トップページ | 2006年11月 »

旅のしおり 《目 次》

旅のしおりの目次です。

タイトルをクリックすると、そのページになります。《目次》に戻る時は、ブラウザの<もどる>をご利用下さい。
古い記事からご覧になる場合は、このままページダウンすると、ご覧になれます。

                           (2008.12.16 現在)  

Icon_44_1日帰りの旅 編 

Icon_44_1関西 編  

Icon_44_1関東 編 

Icon_44_1カニを食べに城崎へ 編

Icon_44_1四国八十八ヶ所 巡礼の旅 編

Icon_44_1北京への旅 編   

Icon_44_1 Please click it 

   ランキングに参加中デス。クリックしてくれると、とてもうれしいです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

    

| | コメント (0)

アリスの本だな 目次

読んだ本やオススメの本、読んでみたい本などの目次です。

タイトルをクリックすると、そのページになります。《目次》に戻る時は、ブラウザの<もどる>をご利用下さい。
古い記事からご覧になる場合は、このままページダウンすると、ご覧になれます。

                                (2009.1.07 現在)  

Icon_44_1蒼井上鷹 さん

Icon_44_1有川浩 さん

Icon_44_1伊坂幸太郎 さん

Icon_44_1石持浅海 さん

Icon_44_1

井上尚登 さん

Icon_44_1宇江佐真理 さん

Icon_44_1大崎梢 さん

Icon_44_1加藤実秋 さん

Icon_44_1加納朋子 さん

Icon_44_1北森鴻 さん

Icon_44_1倉知淳 さん

Icon_44_1黒野伸一 さん

Icon_44_1近藤史恵 さん 

Icon_44_1坂木司 さん

Icon_44_1重松清さん 

Icon_44_1篠田真由美さん

Icon_44_1小路幸也さん 

Icon_44_1菅浩江 さん

Icon_44_1図子慧 さん

Icon_44_1瀬尾まいこさん 

Icon_44_1野中柊 さん

Icon_44_1西沢 保彦 さん

Icon_44_1東直子さん 

Icon_44_1藤野恵美 さん

Icon_44_1水野敬也 さん 

Icon_44_1森博嗣 さん

Icon_44_1

森見登美彦さん

Icon_44_1山田詠美さん 

Icon_44_1唯川恵 さん

Icon_44_1米沢穂信 さん

Icon_44_1マイク ミュレイン氏

Icon_44_1児童書 編

Icon_44_1ファンタジー 編 

Icon_44_1

実用書 編

Icon_44_1自転車関連 編 

Icon_44_1ノンフィクション 編

Icon_44_1マンガ 編

Icon_44_1その他

Icon_44_1please click it 

  • ランキング参加中です。
    とっても励みになりますので、1日1回、
    こちら→ ブログランキング・にほんブログ村へ
    ポチっとクリックして下さると幸せです♪

 

| | コメント (0)

お店リスト

今までにお持ち帰りしたお店や、お土産にもらったお店の一覧です。

お店の名前をクリックすると、そのページになります。「お店リスト」に戻る時はブラウザの<もどる>をご利用下さい。

また、記事を初めからご覧になる場合は、このままページダウンすると、ご覧いただけます。

                           (2009.03.13 現在)

  

Icon_44_1大阪・北摂編 

 

Icon_44_1大阪市内編

Icon_44_1大阪・南部編

 

Icon_44_1 Please click it   

  • ランキング参加中です。
    とっても励みになりますので、1日1回、
    こちら→ ブログランキング・にほんブログ村へ
    ポチっとクリックして下さると幸せです♪

| | コメント (0)

《道の駅めぐり 目次》

タイトルをクリックすると、そのページになります。
《目次》に戻る時は、ブラウザの<もどる>をご利用下さい。

また、古い記事から順に読む場合は、そのままページダウンして下さい。 
     

Icon_44_111月3日編

① いってきます  / ② ルートの案内 / ③ 奈良から三重へ
④ 岐阜を北上  / ⑤ 福井完全制覇

Icon_44_111月26日編

①デジカメ片手に出発!  / ② ルートの案内 
③京都府北部6駅編    / ④兵庫県北東部5駅編   

Icon_44_112月20日編

①予定ルートの案内  / ②大阪近郊編   

Icon_44_1ケーキ作りと道の駅より道編

①力作クリスマスケーキ!  / ②滋賀県南部  

Icon_44_12月25日編

ルートの案内  /  京都中部メイン 

Icon_44_13月18日編

ルートの案内  / 兵庫県7ヶ所めぐり  /  近いのに・・・。

Icon_44_13月25日編

ルートの案内  / 大阪近場めぐり

Icon_44_1

3月31日編 

ルートの案内  / 兵庫県西部 

Icon_44_1 その他

 

