いながら、2日くらい観察しました。こういうところが、すぐに動かない猫タイプです。

そして、

  「大丈夫みたい」

って、太鼓判押してから、おそるおそる救助依頼を受けました。

救助を受ける以上は、

  「絶対に失敗しないぞ!」

って、気持ちでスタート。

しかーし、1回目の救助は、撃沈してしまいました・・・・。
ひとつの救助依頼を受けた場合は、5回までトライできます。幸い、2回目で無事助けることができたので、ホッとしました。
救助成功のお知らせすると、ちゃんとお礼が返ってきます。そして、お礼を確認したことを伝えると、<解決>です。

初めての救助を終えて、感無量・・・。また、行こうと考えています

  

Note

game information

ゲームについての他の情報をお知りになりたい方は、ゲームタイトルをクリックしてください。「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

      不思議のダンジョン 風来のシレンDS
  

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     

 

| | コメント (0)

おーまいごっど!

明後日の日曜日は、東京に住む従兄弟の結婚式です。

色々準備をすませて、ハタっと気が付きました。

「靴がないっ!」

そうなのです。めったにない冠婚葬祭用の靴を実家に置いてきてしまっていて、それをすっかり忘れていました。

明日、はるばる実家まで取りに帰るか、新しく購入するか・・・・・。

ちょっと悩むところです。

 

| | コメント (0)

ひと安心

昨日、どうしようかと悩んでいた靴ですが、結局、買ってしまいました・・・。
ちょっぴり、イタイ出費でしたが、バーゲンの時期だったので、思ったよりも安く買えた点は、ラッキーでした。

さて、その帰り道のことです。
2匹のマルチーズを散歩させている人が、前を歩いていました。普通の光景です。
が、その2匹の犬が、突然

「キャインキャイン。キャイーン!」

と、ものすごく、悲壮な声で吠え出したのです。

思わず、動物虐待!?
って、疑ってしまいましたが、なんのことはない。別の犬に向かって吠えていただけです。

ただ、まるで叩かれているかのような、恐ろしく哀しげな吠え方に、ちょっと驚いてしまいました。
で、ふと、思い出したのが、夜に、石を投げて虐められているかのような、犬の泣き声が聞こえてきたことがあったことです。

その時、

「どこかで、虐められているのかなぁ・・・・」

って、夫と話していたのですが、それ以来、何回か同じような鳴き声が聞こえることがありました。

で、なんと、その2匹の犬と飼い主は、我が家の方向へ散歩を続けています。もちろん、出会う犬には、例の鳴き声で吠えています。
そして、我が家を通り過ぎていった、2匹と飼い主。

「あの鳴き声は、絶対にアノ2匹に違いない!」  

思わず、断言。

いじめられているわけではなかったようなので、「本当に良かった!」と、思ったできごとでした。 

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     

 

| | コメント (0)

従兄弟の結婚式 その①

本日は、従兄弟の結婚式です。

久々に、ものすごーく早起きをしました。こんなに、早く起きたのは、去年、道の駅の旅に出たとき以来です。

靴持った。服も持った。お祝い持った・・・。

忘れ物なし!

今から、東京目指して、行ってきます。ちなみに、1泊2日の空の旅です。飛行機に不信感(別名恐怖と言う)を持っている夫は、最後まで、

「なんで新幹線じゃダメだったのー?」

なんて、ダダをこねていましたが、理由は簡単です。

「安かったから!」

そして、ついでにディズニーシーへ行って遊んできま~す

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     

| | コメント (0)

従兄弟の結婚式 その②

従兄弟の結婚式、もしくは東京ディズニーシーへの旅1泊2日から、今帰ってきました。

メインは、結婚式だったのですが、久々に感動の涙がウルウルと出てしまうくらい、良い結婚式でした。

Photo_69 (招待状とパールのピアス) 

 

 

 

 

もちろん、東京ディズニーシーも、もりだくさんで遊んで楽しかったデス。

この詳細は、『従兄弟の結婚式 その③』につづく・・・・。
ちなみに、UPは明日の夜の予定です。

おやすみなさいzzz 

| | コメント (0)

従兄弟の結婚式 その③

さて、1月14日は、朝も早くから家を出て、伊丹空港へ向かいました。
飛行機に乗る前から、恐怖にフリーズしていた可哀想な夫・・・・。顔面蒼白でした。
乗ってしまえば、約1時間で東京につくし、私に至っては、まったく快適な空の旅でした。
だって、今回は奮発して、座席のランクをひとつ上げて乗ったのだから、当然です。

Photo_70 (<classJ>の椅子カバー photo)
   
片道1000円のプラスでリッチな気分
 

 

 

 

飲み物のサービスも素早いし、座席もゆったりしているし、言うことなしです。
また、座席は右手でしたが、富士山が見える頃には、フライトアテンドの方が、

「富士山が見えますよ」

と、お知らせにきてくれる親切さです。
飛行中、ずっと眼下は雲の絨毯が広がっていましたが、富士山は、ちゃーんと見えました。

Photo_71 (雪化粧した富士山)

 

 

 

 

