« 道の駅めぐり 11月26日編① | トップページ | cafe copan(カフェ コパン) »

道の駅めぐり 11月26日編②

兵庫県北東部5駅

さて、京都府から兵庫県へ入って、ひたすら次の駅へ向かいます。

でも、その車中、<シルクのさと かや>でお土産を買わなかったことを後悔していました。そのお土産とはコレ ↓

Photo_2  

 

 

 

 

『トトあわせ』というカルタです。このカルタ、神経衰弱としても使うことができるという優れもの。しばらく悩んでいたのですが、結局、買わずに来てしまったのです。あ~。こういうのって、買わずに後から悔やむんですねぇ・・・。

でも、気持ちを切り替えて、<あさご>です。

1時間もかからずについてしまいました。この後は、ひたすらスタンプをゲットするために休憩も入れずに走ります。

次は、ここからすぐの<フレッシュあさご>へ。

「なんでこんなに近くにふたつも道の駅あるんやろ?」

移動中、疑問に思った妹。
その答えは、現地について判明しました。山の中腹に、ものすごくキラキラした大きな建物がありました。位置関係を想像すると、どう考えても、その建物が、<フレッシュあさご>のようです。しかも、播但連絡有料道路のサービスエリアとしてあったのです。
国道312号からも行けると書いてありましたが、判りにくい道に、思わずサービスエリアの外側をぐるぐると回ってしまいました。
でも、なんとか裏側の駐車場に到着しましたが、そこで傘を忘れてきたことが判明。
しかも、私は<農匠の郷やくの>で、妹は<あさご>で・・・。

うーむ。ツイてることもあれば、ツイていないこともある・・・という見本市みたいな日です。幸い、妹の傘は、次の目的地の移動中に、取りに戻ることができましたが、私の傘はどう考えても無理でした(泣)。

さて、次は<やぶ>です。

大阪方面に帰る自動車が渋滞する上り車線を尻目に、国道312号を北上します。
このあたりで、辺りは真っ暗です。道の駅の看板を発見して入ったら、なんと真っ暗なコンビニで、

「道の駅はどこ・・・?」

と、呆然とする姉妹。でも、ただたんに入り口を間違えて、道の駅の裏側に入り込んでしまっただけでした。
やはり、暗くなってからの移動はするものではありません。スタンプを押して、次へ行きます。

予定していた最終地点は、<但馬楽座>です。

ここでは、スタンプを押した後に、疲れを取るため温泉に入りました。
とてもラッキーだったのが、26日って「温泉の日」らしく、入場料が半額になったことです。ゆっくりつかって18時。お腹がすいたので、ここで夕食です。
但馬といえば、やはり但馬牛。焼肉(2100円のコース)を食べました。

Photo_24   

  

  

  

 

帰りは、安くて早いルート、和田山I.C.から北近畿豊岡自動車道を通り、舞鶴若狭自動道・春日ICを経由して帰ることにしました。
この北近畿豊岡自動車道は、途中のトンネルのみ有料(200円)で、その他の区間は無料。和田山から播但道を通帰るよりも、断然お得です。しかも、通行車両が少ないので、スイスイでした。
ただし、ほとんどの区間が、片側一車線なので、後ろから飛ばし屋で煽り屋さんが来ると、恐怖のひとことです。

そして、ちゃっかりと、北近畿豊岡自動車道のサービスエリアである<但馬のまほろば>へ立ち寄ったわたしたち。最後の最後まで、スタンプを押すことに執念を燃やしてしまいました。

Photo_25 (ソフトクリームphoto)

 

 

 

 

ちなみに上の写真は、<但馬のまほろば>で食べたソフトクリーム(300円)です。

こうして、京都府北部6個+兵庫県5個=計11個のスタンプを集めることができましたが、今回も、いろいろとハプニングがありつつも、とても楽しく巡ることができました。

次回は未定ですが、多分日帰りで、大阪周辺か、淡路島あたりになると思います。 

それと、『道の駅スタンプ 近畿編』のスタンプが増えたので、よろしければご覧くださいませ。

 

House_5 please click it   

    この記事を気に入ってクリックして頂けたら、とてもうれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

House_5 attention

  • 行程の中の移動時間は、使用しているカーナビの案内による道を利用した場合の時間です。違う道を使って移動した場合や道路状況によって異なります。
  • 記載の道の駅や他の施設は、2006年11月26日時点の情報です。営業日時などご確認の上、お出かけください。
  • スタンプラリーは、開催期間があります。スタンプラリーを目的とする場合、開催期間などをご確認の上、お出かけされることをおすすめします。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

|

« 道の駅めぐり 11月26日編① | トップページ | cafe copan(カフェ コパン) »

道の駅めぐり 2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 道の駅めぐり 11月26日編① | トップページ | cafe copan(カフェ コパン) »