Icon_44_1 Please click it   

    ランキングに参加しています。クリックしてくれたら、とってもうれしいです。

    にほんブログ村 旅行ブログへ    

| | コメント (0)

はじめまして

はじめに・・・。

あんまり興味なかったブログに、ついに手をだしてしまいました・・・。
ただの思いつきと勢いではじめますが、少しずつ、カテゴリーを増やしていけたらなって思います。

コンセプトは、ブログタイトルとおり。

一番心地よいゆらぎに身をまかせるようにゆらゆらとした日々のことをお伝えします。
  

                     2006.10.20  ありす・ゆらら

 

興味のあること

Icon_58_5読 書

一番好きな作家は、北村薫さん。
どちらかというと、長編よりも、短編の方が好きです。他には、恩田陸さん、加納朋子さん、森博嗣さんなどが好きです。
最近読んで一番良かったのは、有川浩さんです。

Icon_58_5旅 行

国内、海外どちらも行きたいところは、たくさんあります。
でも、今一番行きたい場所は、国内なら夏の礼文島。海外なら南アフリカです。
行ったところで一番良かったのは、国内は屋久島で、海外は、スペインのバルセロナ。
あちこち行った頃は、デジカメでの撮影ではないから、せっかく撮った写真を載せることができないのが、とても残念です。

Icon_58_5お料理

作るよりも、食べるほうが好きです。おいしいお店の情報をキャッチしては、気が向いた時にでかけます。
作る方はというと、クックパッドというサイトに、たまにレシピを投稿したりしています。

Icon_58_5ちなみに・・・・

最近は、道の駅めぐりにハマッています。

 

p.s.

この「はじめまして」の記事は、元はサイドバーの<プロフィール>欄に載せていたものです。今さらながら記事欄に持ってきた理由は、カテゴリーの中に自己紹介文がないのはおかしいかなぁ・・・・という理由です。
去年UPした時から少し時間がたっているので、ちょっとだけ内容が変わっています。

                                  (2007.4.6 編集)

 

| | コメント (0)

1/f って知っていますか?

答えは、「ゆらぎ」のことです。fは周波数のことで・・・って難しい話はおいておくとして、ポイントはズバリ、人間にとって心地よいゆらぎが「1/fゆらぎ」という点なのです。

このことばを知ったのは、もうずいぶん前のことで、新聞に掲載された本の紹介欄で発見しました(※1)

さて、「1/fゆらぎ」は、そよ風や小川のせせらぎなど、さまざまな自然現象の中にあります。さらに、人の心拍の間隔やクラシック音楽などもそうで、それが心地よい気持ちにしてくれるのだそうです。だから、たとえば「モーツアルトの交響曲はゆらいでいるけど、騒音はゆらいでいない」なんて例をみると、自分の好き嫌いとマッチしているところが良いなぁ、って思います(ちなみに、私はモーツアルトの交響曲の中では、「第41番ジュピター」が一番好き)

とりあえず何事もない日もあれば、いろいろあって、考え込んだり、悩んだり、迷ったり、落ち込む日もあります。だけど、日々の生活の中で、心地よくゆらぐものを探して見つけていくと、きっと素敵な毎日になると思います。

だから、これからすこしずつでも、心地よいと思うものを集めたいと思いますので、気長にお付き合いいただければうれしいです。

       ※1 武者利光氏『ゆらぎの発想』(日本放送協会出版)

| | コメント (0)

ここちよく過ごすために・・・

プラス思考になると良いの。そうすると、気持ちがやさしく、おおらかになれるよ。

| | コメント (0)

ブログを作る! その1

ココログのページを見ていると、本当にいろいろなブログがあって、みなさん個性豊かで、すごいですよね。よくぞこれだけできるもんだ、って感心してしまいます。

だからというわけではないんですが、最初、もっと簡単にできるものだとばかり思っていました。始めてすぐに、そうでもないって気づきましたが、記事を載せるまでに、すったもんだで1週間かかりました。