さて、羽田空港についてからは、大忙しです。
出発まで15分もないリムジンバスのせいで、荷物をつかみ、急いで飛行機を降りて、乗り場へ走ります。
無事乗ることができたので、車中でホッと一息。そこからは、1時間もかからず、会場につくことができました。

従兄弟の式は、教会式でしたが、パイプオルガンとバイオリンの生演奏。さらには、聖歌隊4人付の超豪華な式でした。
また、式終了後は、中庭で愛の鐘を鳴らし、フラワーシャワーとブーケトスをやり、さらに、シャボン玉を飛ばす演出までもあり・・・。
一昨年、挙式している私は、有名な某ブライダル雑誌に目を通しているし、式場での料金表も見ているので、思わず、

「プラス3万円也。プラス2万円也。さらに・・・・・」

なーんて、心の中でソロバンをはじいてしまいました。見事な青空の中、飛んでいくシャボン玉を見ながら、考える内容じゃないですよね。ちょっぴり反省です。
そうそう、既婚の私は、参加できませんでしたが、ブーケトスで、妹は、自分の前に立っていた、新婦の友人のあまりにも凄まじい迫力に負けて、戦意喪失していました。

Photo_72 (フラワーシャワーの名残) 

 

 

 

 

さて、中庭でのイベント終了後は、披露宴です。
開場するまでの間に、ウェルカムドリンクのサービスがあり、ハープの生演奏を聞きながら、「新婦のお色直しのドレス当てクイズ」に投票したりして、時間を過ごしました。

そうして始まった披露宴は、想像通り豪華で、料理の内容は、

Photo_73 (前菜)
  オマール海老のムースリーヌ

  

 
 

Photo_74

(スープ)
  コンソメスープロワイヤル 

 

 

 Photo_75

(魚料理)
  真鯛とホタテのソテー 

 

 

Photo_76  (お口直し)
   
ライムのグラニテ 

  

 

 
Photo_77 (肉料理)
  牛フィレ肉のポワレ  

 

 

 Photo_78  
(デザート)
   

 

  

 

 

と、まぁ、完璧なフルコースでした。
ただ、あまりにも完璧すぎて、新郎新婦のケーキカットのケーキが出てきた頃には、もうお腹一杯で、気持ちが悪くなるくらいでした。もちろん、全部おいしく頂きましたが・・・・。

肝心の披露宴の内容は、上司の話や友人の話など、随所に盛り込んで盛り上げていました。
そして、最後の演出にかなり、グッときました。それは、自分たちの生まれたときの体重と、同じ重さのキティちゃん人形を用意していて、それぞれの母親にプレゼントするという趣向でした。ちなみに、妹は、マスカラが全部取れてしまうくらいに、泣いていました。
開場全体が、感動の中、従兄弟は、最後にバシッとかっこよく挨拶を決めて、披露宴に幕でしたが、久々に、

「良いお式だったなぁ」

と、しみじみ。

で、その後、従兄弟たちは、次の日に新婚旅行先の沖縄へ旅立って行きました。

めでたし。めでたし。

     

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

東京ディズニーシーへ行ってきました

従兄弟の結婚式が終わってから、電車を乗り継いで、東京ディズニーリゾートへ向かいました。
今回、予約したホテルは、<ディズニーアンバサダーホテル>です。ホテルには、22時頃に到着しましたが、疲れていたので、すぐに寝てしまいました。
そのせいで、部屋の写真を撮り忘れてしまいました・・・。

Photo_79Photo_81  

     

 

 

 

上の写真は、朝起きてから撮ったものです。だから、ベットカバーがよれっています(笑)。

Photo_82 (室内のカーペットとスリッパ) 

 

 

 

 

さて、今回は、東京ディズニーシーだけ入園してきましたが、おりしも開園5周年です。以前来たのが、開園当初だったので、実に5年ぶりのディズニーシー!
前回は、ものすごい人出で、全然乗り物に乗ることができなかったので、

  「今回は、絶対に色々乗るぞ!」 

と、意気込んで、パークに繰り出しました。
運よく、今の時期は、「東京ディズニーシー・アーリーエントリー」を実施しているので、オフィシャルホテルに宿泊すれば、通常よりも1時間も早く入園できます。
<東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ>の専用エントランスから、パークに入って、まずしたことは、腹ごなし。
朝食付きのプランではなかったので、朝食です。
エントランス右手にあった、<マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー>で、オープンサンドを食べました。

Photo_83  

 

 

 

 

それから、新しいアトラクション<タワー・オブ・テラー>へ向かいます。

Photo_86 (<タワー・オブ・テラー>の全景) 

 

 

 

 

さて、この<タワー・オブ・テラー>ですが、エレベータに乗るアトラクションと、聞いていました。

  「大丈夫。大丈夫~」

なんて、結構、絶叫系アトラクションがニガテなはずの妹が、太鼓判を押します。また、列を見ても、小さい子も並んでいるし、そんなに怖くないと思ったのですが、これが大きな間違いでした。
意外と上まで昇ったエレベータは、てっぺんに着くなり、外の眺めが見え、パーク内の眺望を堪能する間もなく落下。途中で止まって、また上昇。外が一瞬見えてから、また落下。周囲にこだまする悲鳴の中で、やけにおとなしい夫。
心配になって、

