« ああ・・・大失敗。 | トップページ | 男のロマンを感じるタイトルかも »

麺匠の心つくし つるとんたん

食べ歩き  ~おすすめのお店・大阪市内編~ 

今日は、大阪・梅田(北新地)にあるおうどんのお店、「つるとんたん」 ご紹介します。
ちなみに、先日行ったお店です。

Photo_58 (つるとんたん玄関 photo) 

 

 

 

 

 

 

 

ここのお店に行ったのは、約2年ぶりでしたが、以前とは違い、接客サービスの質があがっていて、ある意味びっくりしました。

なにしろ、以前は、

「あそこの、おうどん。おいしいけど、店員さんの態度がねぇ・・・」

というのが、仕事仲間の間での評判でした。

とにかく、愛想がなかったのです。満席の時も、「満席です」って、ひとことだけ。それって「帰れ」ということなのかな・・・と、思うことたびたび。
なのに、つい行ってしまうのは、おいしいからなんです。
今回も、梅田でおうどんが食べたいと思い、これまでの数々の仕打ちを忘れて、行きました。
すると、1時すぎだったので、すぐに席に案内されたのですが、その時の対応も、その後の対応も、以前とはまったく違っていて、本当に良い意味で驚きました。

さて、メニューを見ると、いつの間にか、「特選クリームのおうどん(5種類)」なるものが、増えています。
一瞬どうしようかと思いながらも、お肉が食べたかった私は、「和牛ロースしゃぶ肉のおうどん」を。夫は、「明太子のおうどん」を頼みました。
細い麺と太い麺と、好みで選ぶことができますが、細い麺が好みなので、考えるまでもなく、細い麺にします。
ちなみに、たくさん食べたい方は、1.5玉や2玉までは、同額でボリュームUPしてくれます。

待つこと10分くらいでしょうか。初めて来た時には、ほんとうにビックリした、大きな器に入ったうどんがでてきます。

和牛ロースしゃぶ肉のおうどん」は、私好みの少し甘めのお出汁の中に、つるつるのおうどんと、ほぼ生のしゃぶしゃぶ用お肉がドーンと入っていて、食べた瞬間、あまりの幸せに「エヘ~」と顔が緩んでしまいました。

Photo_59

(和牛ロースしゃぶ肉のおうどん) 

 

 

 

 

2玉で頼んだ「明太子のおうどん」も、明太子を惜しげもなくたっぷりからませて、さらに横に添えてあるという素晴しさ。

Photo_61

(明太子のおうどん)

  

 

 

 

どちらも、大満足のおいしさです。

ちなみに、メニューですが、シンプルなおうどんなら、580円からありますし、平日なら、ランチメニューも用意されているようです。

あと、忘年会で1度だけ食べたことがある、2名からのお鍋のコース(3600円~)は、最高においしかったです。
そうそう、ここへおうどん食べに来ることになったきっかけは、忘年会だったってことを、今、思い出しました(笑)。

   

House_4 information

麺匠の心つくし つるとんたん  北新地店
 
  
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-1-19 フロントガーデンビル
06-4799-1111

《周辺地図案内》

つるとんたん
 
 
 
※地図を印刷する場合、「つるとんたん」で検索してご利用下さい。
    
    こちらをクリック ⇒
 hotpepper
    

House_4 menu

和牛ロースしゃぶ肉のおうどん    1200円
明太子のおうどん             980円

Houseアリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ   ★★★
    お料理           
★★★★
    トータル          
★★★

House_4 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    にほんブログ村 グルメブログへ              

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

|

« ああ・・・大失敗。 | トップページ | 男のロマンを感じるタイトルかも »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ああ・・・大失敗。 | トップページ | 男のロマンを感じるタイトルかも »