そうそう。私は、このブログを作るのに『超図解 無料で簡単!ブログ作成&活用ガイド』(※1)を参考にしました。ココログでは、判らないことを教えてくれる「ココログサポート」とか、「みんなで解決!広場」などなどのサポートがあるので、それらを利用すれば良かったのかもしれません。

でも、作りながら違うページを開くなどの操作をすると、わけがわからなくなる上に、間違って自分の作業しているページを閉じてしまったりしてしまいます(こんなことをするのは、私だけでしょうか)。それに、画面ばかり見ていると目が疲れてしまいます。と、いうわけで、初めてブログを作る場合は、本を見ることをオススメします。

・・・次回につづく。

               ※1 超図解 無料で簡単!ブログ作成&活用ガイド

| | コメント (0)

知る楽しみ

とことんやってみて。いろいろなことを知るとうれしくなるよ。

| | コメント (0)

ブログを作る! その2

こんな感じのブログにしたいな、って思いながら、とにかく作業を開始しました。パソコンのそばで本を広げて、ひとつひとつ始めます。

まず、問題なく <ブログを開設する>の項目をクリア。

次の項目、<記事を投稿する>も、<記事作成のテクニック>もパスして、先にデザインです。元のデザインはあまりにもシンプルすぎですし、自分らしいブログを作るためにも、まずは形から・・・。内容も当然大事ですが、外見も大事。でも、既存のテンプレートを参照しましたが、なかなか好みのものを見つけられませんでした。

「こうなったら自分で作るしかない!」

そう思ったことが、すったもんだの1週間の始まりでした・・・。

初心者なら初心者らしく、まず、あるものを使えばよかったのに、自分の好みを優先してしまったために、いきなり<オリジナルのテンプレートを作成>するハメになったのです。幸い、本には作成の流れが丁寧に書かれていたので、問題なくできそうでした。

しかし、その考えはつくづく甘かった・・・。何かを作るなんて久しぶりで、すっかり忘れていましたが、私は、凝り性だったのです。

・・・その3につづく。

| | コメント (0)

お店リスト

今までに行ったお店や、おすすめのお店の一覧です。

お店の名前をクリックすると、そのページになります。
「お店リスト」に戻る時は、ブラウザの<もどる>をご利用下さい。

また、記事を初めからご覧になる場合は、このままページダウンすると、
ご覧いただけます。
                            (2009.05.27 現在)

  

Icon_44_1大阪・北摂編 

 

Icon_44_1大阪市内編

 

Icon_44_1大阪・東部編

Icon_44_1大阪・南部編

Icon_44_1他府県編

Icon_44_1道の駅 編  

Icon_44_1番外編 

Icon_44_1 Please click it 

  • ランキング参加中です。
    とっても励みになりますので、1日1回、
    こちら→ ブログランキング・にほんブログ村へ
     ポチっとクリックして下さると幸せです♪

 

| | コメント (2)

ブログを作る! その3

<表示項目>を並べ替えたり、ページ全体の色や文字の色など、こまかく設定していきながら、その都度、「ちがーう!」と、何度叫んだことか。日々、心地よくすごす」というコンセプトから完全に外れています。

でもこの時に、助かったのは、少しでもカラーコードの知識があったことでしょうか。をそれぞれ2桁ずつ、計6桁の数字で色を表すことを知っていたので、カラーコード表を見ながら試行錯誤。それでも、実際にブログを表示すると、思った色になっていなくて、がっかり・・・。

これで、また1日が終わりました。

次の日、さらに「myブログ改造計画」を進めるために、<スタイルシートを編集する>の項目へ・・・。本を読みながら、少しずつブログの形が整っていくたびに、

たらら たったった~♪

頭の中で、自分のレベルが上がる効果音。

この時が一番ムキになっていました。「何が何でも、作り上げてみせる!」と、とにかくブログの構造を理解して、<カスタムCSS>の編集に取り組みました。さすがに、さらに3日もかけて取り組んだおかげで、