  「大丈夫~?」

って、聞いても、返事がありません。下についてから、横を見ると、悲鳴すらでないくらいの恐怖を味わった夫は、魂が跳んでいってしまったような顔をしていました・・・・。
もちろん、妹は、絶叫しまくったあげく、涙目で

  「二度と乗らない!」

と断言。一方、フリーホール系とバイキング系がニガテな私ですが、これは全然怖くありませんでした。
それどころか、もう一度、パークを一望したかったのですが、誰も付き合ってくれなかったので、諦めました。

で、次に<センター・オブ・ジ・アース>へ向かいましたが、さっきのアトラクションでフリーズしたままの夫は、並んでいた列から脱落。出口へ行ってしまいました。
しかし、さっきの<タワー・オブ・テラー>が、よほどスゴイのか、あっけなく終了してしまいました。かなり物足りない感じです。
その後は、まだ復活できないでいる可哀想な夫のために、乗り物をやめて、『リトル・マーメード』のミュージカル<アンダー・ザ・シー>へ行きました。
丁度良い時間に到着したおかげで、正面の一番前の席をKEEP。夫も、このショーを気に入ったようで、終わる頃には、少しだけ復活していました。

そして、休む間もなく、<インディ・ジョーンズ>、ループコースターの<レイジングスピリッツ>、パーク内を一周する蒸気船<トランジットスチーマーライン>を楽しんだ後、ギョウザドッグを食べて一休み。

Photo_85

 

 

 

 

 

昨日に続き、今日も抜けるような青空の下、ベンチに座って食べましたが、全然寒くありません。
やはり、日ごろの行いと、晴れ女の威力ですね。
ギョウザドッグをペロリと食べた後は、14時30分から始まるショー<レジェンド・オブ・ミシカ>を見るために、場所を移動し、見やすいところに陣取り、約1時間ぼんやりしていました。
もちろん、その待ち時間のおかげで、約30分間の華やかなショーは、目の前で繰り広げられて、キャラクターたちの写真を一杯撮ることができました

その後は、プラプラとお土産物屋さんを覗いたりしていましたが、ふと気が付くと、何故か道行く人たちが、透明なビニールバッグに入れた、大きなミッキー人形やミニー人形を持ち歩いています。
あきらかに、お土産物ではなさそうな感じに、原因究明すると、<アメリカンウォーターフロント>のエリア内で、5周年記念だけやっているゲームの景品だと、判明しました。 
ゲームの内容は、4つのボールを転がして、☆印の穴に入れることができればOK。1回500円です。
説明ではとても簡単なゲームのようですが、実際にやってみると、なかなか難しくて、2回やりましたが、私は、どちらもハズしてしまいました。

Photo_87(夫がGETした景品と残念賞)
 

 

 

 

 

 

 

 

結局、このゲームをした後は、時間切れで帰りのバスに乗るために、出口へ向かいました。
その途中に見えた、プロメテウス火山に沈む夕日がとてもキレイでした。

Photo_88  

 

 

 

 

それにしても、5年前に来たときと違い、今回は遊び倒すことができた1日。それでも、乗り残したアトラクションがあるので、今度は暖かい時期に遊びに来たいと思っています。 

   

House_4 Hotel information  

  • クリックした後、『宿詳細』のページでホテルの詳細を見ることができます。  

【JTB】国内宿泊

House_4 Tour information  

  • 東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのお得な情報を見ることができます。 

楽天トラベル
阪急交通社

House_4 please click it   

    この記事を気にいってクリックして頂けたら、うれしいです。

      にほんブログ村 旅行ブログへ

House_5 attention

  • 記載の情報は、2007年1月15日時点の情報です。アトラクションなどは、開催をご確認の上、お出かけください。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。 

       

| | コメント (0)

やり始めたら止まらない・・・。

「気になる数独の謎」

               ~『毎日新聞』 2007.1.17 夕刊より~

 

数独の特集をやっていました。

長時間の移動をする場合、数独専門の雑誌を買うこともあり、

  「奥が深いパズルだなぁ~」

とは、常々思っていました。
そして、この記事を読んで、やっぱり「タダモノではないパズル」だったことが判明。

なんと、問題数は無限。
今までに、「ニコリ」というパズル製作会社が作った問題は、約1万題あったけど、同じ問題はなく、また、今後も同じ問題が出る可能性は、「ほとんどあり得ない」そうです。

すべてのマスを埋め尽くした数字の配列パターンは、世界の人口(約66億人)の約1兆倍になるそうで、英独産の研究者がコンピュータを使って計算した数字にすると、

  667090375221072939660通り

になると言います。
パズルの鍵は、最少で17個。その鍵をどこにおくかで、1つのパターンから何題もの問題を作れて、膨大に組み合わせることができ、「常識的な方法で問題数を数えあげるのは不可能」だなんて、すごすぎます。

  「パズルのプロ級から素人も熱中できる麻薬性がある」

と、記事には書かれていますが、確かにそうです。

やり始めると、止まらない。いつの間にか、ものすごーく集中しています。
   

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

Soup Stock TOKYO

食べ歩き  ~おすすめのお店・東京編~

今日は、先日行った東京で教えてもらったお店のご紹介です。場所は、羽田空港内のお店、「Soup Stock TOKYO」 です。

ここは、六本木のお店に行った妹が、ものすごく気に入って、空港内にもお店があることを確認し、

「絶対に行きたい!」

と言ったので、行きました。

お店は、羽田空港内というよりも、京急線羽田空港駅改札付近と言った方が、良いかもしれません。
ガラス張りのお店で、テーブル席もカウンター席もあります。

今回頼んだのは、「スープストックセット」です。
これは、スモールサイズのスープ2種類とパン(またはライス)のセットで、週替りで7種類あるスープから、好きなものを2種類選ぶことができます。
他には、「レギュラーカップセット」や「カレーライス」などが用意されています。

Photo_89  

 

 

 

 

私が頼んだスープは、

オマール海老とわたり蟹のスープ
オニオンクリームポタージュ

です。
夫は、同じものを頼み、妹は、オニオンクリームポタージュではなく、納豆入り韓国チゲを頼んでいました。

どのスープもおいしく、身体が温まり最高です。

お店は、そんなに広くはありませんが、一人でも気軽に入って、食べることができる雰囲気です。だから、

「軽く食べたいわ」

と、言うときに、ぜひぜひオススメです。 

 

House_4 information

Soup Stock TOKYO 羽田空港店
 
東京都・京急線羽田空港駅改札口を出てすぐ。
03-5756-6616
 

 
※各店の一覧を、「スープストック」で検索して見ることができます
    
    こちらをクリック ⇒
 hotpepper

House_4 menu

スープストックセット           900円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★
    お料理           
★★★★
    トータル          
★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

       にほんブログ村 グルメブログへ        

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

それ、当たっていないのでは?

1月に入ってからの夫は、あまりツイていない感じがします。

その始まりは、結婚式に出席する2日前の晩のことで、突如38度を超える熱を出して寝込んでしまった出来事からでしょう。
どうやら、仕事場で風邪をもらってきたようなのですが、夜に、

「なんだか、熱があるみたいだ~」

と、言っている間に、どーんと上がってしまいました・・・。

その次は、結婚式の次の日です。
前日の結婚式で、せっかくのフルコースも、体調が悪いせいで、あまり味がわからなかった夫は、当然、東京ディズニーシーに行っても、全然本調子ではありませんでした。
そんな時に、つい油断して、<タワー・オブ・テラー>に乗ってしまい、魂魄が飛んで行ってしまうような気がするくらいの、恐怖を味わう破目にあってしまいました・・・。

そして、家に帰ってきて、ホッとしたのもつかの間。
今度は、全身に小豆くらいの大きさの発疹ができてしました。初めは、ひとつです。

「えぇ?まさかダニ!?」

ちゃんと掃除をしているのに、ちょっぴりショックを受けていると、その発疹が、あちこちにでてきます。
そして、お風呂に入った頃には、全身に赤い水玉模様が・・・・。
幸い、次の日には、きれいさっぱり消えてなくなりましたが、一時はどうなることかと思いました。

そして、今日。
再び、熱が出てきた夫・・・・。

テレビに良く出ている、某有名占い師の本を買っている夫は、その本を見ながら、

「1月2月は運気が悪いけど、3月以降は大丈夫!」

なんて言っています。

だから、色々あっても仕方ないということでしょうか?
その本によると、来年は、運気のドン底の年にあたるらしいのですが、良いこと悪いことを、占いに当てはめてしまっていることろが、ちょっと心配です。

なんと言っても、私は、

「皆が皆、同じ運勢のはずがない!」

と思っているので、星占いとか、血液型占いとか、大きな括りをしている占いをあまり信じていません。

その証拠に、

「今月の良い日、15日だった!」

って、本を見ながら、自信満々に言う夫。でも、その日って、

「怖い目にあった日では?」

おもわず、冷静にツッコミを入れてしまいました。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

日常が戻ってきた

「納豆ダイエットねつ造」

               ~『毎日新聞』 2007.1.21 朝刊より~

 

朝一番、この記事を読んで、不謹慎にも、

「これで納豆が普通に食べれる~」

と、喜んでしまいました。

ウチは、納豆が好きで、よく買ってきます。
結婚当初は、大嫌いだったはずの夫も、最近では大好きになって、私よりもよく食べています。

なのに、番組で紹介されて以来、納豆売り場に行っても、カラ。商品がまったく、ナシ。というような状況がずっと続いていました。

同じく納豆が大好きな、妹と母と、

「納豆が幻の商品になってる~」

と、話していましたが、これで、今までの日常が戻ってきます。

ちなみに、妹は、運よく手に入れた納豆を、番組の案内通り、50回混ぜてから、20分置いて食べてみたそうですが、おいしくなかったそうです。

花よりダンゴ。ダイエットよりも、おいしいものをおいしく食べることの方が、断然良い良い。

 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2分の1の確率 

唐突ですが、ウチで買ってくるトイレットペーパーは、シングルの12個入りです。

で、ウチは、私と夫しかいないので、トイレットペーパーを換える番に当たる確率は、2分の1のはずです。
なのに、たいてい夫の時に、当たります。

この間、どれくらい夫に当たっているのかを、意識して数えてみると、その数11回。
で、今回も残り6個にして、今までに私が替えたのは、たった1回です。
たぶん、その残り6個も、