  • タイトルバナー
  • カレンダーの背景
  • サイドバーの項目
  • 投稿記事の影付き枠

などなど、ばっちりです。おまけに、ランキングサイトもCOUNTERも、つけることができました。

あとは中身ですね。こちらは、あせったりムキにならずに、のんびりといきたいと思います。

 

| | コメント (0)

vino bar 伊庵

食べ歩き  ~おすすめランチ・北摂編~

さて、今日は、食べ歩き第1弾。北摂です。大阪府池田市にある、イタリア料理のお店「vino bar 伊庵(ビーノバーいあん)」をご紹介します。

おいしいという評判を聞いて、天気の良いお昼にでかけてきました。阪急池田駅から、徒歩5分くらいのお店に向かって歩いていくと、ガーリックの良い香りが風にのって流れてきます。

Vinobarian

 (伊庵の外観 photo)

 

  

  

  

  

  

お店は、お客さん8人で満席になる、カウンター席のみ。今回は、お昼も遅い時間に行ったので、お客さんは2組のみでした。

ランチメニューは、

 パスタランチ(1000円)    パスタ・デザート・飲み物
 イタリアンランチ(1500円)  前菜・パスタ・デザート・飲み物
 スペシャルランチ(2800円) 前菜・メイン料理・パスタ・デザート・飲み物

の3種類だったので、今回は、無難にパスタランチを頼みました。

まずは、パン。
バゲットとハーブの二種類で、トマトピューレ付です。 

Vinobarian_3  

 

 

 

 

次に、お待ちかねのパスタです。パスタは、

   スパゲティ     能勢野菜のトマトクリームソース
   ショートパスタ   鶏肉とネギのアラビアータソースのカサレッチョ
   リゾット       ツナとインゲンのリゾット
   手打ちパスタ   栗のニョッキ マルケラクリームソース

の4種類から選べたので、ショートパスタと手打ちパスタ(+200円)を選びました。ちなみに、男性で、お腹いっぱい食べたい方は、追加代金なしでボリュームアップ可だそうです。

 

Vinobarian_4 Vinobarian_5  

 

 

 

 

左のショートパスタは、アルデンテで、アラビアータソースのトマト味が絶妙にからまっていて、おいしかったです。右のニョッキは、もちもちの食感で、食べると栗の味がほのかに広がります。どちらも「言うことなし!」のおいしさでした。 

 

Vinobarian2 最後のデザート。
クリームブリュレとココナツプティングですが、おかわりしたいくらいのおいしさでした。

お茶は、紅茶かコーヒーかのチョイスです。

 

 

今回のランチは、1000円でお得。本当に満足できるランチでした。今度はリゾットを食べに行こうと思っています。

 

House_2 information

Cucina Italiana IAN(伊庵)

大阪府池田市大和町4-19
072-752-8333
(毎週月曜日・第一火曜日 定休日)

      
《周辺地図案内》
伊庵
 
※地図を印刷する場合、「伊庵」で検索してご利用下さい ⇒ hotpepper
 
 

House_1 アリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ  ★★
    お料理          ★★★
    トータル          ★★★

House_3 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

House_3 please click it   

    ポチっと1回ずつクリックしてくれると、とてもウレシイです。

      ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0)

8分の距離

実は私、ただいま新婚2年目の主婦だったりします。で、すっかり新たな環境にも慣れた今日この頃、「駅までの距離が徒歩約15分」もあるという点に、すこしだけブルーな気持ちになります。

実家にいるときは、駅までの距離は徒歩8分。歩くのにちょうど良い距離でした。今思えば、恵まれた立地だったと思います。

そして、この8分というわずかな時間は、私にとっては特別な時間でした。何故なら、考えごとは歩きながらすることが多いのですが、今までの人生において、ふたつの大きな決断をした時が、この8分の距離の中だったからです。

ふたつの大きな決断。それは、

  • 20代も後半、「大嫌いな英語を克服しに行こう」なんて、無謀にも8年間つとめた会社を退職して、半年間の語学留学&ヨーロッパ放浪を決意したこと。
  • 帰国後、再就職活動中に「大学へ行こう」と思いたったこと。

です。

これって、本当に何度思い返しても、「人間やろうと思えば、何でもできるのね・・・」と、思えるできごとです。これがなければ、当然「今のわたし」はいないわけで、今幸せだからこそ、「違う道に進んでた自分」を想像できません。それになんといっても、夫と出逢ったのが大学なので、「あの時は、よくぞ決断した」って、当時の自分をほめたくなります

それにしても、駅前なんてぜいたくは言わないけど、せめて8分の距離内のところに、引越ししたいなぁ・・・と、思う今日この頃です。

 

(余談ですが・・・)

この「8分」って、太陽の光が地球に届くまでの距離と同じなんですよ。なんとなく、時間なんてかからずに届いていると思い込んでいたから、これを聞いた時にはびっくりしました。

| | コメント (0)

なんでもできるよ

大丈夫!