「ほとんど夫が換えることになりそうだなぁ」

って、何故か妙に自信を持って、断言してしまいます。

夫は、

「なくなりそうなら、換えてくれればよいのに・・・・」

と、言いますが、やっぱりなくならない限り、換えられないし、わざわざ、そのために多めにトイレットペーパーを取るのも、どうかと思ってしまう私です。

それにしても、同じ当たりなら、毎週買っている宝くじが当たってくれると、うれしいんだけどなぁ、と、しみじみと思っていまいました。

  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

忘れんぼ。

何故だか、最近、自転車に乗る夢を良く見ます。
自転車に乗って、時速70kmでウイリーしながら、45度の斜面を滑り降りている夢とか、自転車に乗って、全国道の駅を巡る旅をしているとか・・・・。

夫が、自転車にハマっていて、よく自転車雑誌を見ながら、自転車の話をするせいでしょうか?
それとも、実は、私も自転車に無意識に憧れているってオチでしょうか。

さて、従兄弟の結婚式から、すでに1週間もたってしまいましたが、引き出物のことをすっかり忘れていました。

P1010041

 (引出物のカタログ)

 

 

 

 

従兄弟の引出物は、カタログ式ギフトです。アルバム形式になっていて、好きなものを1点選ぶことができます。
だから、持って帰ってきた当日は、さすがに中身を見ながら、

「やっぱり、すき焼き鍋かなぁ」

なんて、夫と話していましたが、肝心の注文ハガキを出し忘れています。

そういえば、私たちの結婚式の引出物も、従兄弟同様、カタログ式ギフトにしました。
ブライダルフェアで、引出物や引菓子などの展示をやっていて、やはり実物を一種類選んで、持って帰ってもらうよりも、好きなものや欲しいものを、1点選んでもらう方が良いと思ってのことでした。

で、ふとそのことを思い出して、

「あの時の皆は何をえらんだのかな」

と、遠い目をしてみたりして・・・・。

時間経つのって、本当早いです。
だから、思い出した今、さっそくハガキを書いてしまいました。後は、出すのを忘れないようにするだけですが、玄関に置いたまま、忘れそうです・・・・。

  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

板前焼肉 一斗

食べ歩き  ~おすすめのお店・大阪市内編~

忘れんぼ第2弾です。
去年行った、焼肉のお店の紹介をすっかり忘れていました。

今更だけど、ご紹介です。そのお店は、大阪府の京橋駅付近にある「板前焼肉 一斗」 です。ちなみに本店は、天下茶屋になります。
妹が、グルメな友人から教えてもらったお店で、結構有名らしいです。
以前から、妹が、

「ものすごく、おいしい!」

と、何かにつけて言い続けていたので、去年、連れて行ってもらいました。
ランチではなく、夜に行ってきましたが、予算は、3000円~5000円あれば、十分な感じです。
ちなみに、すぐに満席になるそうなので、予約してから行くことをおすすめします。

京橋の駅から少し離れていますが、歩いて10分もかからないところにあります。
お店に到着して、まず驚いてしまった。なんと、ガラス張りのお店の中に、ドーンとお肉の塊がぶらさがっているのです。
かなりインパクトのある光景に、半ばひるみながら中へ入ると、いい匂いが店内に充満しています。
席への案内は、入り口すぐそばのロッカーに、上着や荷物を入れてからになるので、着ているものに、焼肉臭がつくのを防げます。

席についてから、メニューを見て、今回頼んだお肉は、カルビ、ツラミ、ランプの3種類です。それから、チシャの葉をたっぷり。

Photo_90  

 

 

 

 

お肉は、どれもすっごくおいしかったです。
そして、適度にお腹一杯になってきたときに、ふと、店員さんが、後ろのテーブルに運んできたお肉に、目が釘付けになってしまいました。
メニューを見ると、どうやら、そのお肉は、「黒毛和牛ローストビーフ(1500円)」の模様。一瞬見た限り、ものすごくおいしそうでした。

思わず、

「しまった!あんなのがあったとは!」

と、後悔したけど、時すでに遅しです。
仕方ないので、このお肉は、次回来たときの楽しみということに決めましたが、今の時期だけの限定メニューとかだったりしたら、かなりショックです。

それはさておき、お肉を食べること以上に楽しみにしていたのが、「一斗名物 ユッケ丼」です。
ご飯が見えないくらいにたっぷり乗ったユッケに、玉子の黄身とネギが乗ったものですが、これが絶品です。

Photo_91  

 

 

 

 

そして、満腹なのに、別腹で、柚子のシャーベットとバニラアイスをそれぞれ頼みましたが、これまた最高に美味しかったです。

さて、すべておいしく食べて、本当に大満足で、お店を後にしましたが、あれから、1ヶ月。もうそろそろ、「行こうかなぁ」って、考え中です。

 

House_4 information

板前焼肉 一斗
 

大阪府大阪市都島区東野田町5丁目7番12号
06-6027-7778
(定休日:月曜日)
 
《周辺地図案内》
板前焼肉 一斗

House_4 menu

ツラミ           750円
特上カルビ        850円
ランプ          1080円
チシャ菜         200円
ユッケ丼         880円
バニラアイス       350円
柚子シャーベット     350円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★
    お料理           
★★★★
    トータル          
★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

       にほんブログ村 グルメブログへ        

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

知恵ってすごい!

「ツバメの巣見れば自然の変化分かる」

                                        ~『毎日新聞』 2007.1.25 朝刊より~

 

小さい頃の話です。

私には、和歌山県で蜜柑農家を営んでいた親戚がいて、その家は、当然山の中に家がありました。

で、この記事を読んで、春から夏にかけて遊びに行った時に、蜜柑の作業倉庫の天井に、ツバメの巣が作れらていたことを、思い出しました。
さらに、ひどい記憶もよみがえります。
なんと、幼い私は、ツバメの子可愛さに、虫取り網を手に、家中追いかけまわした前科があります・・・・。
後日、無事巣立ちしたそうですが、ものすごく腕白な幼少時代でした。

ちなみに、この記事は、そんなひどい話ではなく、岸和田市の小中学生が、市内のツバメの巣を調査して、10年前と比べて、巣の形が大きく変わっていることを調べ上げたと、取り上げています。

通常、ツバメは、<ポケットタイプ>と呼ばれる、泥と枯れ枝を唾液で固めて、壁面に張り付けるタイプの巣を作っていたそうです。
ところが、巣の材料が激減したことから、壁面の突起物を支えにした<安心タイプ>や、民家の外電灯などに巣を乗せる<お皿タイプ>などを作る、ツバメが増えてきているそうです。もちろん、従来型の巣を補強して使うツバメもいるとか。

そういえば、ものすごく古い記憶を手繰り寄せてみると、親戚の家の巣は、確かに支えなどのない<ポケットタイプ>だったような気がします。
そして、今日、たまたま行った実家の近所にも、ツバメの巣があったことを思い出して、確認してみると、その巣は<お皿タイプ>でした。

調査の指導をした自然資料館の方が、

  「ツバメは必死に環境の変化に適応して生きている」

と、おっしゃっていますが、本当にそうで、それはとてもすごいことだと、改めて感心しました。

寒い冬も、食べ物が美味しいので、悪くないのですが、早く、ツバメが帰ってくる春になって欲しいデス。

  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

かなり、うれしくない

今日、久々に<コメント>が1件、入っていました。

「わーい。久々のコメントだあ~」

って、まるで子どもみたいに喜んで、開けてみると・・・・・、ただの広告でした。内容を要約すると、ブログランキングを開設したので、登録どうぞ、だそうです。

がっかり。

これが、例えば、以前に書いた、ランキングに関する記事に対して、書かれたものならばまだしも、全然関係ない、ツバメのことを書いた記事に対するコメントだったものだから、

「なんだか、ソレって、かなり、うれしくない」

と、思います。

それどころか、「喜んだ気持ちを返して!」と、すら思います。

百歩譲って、ツバメのところに書いたコメントとして、それに対して一言でも、何か感想を入れてくれた上で、「登録いかが?」って、あったとしたら、少しは、気持ちが違ったのかもしれないです。
どんなサイトか興味を持って、覗いてみたかもしれないとも、思います。

でも、実際は、ムッとしか、しなかったわけで、

「戦略を間違っているっ!」

なんて、偉そうに腕組しながら言ってから、コメントを削除させて頂きました。

なにごとも、最初が肝心です。
だから、コメントの機能を使って、「登録いかが?」と送ってくるなら、ちょっと一工夫してくれると、うれしかったんですけど・・・・と、思いました。

 

Hana2p.s.

ちなみに、今回は、広告としてきたコメントだったので、結局削除という方法を取りましたが、それ以外の場合は、よほどのことがない限り、削除はしたくないと、考えています。
また、そういった事態がないことを祈りたいです。
  Hana2_1

| | コメント (0)

恋愛中だからこそ

今日は、矢井田瞳の4月にコンサートの発売日でした。
ツアーがあるたびに、行っていましたが、今回は取れず・・・・でした。残念!