本当に心からしたいと思えば、なんでもできるよ。

だから、思いきって決めて良いよ。

| | コメント (0)

ありゃりゃ?どうしよう?

ふと、メールをチェックすると、どなたかがトラックバックしてくれていると、お知らせがありました。

 「おおっ!どうしよう!?」

初めてのトラックバック。ちょぴり、パニック。何故なら、そこまでは、まだ勉強していなかったからです。と言うより、まさか自分の記事を読んでくださる方が、こんなに早くいらっしゃるとは思わなかったし・・・。いやいや、どこのどなたかは存じませんが、つたないものを見てくれてありがとうございます。

さて、「どんな方が作ったブログかなっ」と、気になって、プチッと、そのトラックバックのところをクリックしたならば、なんでしょうねぇ、アクセス禁止のページがでてきました(泣)。

どいういうことでしょう。

訳が判りません。ちょっとパニックがおさまりそうもないし、こんな状態で、さらに別の方からのトラックバックがきたら、撃沈しそうなので、すぐにでもちゃんと勉強しようと思います・・・。

| | コメント (0)

CLUB HARIE(クラブハリエ)

食べ歩き  ~おすすめカフェ・滋賀県編~

滋賀県は近江八幡にある、クラブハリエ日牟禮館・日牟禮カフェへ行ってきました。今回は、妹と一緒だったのですが、平日だったので、すぐに席につくことができました。聞くところによると、土日祝や長期休暇の際は、長蛇の列だということです。

 

Photo_9  (日牟禮カフェ 外観 photo)

 

 

 

 

  

 

 

 

なんといっても、目的は、「できたてバームクーヘンを食べること」です。阪神百貨店にも店舗があるので、たまに買っていましたが、やっぱり、実際に行って食べると、おいしさが全然違うのです!

 

メニューにはいろいろ載っていますが、絶対に食べたいのは、なんといってもコレ、

 Club_harie__1 

 

 

  

 

  

 

 

焼きたてバームクーヘンです。

お腹いっぱいでも別腹。絶対にぺろりと食べることができます。ちなみに妹は、シェフのきまぐれアイス3種盛りを頼んでいました(写真を撮り忘れたのは不覚)。写真でお見せできないのが残念ですが、見た目がともてきれいでしたし、おいしかったです。

「今度は、お菓子教室に参加してみたい」という野望を抱いたので、無事参加できたときは、ばっちり写真を撮ってきたいと思います。

 

House_4 information

CLUB HARIE 
 
滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ
0748-33-3333

(ホームページアドレス
 http://www.taneya.jp/himure/top.html ) 

《周辺地図案内》

 

※地図を印刷する場合、「クラブハリエ」で検索してご利用下さい ⇒ hotpepper

House_4 menu

焼きたてバームクーヘン       368円
シェフのきまぐれアイス3種盛り    735円
ダージリンティ             473円
アッサムティ              420円

House アリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ ★★★★
    お料理         ★★★★
    トータル        
★★★★

House_4 please click it   

    この記事を気にいって、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 グルメブログへ            

House_5 attention

  • メニュー・価格・営業日時の変更などがありますので、ご利用の際はお店にご確認下さい。
  • 記載のホームページアドレスは、クラブハリエの「近江八幡日牟禮ヴィレッジ」のページです。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

『霧のむこうのふしぎな町』

本棚の整理をしていて、久々に『霧のむこうのふしぎな町』を読みました。

 (『霧のむこうのふしぎな町』表紙)

私は、今までに2回引越しをして、そのたびに、本の整理をしてきました。図書館に寄贈したり、古本屋さんで買ってもらったり・・・。いずれにしても、本を購入するときは、気に入って買っているので、整理するのは、ものすごくつらい作業です。で、そんな中、何故かこの本は手放しがたく、今もあります。

この本は、児童書なので、字も大きいし、ひらがながいっぱいです。なのに、手元残る理由・・・それはやっぱり、何度読んでも、どきどきしてしまうからでしょう。

別に、主人公のリナが、ものすごい冒険をするわけではなく、簡単にまとめると、ただ、夏休みのできごとが書かれているだけです。だけど、そのできごとのひとつひとつのエピソードが良いのです。<霧の谷>に滞在するからこそ、最高に素敵な夏休みとなっているのです。

小説を読むときは、感情移入して読むことが多いので、その世界の建物や風景など、ものすごーく鮮明にイメージして、その世界にどっぷりと入り込みます。なので、私の頭の中では、しゃれた6軒の洋館が建つ小さな町や共同の畑など、<霧の谷>は、まるで実在しているように鮮明です。また当然、登場人物もリアルに存在しています。

だから、読むたびに、ピエロの柄のついたカサが、欲しくて欲しくて・・・。これを初めて読んだころは、「通りすがりでもいいので、町に行きたい」と、思っていました。そして、今回久々に読んだ後も、むかしと変わりなく、「行きたいなぁ」と、ため息をついてしましました。

ちなみに、一番訪れたいお店は、本屋のナータのところです。そして、トケのつくるおいしいお菓子をほおばりながら、全部の本を読破するまで、いりびたります(笑)。

みなさんは、こどもの頃に読んだ本で、まだ手元に残している大切なものはありますか。たまに読み返してみるのも、良いものですよ。

 

Note book information

本についての他の情報をお知りになりたい方は、本のタイトルをクリックしてください。
「Amazon.co.jp」サイトへご案内します。 

      霧のむこうのふしぎな町  

Note outline

「霧の谷」の森をぬけて霧の晴れ間でリナが目にしたのは、洋館のたちならぶ、外国のような小さな町でした。ふしぎな町でリナが出会った、ふしぎな力と魅力を秘めた人々とすごす日々を、作者が心から楽しく語る、物語性豊かなファンタジー(背表紙より)。

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

     ブログランキング・にほんブログ村へ    
 

| | コメント (0)

あのトラックバックって・・・。

先日、頂いたトラックバックで、ちょっぴりパニックになってしまうという、おバカなことをしてしまい、恥ずかしいかぎりです。

だから、まず、手近なところで、ココログの『ブログ虎の穴』を読むところからはじめました。

それで、判ったことですが、頂いたトラックバックの記事にアクセスできない原因は、「発信元のエントリーが消えている」場合に、あたるようです。おまけに、その方は、どうやら、あちらこちらに同じ文面で、いくつも送っていらっしゃったようで・・・。

「せっかく、初めてトラックバックを頂いた」と、よろこんでいましたが、そのことを知ってがっかりです。

ま、タイトルに、『初トラックバック』と書いてあったので、思うようにいかず、失敗してしまったのかもしれません。でも、私としては、やはり、きちんと勉強してから、チャレンジして欲しいと思いました。

ブログのデザインや記事など、やってみなければ判らないことは、どんどん試してやってみても良いと思います。むしろ、ガンガンやるべきです。実際、私も試行錯誤しながら作っています。だけど、トラックバックやコメントは、相手がいるのです。だからこそ、中途半端なことをして、相手に失礼があってはいけないと思います。

『ブログ虎の穴』の記事の中に、

虎の穴的トラックバック五箇条

一、なるべく送信先へのリンクをするべし
二、新たな情報や自分なりの見解を加えるべし
三、送った以上はおいそれと記事を消さぬべし
四、異論反論を送るときは努めて冷静であるべし
五、堅苦しく考え過ぎず、まずは気軽に送るべし

と、まとめてありましたが、今回自分に起こったできごとを考えると、4番目はさておき、「ごもっとも」だと思いました。

とりあえず、私自身は、もう少し、いろいろな記事をよく読んで理解してから、トラックバックに挑戦したいと思います。

| | コメント (0)

収穫の秋!