さて、この間、恋愛中の友人から、夜中に電話がかかってきましたが、今度は、別の友人から、夜中にメールが来ました。
恋愛の悩み話って、夜中にすることが多いです。

こちらは、まだお付き合いする前の段階です。
自分が好きになった人も、どうやら自分に好意をもってくれているようなのですが、彼女の周囲は、

「彼は、やめたほうが良いよ」

って、あまり評判がよくないそうです。でも、友人にしてみれば、久々に好きになった人だし、どうしようか悩んでいる模様。

そういった、恋に悩んでいる話を聞くと、

「恋愛中って、本当に特別な時間だった」

って、思います。

楽しいことがいっぱいあるけど、たまに苦しいこともあったりして、ちょっとしたことで気持ちが揺れて、あとで、「なんでそんなことで悩んでたんだろう?」って、思うようなことで悩んだりとか・・・・・。
あと、片想い中のドキドキとかも、結婚した今では、持ち得ない感情だから、ほんのちょっとだけ、うらやましく思います。もちろん、恋愛中だったら、とてもじゃないけど、「うらやましい」だなんて、思う余裕なんてない、とも思います。

さて、その友人の件ですが、友人が見た彼の姿と、周囲が見た彼の姿が、同じとは限らないです。
また、彼が、友人には見せていない姿があるかもしれないし、友人の目が、悪いところを見ないようにしているかもしれません。

だから、

まず、周囲が何をもって「やめたほうがよい」と言うのか、そのあたりをしっかりと把握することから始めないと。

と、いう返信をしました。

とにかく、特に恋愛中だからこそ、どんなことがあっても、後ろ向きになることなく、また後悔することがないように、すごして欲しい思います。

それから、彼の評判が本当は、悪いものではなく、友人が幸せになりますように・・・・。

  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

ノドから手が出るほど欲しい?

「注目抗アレルギー成分」

               ~『毎日新聞』 2007.1.27 朝刊より~

 

夫は、アレルギー体質です。いわゆる、花粉症です。
そのきっかけは、去年の春、会社での大掃除で、それ以来、くしゃみ・鼻水が止まらず、お医者さんへ行って、アレルギー検査をしてもらいました。
1年の中で、何に反応するか、図入りの表をもらっていましたが、もうそろそろ、キビシイ時期がやってきます。

さて、昨日の新聞記事の中ですが、「べにふうき」という紅茶の一品種の紹介がされていました。

1965年に、日本独自の紅茶を作り出すために開発されたもので、一時期は、鹿児島を中心に栽培されていたものの、輸入紅茶に勝てず結局、壊滅的な打撃を受け、しばらくは、ひっそりと、栽培されていたそうです。
抗アレルギー性の研究者によって、約40年ぶりに一躍注目を浴びることになったこの紅茶ですが、飲むときは緑茶として飲むそうです。
さらに、ショウガのエキスを混ぜ合わせて飲むと、目の痛みや鼻づまり、くしゃみの回数など、スギ花粉症の患者の症状が、より改善されるとのことです。

この話を夫にすると、

「買ってっ!」

と、即座におねだりの声があがりました。
花粉症用の薬は、結構キツイらしく、飲むとつらいそうです。だから、「お茶なので副作用を心配せずに飲めるという最大の利点」に惹かれるのも、道理です。
ですが、このお茶、静岡県などのお店での販売価格が、100g2000円以上もするとのことで、思わず、

「却下!」

と、条件反射で答えてしまいました。

でも、どんなお茶か興味があるし、どこかで見かけたら、「買ってみようかな」って、考え中です。

 

Note memo

<べにふうき>
アッサム系とダージリン系の交配で生まれた。収量性にすぐれ、病害への抵抗力が強く、農薬の使用が少なくて済む利点がある。鹿児島県では、03年から本格的な栽培が始まり、今年から供給量は増える。いまでは静岡、埼玉、福岡など全国で栽培されている(新聞の「ことば」欄より)。 

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

 

| | コメント (2)

知識は意外なところから

紅茶の国の王子さまが、呼び出されて始まる物語のマンガがあります。
そのタイトルは、ずばり、『紅茶王子』です。

気に入っているので、文庫本サイズになってから、発売日ごとに買っていますが、その紅茶の王子さまの住んでいる国の名前が、<カメリア・シネンシス>。読んだ時には、特にはピンとこなかったことばですが、昨日の新聞で、「べにふうき」の記事を見て、それからネットで関連するページを探していて、びっくりです。

<カメリアシネンシス>とは、なんと「べにふうき」の学名だそうです。

思わず、

「へ~」

と、思ったできごとでした。

 

Icon_58_5 後日談

うれしそうに、「へ~」なんて、思って記事を書きましたが、なんと、勝手に読み間違えていたことが判明・・・・。
紅茶の国の名前は、<カメリス・シネンシア>です。一方、「べにふうき」は、カメリアシネンシスなので、微妙に違います・・・・・。
すっごく、恥ずかしいことしてしまいました・・・・・。
人間の勘違いと思い込みって、コワイです。
今更、記事の削除や、大幅な内容変更もどうかと思ったので、ここで改めて訂正させて頂きます。
こんな勘違いから、作品の紹介をしていますが、もしも興味を持った方がいらっしゃれば、ぜひぜひ一度ご覧くださいませ。

 

Note book information

  文中の本の詳細は、本のタイトルをクリックしてください。
  「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

(7巻、8巻は次回3月に発売。その後は、2ヶ月おきに発売で全12巻発行予定)        