今日は、夫の実家の「お父さん農園」で、芋ほりをしてきました。

P1000445  (お父さん農園 photo)
 

   

 

 

 

 

 

ご近所の方々のアドバイスのもと、いろいろな野菜を植えていて、今の時期は、ほうれんそう、水菜、菊菜、サトイモ、さつまいもを収穫できます。

で、今日は、がっつりと、さつまいもを掘ってきました。

P1000442  

 

 

 

 

ちなみに、上の写真は、一緒に行った妹が、苦労して掘った大物さつまいもです。下の写真は、私が掘った小物たち・・・。

P1000443  

 

 

 

 

今日は一日お天気も良く、なかなか楽しい秋の休日を満喫できました  

| | コメント (0)

サンスベリアを買いました

ここだけのはなしですが、花屋さんを見ると、ついふらふらと立ち寄ってしまう、変な習性があります。まるで、猫の散歩コースのよう・・・。

で、先日、高島屋の中にある花屋さんに立ち寄って、ついついサンスベリア(別名:虎の尾)を買ってしました。

Photo_8  (ウチに来たての状態 photo)

 

 

 

 

 

 

 

 

以前から、「欲しいなぁ~」と思っていたのですが、結構な値段だったので、いつも指をくわえて眺めていました。なのに、そこでは2625円で売っているではありませんか!送料も200円と安かったし、「これは買うしかない」と・・・。

宅急便で、指定時間に来た箱を開けると、贈り物のようにきれいにラッピングされていて、うれしくなりました。送ってもらうときに、自宅用と言っていたのですが、ちょっぴり得した気分です。

サンスベリアは、マイナスイオンを発生して、お部屋を快適にしてくれるそうです。でも、残念ながら、マイナスイオンって見えないんですよね(笑)。だから、どれくらい快適度が上がったのかは判りませんが、お部屋の中に緑があるとないとでは、雰囲気は大違い。なかなか良いですよ!

 

Note MEMO 

別 名 サンスベリア・ローレンチー、アツバチトセラン、
     フクリンチトセラン

学 名 Sansevieria trifasciata Laurentii
科 名 リュウゼツラン科
属 名 サンセヴィエリア属 

Note_2 参考まで・・・。

第一園芸 オンラインショップ
 
※<search>で「サンスベリア」を検索すると詳細をご覧頂けます。

Note please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    ブログランキング・にほんブログ村へ     
 

| | コメント (0)

らーめん あらうま堂

食べ歩き  ~おすすめのお店・梅田編~

11月3日から1泊2日で、最近ハマッている道の駅めぐりをしに行きます。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、道の駅スタンプラリーです。とにかく、少しでも多くの道の駅に立ち寄り、スタンプをゲットする予定です。

さて、その打ち合わせのため、妹と梅田で待ち合わせをして、「あらうま堂」のラーメンを食べました。行列ができると評判のお店です。

そこで、私が食べたのが、玄湯ラーメン。

P1000433  

 

 

 

 

 

 

「くろゆ、発芽黒ゴマ、高菜、ごま油、香辛料を練り上げたこくと旨みの香味油です」と、説明の付いた写真に、即決定しました。そして、チャーシューは、こってり旨みの豚バラ肉をチョイス。トッピングに煮たまごをのせてもらいました。

こってりしてコクがあるのに、ひつこくなくて、おいしかったです

 

House_2 information

   らーめん あらうま堂 梅田一番街店
    
    大阪市北区角田町9-36

    阪急梅田駅京都線改札下
    (OPEN 11:00 ~ 24:00 年中無休)

※他に、JR大阪駅桜橋口店あり

House_1

MENU 

玄湯ラーメン     700円
煮たまご       100円

House_1アリスの独断と偏見の採点表

    お店の居心地のよさ  ★★★
    お料理          ★★★
    トータル          ★★★         

House_4 please click it   

    この記事を気に入って、クリックして頂けたら、うれしいです。

    にほんブログ村 グルメブログへ              

House_5 attention

  • 今回頂いた名刺には、電話番号がなかったので、記載を控えました。メニュー・価格などは、実際にお店でご確認下さい。また、営業時間・定休日の変更は、予めご了承ください。
  • menu に記載しているものは、今回注文した料理のみとなります。
  • 採点表につきましては、あくまでも私個人が感じたままにをつけています。また、文中の料理のコメントは、注文した料理に対してのみで、お店のメニューすべてに対してのものではありません。
  • 掲載の写真は、個人で撮影したものです。お気に入りの写真を載せているので、無断転用はご遠慮ください。       

| | コメント (0)

トップページ | 2006年11月 »