Note outline

風早橋学院・お茶会同好会の仲良しメンバー、奈子・そめこ・美佳は、月夜の晩に学校の屋上でお茶会を開いていた。ティーカップに満月を映したとき・・・突然、紅茶の中から小さな王子さまが出現。アッサムとアールグレーと名乗る2人の王子様は、呼び出した人間の願い事を3つかなえるまで、元の世界には戻れないというが??時空を超えたファンタジックラブストーリー。(背表紙より)。

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ   

| | コメント (0)

酢ジュース

近所で、梅の花が咲いていました。
そういえば、数年前のこの時期に、長浜の盆梅展と南部の梅林を見に行きました。今、車がないので、気軽に行くというわけには行かないことが、ちょっと残念です。

さて、去年の梅の実が取れる時期に、梅酢ジュースを作ってからというもの、夫は、自家製の酢ジュースがお気に入りです。
今の時期は、梅がないので、当然、違う果物を使って、酢ジュースを作ります。
ぶどうや、オレンジ、リンゴなどです。

昨年の暮れに、りんごを使って、酢ジュースを作りましたが、つい最近、飲むのを解禁にしたとたん、みるみる減っていく、ビンの中身・・・・。1リットル作りましたが、すでに残り4分の1状態です。

いくらお酢が身体に良くても、ジュースだから砂糖がイッパイです。
ちょっと、心配になって、

「あんまり飲むと、今度作らないからね!」

と、脅しをかけてみましたが、あまり効果がない模様・・・・。ウレシそうに、いつも飲んでいます。

大酒のみの夫だったりしたら、それはそれで苦労したと思いますが、甘いモノ好きの夫というのも、ちょっぴり困ったものかもしれない・・・・と、思う今日この頃です。

 

Note 材 料

お好みの果物   1kg
お酢         1ℓ
氷砂糖        1㎏ 

Note 作り方

  1. 用意した果物を良く洗い、水気をふき取る。
  2. 広口のビンに、氷砂糖、果物、氷砂糖と重ねるように入れていく。
  3. 入れ終わったら、お酢を振り掛ける。
  4. ふたをして、暗い場所に安置する。
  5. 氷砂糖が溶けたら、出来上がり。

 

P1000812_1  (去年漬けたリンゴ酢) 

 

 

 

 

 

 

Note memo

  • 上の写真は、漬けてから、約3日目です。
  • 今回リンゴは、イチョウ切りして、果肉が空気に触れないように、クッキングペーパーをかけてみました。リンゴを漬けるのは、初めてだったので、気分は、まるで実験しているかのようです。
  • ちなみに、梅やぶどうの場合は、皮ごとです。
  • 出来上がり後は、ジュースを濾して、別のビンに保存する方が良いです。
  • 飲むときは、冷水で割って飲みます。
     
     

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0)

旅の血がさわぎ出す

先ほど妹から、

「今月は行ってないから、来月あたり、どー?」

と、いうメールが、来ました。
主語も目的語も抜けていますが、間違いなく「道の駅めぐりの旅」へのお誘いです。 

今月は、従兄弟の結婚式があったりして、バタバタしていたので、結局、一度も「道の駅めぐりの旅」へ行くことができませんでした。
だから、来月こそは・・・・と、いうことでしょう。

今のところ、淡路島へ行くか、兵庫県西部へ行くかを検討していますが、淡路島の場合だと、確か水仙の見ごろだったと思うので、そちらになる可能性が大きそうです。

旅って、行っているときも楽しいですが、こうして、行程を考えているときが、一番楽しいので、大好きです。

「あー血がさわぐ~」

って、言いながら、今からルートの確認作業・・・・と、いきたいところですが、その前に晩ご飯の準備です。ちなみに、今日は鶏の唐揚です。

だから、確認作業は、後のお楽しみです

  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

音の絵本コンサート

前は、良くクラシックコンサートに行っていました。
働いていたときは、リッチだったので、良い席を取っていたし、大学生のときは、学割を利用して、安く行ったり・・・・・。
でも、最近は、ピンとくるような公演がなかったりして、すっかりご無沙汰していました。

で、そんな状況の中、たまたま、<音の絵本コンサート>なる公演の話を聞いたので、さっそく、チケットの予約をしました。

<音の絵本コンサ-ト>は、CEPT-音と遊びのプロジェクト・代表の植田恵理子さんが、企画する独創のミュージックシアターです。今までに『さるかに合戦』や『シンデレラだ!』など公演してきたそうです。
ちなみに、今回の演目は、『ピーターピンポン』です。
いろいろな楽器で、演歌、ジャズ、ポップスなど、様々なジャンルの生演奏を楽しめるそうですし、観客も参加できるようなお楽しみもあるそうです。

クラシックではありませんが、久々のコンサートだし、来月の公演がとっても楽しみです

 

Note ticket information

公 演 名 :音の絵本コンサート「ピーターピンポン」
公演日時:2007年2月10日(土) 14時30分
会    場:豊中市立アクア文化ホール
入場料金:2300円(自由席)

House_5 attention

  • 上記の情報は、豊中市立アクア文化ホールにて確認したものです。
  • 翌2月11日(日)の公演もあるそうです。  

Note please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »